EVENT & LIVE REPORT

「BLUE GIANT SUPREME」第7集刊行記念、〈ホルスト・ジャズ・フェス〉の模様をレポート!

大たちが伝説的ベーシストと共演

「BLUE GIANT SUPREME」©石塚真一/小学館ビッグコミック
 

石塚真一による大人気ジャズ漫画「BLUE GIANT SUPREME」。小学館「ビッグコミック」で連載中の本作の、最新単行本第7集が刊行された。

「BLUE GIANT SUPREME」は世界一のジャズ・プレイヤーを目指すテナー・サックス奏者、宮本大を主人公とする物語だ。第7集で大は、バンド〈NUMBER FIVE〉の一員として初開催のジャズ・フェス〈ホルスト・ジャズ・フェスティヴァル〉に出演することに。彼らはそこで名ベーシスト、サム・ジョーダンとの共演も果たし――。

そんな第7集の物語の中心となる〈ホルスト・ジャズ〉のライヴ・レポートが、イギリスの音楽評論家であるWim Stainer氏からMikikiに届けられた。大たちNUMBER FIVEの演奏やフェスのムードを生々しく伝える熱いテキストの全文を以下に掲載する。 *Mikiki編集部

石塚真一 BLUE GIANT SUPREME 7 小学館(2019)

ドイツ国境近くに、きわめてヨーロッパ的な、中世の匂いを残す小さな町がある。

私も訪れるのは初めてであったが、特に目立った産業があるわけでもないそのホルストというオランダの田舎町で、果敢にも、地元の3人の有志によってジャズ・フェスティヴァルが立ち上げられた。

オランダといえば、ヨーロッパの、いや世界有数の港湾都市であるロッテルダムで開催される〈ノース・シー・ジャズ・フェスティヴァル〉が有名だ。ジャズの垣根を越えて、トップ・スターたちが競演するこのフェスティヴァルには毎年世界中から耳の肥えた音楽ファンたちが集う。

街の規模や、地理的な要因を考えても(首都アムステルダムから列車で2時間以上もかかる!)〈ノース・シー〉とは比ぶべくもないと思っていたが、あの偉大なるサム・ジョーダンが彼の素晴らしいバンドと共に出演すると聞き、視察も兼ねて行ってみることした。

 

結論から言うと、このフェスティヴァルは間違いなく私が観てきたフェスティヴァルのなかで、もっとも感動的なものの一つであった。

初めての開催で、決してプロモーションが十分に行き届いているとは言えないフェスティヴァルだから、当たり前のようにオーディエンスはホルストの町の住人ばかりであったし、その数も多いものではなかった。しかし 、このアットホームでささやかながら、ミュージシャンが表現したい音を忠実に再現するように計算され尽くしたステージは、むしろジャズを体感するためにはうってつけで、オーディエンスは皆ステージに夢中であった。

 

サム・ジョーダンが目当てと書いたものの、実はもう一つ期待を込めて観に行ったバンドがある。

つい先日、数々のピアノ・コンクールで輝かしい功績を残したクラシック界の若きマエストロ、マレク・ヤニツキと連弾した動画をアップし音楽関係者の間で話題となっているポーランド人ピアニスト、ブルーノ・カミンスキが所属しているNUMBER FIVEだ 。

動画が話題になっているものの、バンドのオフィシャル・ホームページも、SNSのアカウントも存在しない彼らの演奏を観られる機会を逃してなるものかという思いが少なからずあった。

トップバッターとして登場した彼らの演奏は驚くべきもので、期待を大幅に上回る素晴らしい内容であった。

女性だがパワフルなプレイでバンドを牽引するベーシストのハンナ・ペータース、スローからアップテンポまでグルーヴのツボをとらえて離さないドラマーのラファエル・ボヌー、まるで音の洪水のように、すべてをぶつけるようにプレイするアジア人のサックス奏者ダイ・ミヤモト。

ブルーノ・カミンスキが率いる、いわゆる〈ピアニスト中心〉のバンドかと思っていたが、彼らの演奏は、まるでジャズが持つ多様性そのもの。奥深さとさまざまな表情を見せて、オーディエンスの心を揺さぶる熱量も併せ持つものであった。

振り返れば彼らの存在が、このフェスティヴァル全体の熱気を作り上げたといっても過言ではないだろう。

 

NUMBER FIVEの演奏の後は、地元の高校生トリオが登場。

初めてのフェスティヴァル出演ということで、やはり最初は緊張が隠せなかったものの、NUMBER FIVEがステージに残した熱が、徐々に彼らに火をつけたかのようだ。決してうまいとは言えないものの、情熱的で、若さに満ち溢れた感動的なものであった。

出演者の間を埋める、半分余興のようなアクトかと高を括ったオーディエンスもいただろうが、彼らの演奏を観た後にも同じことを思った人間は誰一人いなかったであろう。

それほど、この小さいながらも熱気に満ちたフェスティヴァルを体現している出演者であると正直に感心した。

 

そして、最大の目当てであったサム・ジョーダンの登場である。

いまやジャズ界で最高のベーシストの一人である彼のステージはできうる限り観てきた。しかし、私が知る限りではこの10年間で、ホールが主戦場となった彼にとって〈So Blue〉を除いてはもっとも小さなステージでの演奏だったのではないか。

ヴェテランと呼ばれるようになった彼は、常に高いクオリティーで安定したプレイをオーディエンスに提供してきた。しかし今回の演奏は向上心に満ち、いい意味で荒々しかった若かりし頃のような演奏を聴かせ、小さなステージとあいまって、15年以上前にタイム・スリップしたかのような感覚に襲われた。

それほどここ最近の彼にしたら考えられないほどパワフルであったのだ。

おそらく若く才能に満ちたNUMBER FIVEと、全身全霊の演奏を見せた高校生トリオの演奏に感じるところがあったのであろう。

 

最後にうれしいサプライズがあった。

あのサム・ジョーダンが前述のNUMBER FIVEと高校生トリオをステージに上げ、セッションを始めたのである。

まさにジャズの醍醐味といった各プレイヤーのソロの応酬が繰り広げられたが、サムはそのすべてを受け止め、さらに各メンバーの長所を引き出すかのようなプレイを見せた。

決して大御所としての驕りはなく、若い才能たちとの演奏を心から楽しんでいるようであった。

そして若いメンバーたちも、相手がサムだからと臆することはなく、この場所でこの瞬間にしか生まれない音を全員で作り上げていたのが感動的であった。

 

大きな規模ではなく、おそらく興行的にも成功したとはいえないであろうが、アーティストも含めスタッフ全員が純粋にジャズを愛する人間たちで、そんな人々によって生み出されたこの〈ホルスト・ジャズ〉は、オーディエンス全員にとって忘れえぬ体験となったはずだ。もちろん私も例外ではない。

来年の開催は未定であると聞いたが、ジャズという音楽を純粋に楽しみたいという人がいれば、私は間違いなくこのフェスティヴァルを勧めるし、私自身も来年またここへ戻ってきたいと心から願っている。

 


Information
「BLUE GIANT SUPREME」7集発売記念! フリーペーパー配布

大ヴォリューム132ページ! 読み応えたっぷりの特製フリーペーパーを全国およそ200か所で限定配布!!

「ビッグコミック」で好評連載中の「BLUE GIANT SUPREME」(石塚真一)。物語が力強く前進するコミックス最新7集の発売を記念して、3月1日(金)から1か月間、全国およそ200か所で特製フリーペーパーを限定配布!!

気になるフリーペーパーは第1~5話が中心で、雑誌掲載時のものをほぼそのまま掲載。本作が評価されているポイントのひとつ、圧倒的な熱量と音圧を最大限に堪能できる仕様となっている。

配布場所は東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、岐阜、大阪、京都の91駅のほか、タワーレコード全80店など。詳細を下記にてチェックして、お近くの駅、店舗でゲットしよう!

フリーペーパー配布期間:
3月1日(金)~3月31日(日)
※駅ラックについては3月4日(月)~3月25日(月)の毎週月曜と木曜に追加補充予定
※タワーレコードについては在庫がなくなり次第終了

配布場所(駅):
■JR東日本・東京都(30駅 ※五十音順)
赤羽(北口改札内/南口改札内)/秋葉原(中央改札内・Tokyo Food Bar付近)/飯田橋(西口改札外)/池袋(中央1改札外・地下鉄丸ノ内線改札口付近)/上野(中央改札外・キオスク付近)/王子/大崎/荻窪/蒲田/亀有/神田(南口改札外・ATM横)/北千住(北口改札内)/吉祥寺(西改札内)/錦糸町/高円寺/国分寺/駒込/新秋津/新宿(東南口改札内/東口改札外/アルプス広場付近)/水道橋/高田馬場(早稲田口改札内・ニューデイズ付近)/田端/田町/東京(地下北口改札外・地下鉄東西線通路入口付近)/西国分寺/浜松町/東小金井/平井/三鷹/目白

■JR東日本・神奈川県(10駅 ※五十音順)
石川町/鴨居/川崎(中央南改札内・トイレ付近)/港南台/辻堂/鶴見/戸塚/橋本/藤沢/武蔵溝ノ口

■JR東日本・千葉県(8駅 ※五十音順)
我孫子/市川/柏(中央口改札内・ベビー休憩室付近)/新習志野/東船橋/船橋(中央改札口外)/松戸/南船橋

■JR東日本・埼玉県(1駅)
南浦和

■東京メトロ
新宿(地下1階A11出口階段付近の大型ラック)

■名古屋鉄道(36駅)
名古屋本線:金山/名鉄名古屋/栄生/須ケ口/国府宮/名鉄一宮/新木曽川/笠松/名鉄岐阜
各務原線:名鉄岐阜/新那加/三柿野
津島線:木田/津島/佐屋
瀬戸線:栄町/大曽根/小幡/大森・金城学院前/尾張旭/三郷/新瀬戸/尾張瀬戸
小牧線:上飯田
常滑線:大江/大同町/太田川/尾張横須賀/朝倉/新舞子/常滑
河和線・知多新線:阿久比/住吉町/知多半田/青山/河和/知多奥田

■近畿日本鉄道(5駅)
大阪難波/鶴橋/学園前/大阪阿部野橋/京都

※本件について駅および駅係員へのお問い合わせはご遠慮ください

配布場所(店舗):
■タワーレコード全店(全国80店)

「BLUE GIANT SUPREME」7集:
■「BLUE GIANT SUPREME」最新7集の詳細は以下のとおり
オランダで初めて開催されるジャズ・フェスティヴァルに出演することになった宮本大たちのカルテット〈NUMBER FIVE〉。同じステージに立つ大物プレーヤーや観客を圧倒することができるのか!?
判型:B6判/200ページ
定価:本体600円+税

■「BLUE GIANT SUPREME」7集の試し読みはコチラ
http://shogakukan.tameshiyo.me/9784098602650
■7集記念フェアのNEWSはコチラ
https://comics.shogakukan.co.jp/news/16703

関連アーティスト
プレイリスト
pagetop