EVENT & LIVE REPORT

南波志帆、赤い公園、セバヌ、ネギ、アプガ、大森靖子が笑顔で激突! 〈ザンシンフェス〉決戦編

〈ZANSHING SUN FESTIVAL~決戦編~Presented by TOWER RECORDS × SPINNS〉 @ 東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGE 2014.6.08

 

タワーレコードSPINNSの共催ライヴ企画〈ZANSHING SUN FESTIVAL~決戦編~Presented by TOWER RECORDS × SPINNS〉が、6月8日に東京渋谷duo MUSIC EXCHANGEで開催された。

 


南波志帆 photo by 後藤壮太郎

 


photo by 後藤壮太郎

 

ファッションと音楽の融合〉をテーマとする〈ザンシンフェス〉は、女性シンガー南波志帆がゲストを迎えてツーマン・ライヴを繰り広げるイヴェント・シリーズとして1月から行われてきたもの。今回の〈決戦編〉には、南波ちゃん赤い公園SEBASTIAN XNegiccoアップアップガールズ(仮)大森靖子の計6組が参加した。オープニングでは、南波ちゃんがステージで書道毛筆10段の腕前を活かした〈ZANSHING SUN FESTIVAL〉恒例の大筆による書道パフォーマンスを披露。巨大な半紙に〈戦〉の文字をしたためると、「押忍! 今日は戦(いくさ)じゃー!!」と叫び、〈決戦〉のスタートを高らかに宣言した。

 


赤い公園 photo by 後藤壮太郎

 


赤い公園 photo by 後藤壮太郎

 

そして現れたトップバッターは、シリーズ第2回に出演した赤い公園。シングル曲“きっかけ”に始まり“ひつじ屋さん”“絶対的な関係”など変幻自在のバンド・サウンドでオーディエンスを惹きつけ、MCで喉の不調のため直前のライヴを1本キャンセルしたことがちょっとした騒ぎ(?)になったことに触れた佐藤千明(ヴォーカル)の歌声も絶好調。また、この日19歳のバースデーだったアップアップガールズ(仮)の佐保明梨に向けて“Happy Birthday To You”を演奏し、それを2階席で観ていた佐保が涙ぐむ一幕も。さらに、アプガの中野サンプラザ公演にも足を運んだという彼女たちは、「私たち、〈いま会える仏〉赤い公園です! なーむー」というオリジナルの挨拶まで披露。会場を赤い公園ワールドに染め上げた。

 


SEBASTIAN X photo by 後藤壮太郎

 


SEBASTIAN X photo by 後藤壮太郎

 

テンプテーションズ“My Girl”が流れるなか登場した2組目は、第1回に参加したSEBASTIAN X。“ROSE GARDEN, BABY BLUE”“サマタイム・キル”といったアッパーなナンバーでフロアを沸かせると、永原真夏(ヴォーカル)が「日本の有名なロックンロールを歌います!」と言い、限定シングルもリリースもされた“スーダラ節”のスウィンギンなカヴァーを披露。さらにバラード・ナンバー“ハムレット”などを挟みつつ、ラストの“ヒバリオペラ”では、お馴染みのコール&レスポンス〈トンプー! ウォーアイニー! 火の車! ストロベリー!〉の特別版として〈ザンシン・サン! フェスティヴァル! 南波! 志帆ー!〉とシャウト。客席も一体となって大きな盛り上がりを見せた。

 


Negicco photo by 後藤壮太郎

 


Negicco photo by 後藤壮太郎

 

3番手を務めたのは、4月開催の〈番外編〉に続いての参加となるNegicco。“ライフ・イズ・キャンディ・トラベル”でさわやかにスタートし、“トリプル!WONDERLAND”や“パーティーについて。”などのダンス・チューンを次々に投下すると、オーディエンスも緑と白に光るネギライトを振って応える。また3曲目の“圧倒的なスタイル”では、恒例のラインダンスにアプガの佐保明梨森咲樹が飛び入りするサプライズも! ORIGINAL LOVEの田島貴男がプロデュースする7月22日リリースのニュー・シングル“サンシャイン日本海”もしっかりと告知した3人は、ラストの“ときめきのヘッドライナー”まで、いつも通り多幸感に溢れたパフォーマンスでフロアの心をガッチリ掴んでいた。

 


photo by 後藤壮太郎

photo by 後藤壮太郎

 

ここで〈ZANSHING SUN FESTIVAL〉恒例のファッション・コーナーとなり、今回はアプガ(仮)の7人、大森靖子、SEBASTIAN Xの永原真夏、Negiccoの3人、南波志帆がSPINNSのコーディネートしたアイテムを身にまとって登場するファッション・ショウを実施。南波ちゃんやアプガの振り付けを担当している振付師・竹中夏海先生の司会っぷりも見事で、オーディエンスはライヴ・パフォーマンスとはまた違う彼女たちの魅力に釘づけ。また、アプガの佐保が大森から誕生日プレゼント、〈ザンシンフェス〉から花束を贈られ、ファンからの祝福も受けて「19年間で一番幸せな誕生日です!」と感極まるシーンも。

 


photo by 後藤壮太郎

photo by 後藤壮太郎

 

そうしてイヴェントは後半戦に突入、4番手として登場したのはNegiccoと同じく〈番外編〉にも出演していたアップアップガールズ(仮)。イヴェント名の〈決戦〉や南波ちゃんが書道パフォーマンスで書き上げた〈戦〉を、〈戦うアイドル〉である自分たちへの私信として受け取ったというアプガは、並々ならぬ気合いで“イチバンガールズ”“マーブルヒーロー”“チョッパー☆チョッパー”などのキラー・チューンを連発。一際ボトムが太い新曲“全力!Pump Up!!”も披露し、フロアを爆発させる。また、“アッパーカット!”ではステージ袖で踊りながら観ていた大森靖子が新井愛瞳によって舞台に引っ張り出され、メンバーと共に完璧な振り付けを披露するなど、スペシャル感満載のステージとなった。

 


大森靖子 photo by 後藤壮太郎

大森靖子 photo by 後藤壮太郎

 

続く5組目は〈ザンシンフェス〉初参加で、「楽屋が天国すぎる」と語っていた大森靖子。1曲目“ミッドナイト清純異性交遊”のイントロが鳴り響くが、ステージにその姿はない……と思いきや、彼女は2階席におり、手すりから身を乗り出しながら歌い始める! そのまま1階へと降りるとプロレス入場形式で客席に突入し、フロアの真ん中でも歌唱。ステージに上がると今度はアカペラで”さようなら”を披露し、さらにギターを手にして“新宿”“エンドレスダンス”“絶対彼女”などを演奏。マイクから離れて生歌を届ける場面もあったラストの“君と映画”まで、MCでもネタにしていたその〈世界観〉を存分に見せつけていた。

 

 

 


南波志帆 photo by 後藤壮太郎

南波志帆 photo by 後藤壮太郎

南波志帆 photo by 後藤壮太郎

 

そして最後に登場した南波志帆は、「最後まで楽しんでいきましょう!」「まだまだ盛り上がっていくぞー!」とオーディエンスに気合いを入れ直し、キュートな振り付けやダンスも披露しつつ“みたことないこと”“ばらばらバトル”“髪を切る8の理由。”などの人気曲を次々と歌唱。そのマジカルなヴォ―カルが際立つバラード“カノープス”の後のMCでは、タワー、SPINNS、イヴェントに参加してくれたアーティスト、集まったオーディエンスなど全方位に〈ありがとう〉を届け、ラストは“乙女失格。”で爽やかに締め。すぐにアンコールが巻き起こると、イヴェントのTシャツを着用した南波ちゃんが出演アーティスト全員をステージに呼び込み、彼女の楽曲“MUSIC”をリレー形式で歌うセッションを披露! こうして会場全体がめいいっぱい楽しみ、南波ちゃんが今後も続けたいと意欲を見せた〈ZANSHING SUN FESTIVAL〉の〈決戦編〉は大団円を迎えた。

 


photo by 後藤壮太郎

 

〈ZANSHING SUN FESTIVAL~決戦編~Presented by TOWER RECORDS × SPINNS〉 @ 東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGE 2014.6.08

【赤い公園】
1. きっかけ
2. のぞき穴
3. ひつじ屋さん
4. 塊
5. 風が知ってる
6. 絶対的な関係
7. 今更
8. カウンター
9. ふやける

【SEBASTIAN X】
1. ROSE GARDEN, BABY BLUE
2. サマタイム・キル
3. スーダラ節
4. ハムレット
5. DNA
6. ヒバリオペラ

【Negicco】
1. ライフ・イズ・キャンディ・トラベル
2. さよならmusic
3. 圧倒的なスタイル
4. パーティーについて。
5. トリプル!WONDERLAND
6. ときめきのヘッドライナー

【アップアップガールズ(仮)】
1. イチバンガールズ
2. マーブルヒーロー
3. 全力!Pump Up!!
4. チョッパー☆チョッパー
5. アッパーカット!
6. Party!Party!

【大森靖子】
1. ミッドナイト清純異性交遊
2. さようなら
3. 新宿
4. Over Ther Party
5. エンドレスダンス
6. あまい
7. デートはやめよう
8. あたし天使の堪忍袋
9. 絶対少女
10. 君と映画

【南波志帆】
1. みたことないこと
2. ばらばらバトル
3. 「ありゃりゃ?」
4. 髪を切る8の理由。
5. カノープス
6. 乙女失格。

【アンコール】
・MUSIC

pagetop