INTERVIEW

ネヴィル・ブロディ ――出発点としてのパンク、そして新たなヴィジュアル・コミュニケーションへ

Exotic Grammar Vol.61-2

ネヴィル・ブロディ ――出発点としてのパンク、そして新たなヴィジュアル・コミュニケーションへ

出発点としてのパンク、そして新たなヴィジュアル・コミュニケーションへ

 英国のグラフィック・デザイナー、タイポグラファー、アート・ディレクターであるネヴィル・ブロディは、80年代初頭から、23 Skidoo、クロックDVA、スロッビング・グリッスルなどをリリースするインディペンデント・レーベル、フェティッシュ・レコーズのアートディレクターとして活動し、パンク以後におけるデザインに、その斬新なヴィジュアル・イメージによって大きな影響を与えた。同時に「The Face」誌のアート・ディレクターとして、その名は広く知られることになる。91年には、英国の実験的電子音楽レーベルtouch の創始者ジョン・ウォーゼンクロフトとともに、デジタル・フォント・タイプフェイスの実験を試みた先鋭的な雑誌『FUSE』を創刊し、グラフィック・デザイン、タイポグラフィーにおける新しいスタイルを切り開いてきた。近年も、さまざまなファッションブランドやタイムズ紙のロゴのリデザインを手掛けるなど、デザインの第一線で活躍。現在は、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートのコミュニケーション学部の教授を務めている。

 今回、サッカーJ2の東京ヴェルディが、2019年にクラブ創立50周年を迎えるにあたり、ブランディングを再構築、ロゴデザインを一新するためにブロディを起用した。そのお披露目のために来日したブロディに、彼のデザインの原点であるアヴァンギャルド・アートとパンク、およびその関係、そして、デザインにおける現在にいたるまで変わらぬ彼の思考を聞いた。

今年50周年を迎え、総合クラブ化を進める東京ヴェルディのクリエイティブデザイン&ブランディングを統括、そのロゴデザイン他をネヴィル・ブロディが手掛けた

 大学での研究テーマは、ダダとポップ・アートだったという。時代はパンク真只中、ジェイミー・リードによるセックス・ピストルズのレコード・カヴァーのデザインや、その破壊的態度から、音楽評論家グリール・マーカスがパンクをネオダダと呼んだ。ダダやポップ・アートと音楽のエネルギーがぶつかり合い、そこに新たな表現言語が生み出された。

 ブロディは、「あの時代のロンドンはすごくおもしろかった」と語りながらも、それは「自由がなく、すごく大変な時期だったから」だと言う。「ロンドンではパンク以前の、60年代から若い世代が自分のアイデンティティを表現する手段としてのサブカルチャーが盛んだった」、そうした時代的な環境の中で彼がデザインを通して表現活動を開始したことが、自身にとって非常に大きな影響となっているが、パンクの思想を取り入れようとしていたわけではない。「パンクというのは、だれか特定の人が作ったというわけではなく、自然に発生したもの」であり、彼にとってそれは同時代的なムーヴメントであったのだ。「確実に言えるのは、あの時代のあの環境の中でパンクというのはすごく実験的でクリエイティヴだったということ。それが、自分が表現する、デザインする上で大きな意味を持っていた」その中で自身の表現も自然と同時代的なスタイルを獲得するようになっていったのだという。そして、パンクの思想と共鳴する20世紀におけるアヴァンギャルド・アートが再発見された。「ダダイズムはブルジョワに対するアンチであったし、構成主義は非伝統的であり、ポップ・アートは大量消費に対する批評だった。これはパンクというものに共通する3つの要素」である、と彼は言う。

 当時の英国におけるパンクの役割には、ポリティカルな態度の表明があった。ダダイズムの破壊的な表現を援用しながら、新しいことを作るために古い価値観を破壊することが必要だった。それは暴力的な態度となってはいたが、単なる破壊ではなく、新しい可能性を発見するための、創造のための破壊であり、それこそが20世紀のアヴァンギャルド・アートが行なってきた価値の転覆であったし、そうした行為を通して、過去と切断しながら新しい文化のスタイルを創造するきっかけを作ったのがパンクだったのだ。

 もうひとつ、同時代にブロディが影響を受けたものに、パリのアート集団バズーカ(Bazooka)がある。1974年に美術学校の学生たちによって結成されたバズーカは、リベラシオン紙などの大手新聞メディアを自身の活動の場として、ポリティカルかつアナーキーなイラストやバンド・デシネを合作で発表し一世を風靡していた。ブロディは、それらのヴィジュアルを見て、彼らにもパンクと同じような姿勢、アティチュードを感じていた。

 その後も、キャバレー・ヴォルテールなどのレコード・カヴァーを手がけ、80年代以降の音楽のスタイルの変化をヴィジュアルの側面からアップデートしていく一方、音楽にとどまらない、90年代以降のタイポグラフィーのあり方を決定づけた。しかし、「自分の中で終わりが来た」と、90年代初頭からレコード・カヴァーの仕事に区切りをつけた。「80年代に実験的なデザインを試み、やりつくした感もある」と振り返りながら、そこには音楽産業におけるトレンドの変化があった。「90年代になるとポップ・スターイズムともいうべき文化が生まれ、(リスナーは)レコード・カヴァーのデザインがどうというよりも、ミュージシャンの髪型に関心が移ってしまった」のだという。

 「今日、パンクに代わるものが生まれるかと言えば生まれないだろう」と言うブロディは、サブカルチャーは時間をかけていろいろな文脈を経て生まれるもので、現在のようにソーシャル・メディアがすごいスピードであらゆるものが情報として押し流されてしまう時代には、独自のサブカルチャーは出てこないだろうと考える。「今日のイギリスはこれまで以上に保守的で、過去のしきたりや歴史に制約されてしまって、身動きが全く取れない状況」であり、かつて同じような閉塞状況を撃ち破ろうとしたパンクが現在振り返られるとするなら「すべてが可能だと考える、その力だ」とする。

 学生時代にはタイポグラフィーの授業は好きではなかったが、「書体がイメージに代わるもの」という信念を持っていた。「もちろんタイポグラフィーというのは言葉を要素として構成されるものだけれど、言葉の意味ということではなく、イメージとしてどんな印象を与えるか、どんな見え方をするのか」といったことに彼は大変関心があった。しかし、タイポグラフィーを教育された方法とは違うかたちで見ていたために教わらなかったやり方や実験的なことも試みることができた。いわば、彼の学校は大学教育というものの外部にあった。それは音楽や音楽と結びついた社会的な動向という別のカルチャーからのインスピレーションだったかもしれないが、「音楽の仕事をする以前からタイポグラフィーに関して強い想い」を持ち、「古臭い教育のタイポグラフィー」ではなく、タイポグラフィーに新しいものを見出そうと思っていたという。

 現在では、音楽はどのように彼のデザインに関わっているのだろうか。彼はジャズを引き合いに出す。「それは私たちの働き方のスタイルという意味で、まずベースとなるシステムを作る。その枠の中でいかに自由に実験的なことをやって新しい表現を作るかを考える。しかし、そのシステムははずさない。決まったコードの中で速さや、いろいろなスケールを使って即興ができるのと同じだ。何の枠もなしにただやりたいことを無根拠にやるのではなく、決められたシステムを守りつつ、いかに自由な価値を見出すかということ」であり、デザイナーとは、言葉だけの意味ではなく、ヴィジュアルやデザインという可視化された言語、つまりシステムを使って意味を伝えることに神経を使う。その意味で、今回のヴェルディの依頼においても、どのようなシステムやストラクチャーを構想するかが重要なことだったと言う。

「今回のヴェルディのプロジェクトは、ブランドのために彼らがどういう言葉でどういうメッセージを発することができるか、そのためのシステムを作るのが大きな役割です。その仕組みをしっかり作れば、彼らがその要素をどう打ち出そうがうまく調整できるようなロゴやタイプフェイスを作りました。それはヴェルディのレコード・カヴァーのようなものになるかも知れませんね」

 


ネヴィル・ブロディ(Neville Brody)【1957-】
デジタル・デザイン、タイポグラフィー、アイデンティティ、そのほか総合的デザインを手がけるデザイナー。クリエイティヴ・エージェンシー「ブロディ・アソシエイツ」代表。活動はレコードジャケットのデザインから、文化的施設やグローバル企業のブランディングに及ぶ。「ロイヤル・カレッジ・オブ・アート」コミュニケーション学部長。世界中のデザインおよび教育の機関にて講義を行っている。

 


寄稿者プロフィール
畠中実(Minoru Hatanaka)

1968 年生まれ。NTTインターコミュニケーション・センター[ICC] 主任学芸員。多摩美術大学美術学部芸術学科卒業。1996年の開館準備よりICCに携わる。主な企画には〈みえないちから〉(2010年)、〈[インターネット アート これから]―ポスト・インターネットのリアリティ〉(2012年)など。

タグ
関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop