INTERVIEW

フィービー・ブリジャーズ語る。コナー・オバーストとの共通点、フリートウッド・マックからの意外な影響

取材の際にインタヴュアーからプレゼントされた、カオナシの立体パズルと
 

フィービー・ブリジャーズは、隠し事をしない。実際、このインタヴューの内容も取材当日のライヴのMCでバラされていたし、元恋人だったドラマーのマーシャル・ヴォアと共作した“Scott Street”という曲では、そのマーシャルと一緒に〈私の名前を聞いたら恥ずかしいと思う?〉〈とにかく、他人にはならないで〉と、明け透けな感情を歌うのだ。だから聴くほうもついつい無防備になってしまうのだが、もしかしたらそんな彼女が唯一嘘をついたのが、2017年のファースト・アルバム『Stranger In The Alps』に収録した“Motion Sickness”という曲だったのかもしれない。

リード・シングルとしてもリリースされたこの曲は、デモの段階ではエモーショナルなアコースティック・バラードだったが、アルバムでは自分に酷い仕打ちをした男性に宛てたと思しき歌詞のヘヴィーさを覆い隠すかのように、シュガーコーティングされたポップなアレンジになっていた。だからこそ、 彼女がライヴでこの曲を歌う前に、「わたしが書いた唯一の、怒りについての曲」と呟くのを聞いて、普段のゴス・ファッションやブラック・ユーモアに隠された、本当の彼女が垣間見られたような気がしたのだ。コナー・オバーストとの新プロジェクト、ベター・オブリヴィオン・コミュニティ・センターのアルバム発売直前に初来日公演を行ったフィービーに、いろいろ話を訊いてみた。

CSN&Yで私がいちばん好きなのは……

――日本に来る前にはオーストラリアにいたそうですが、コートニー・バーネットには会いましたか?

「ノー(笑)。でも彼女のことは大好き」

――あなたがジュリアン・ベイカー、ルーシー・ダカスと結成したユニット、ボーイジーニアスのインタヴューで「4人目のメンバーを加えるなら?」と訊かれたときに、コートニーの名前を挙げていましたね。先日彼女にインタヴューする機会があったのでそのことを伝えたら、「おもしろそうだから絶対やりたい」とのことでした(笑)。

「クール(笑)。実現したら最高」

――ボーイジーニアスのEPのジャケットはクロスビー・スティルス&ナッシュのパロディーになっていましたが、あれはあなたのアイデアだったとか?

「そうそう、似たようなソファを見つけたからおもしろいと思ったんだけど、実は、私はクロスビー・スティルス&ナッシュのあのジャケットをデザインしたゲイリー・バーデンとも親しかったの。コナー・オバーストを通じて知り合ったんだけど、彼は去年亡くなってしまって」

――あなたの座っている位置はクロスビー・スティルス&ナッシュのジャケットで言うとグラハム・ナッシュと同じですが、やっぱりいちばん好きなのもグラハム・ナッシュですか?

「いいえ(笑)。なんだか騙しちゃったみたいだけど、たぶん私がいちばん好きなのはニール・ヤング」

――昨晩のライヴではギリアン・ウェルチの“Everything Is Free”をカヴァーしていましたが、コートニー・バーネットもあの曲をカヴァーしているのは知っていましたか?

「知らなかった! あの曲は最近リヴァイヴァルしていて、コナーもそうだし、ファーザー・ジョン・ミスティとかマウンテン・マンとか、たくさんの人たちがカヴァーしているみたい」

――あなたはどうしてあの曲をカヴァーしようと思ったのでしょう?

「あの曲は未来を予知していたというか……。彼女自身はナップスターの登場を受けて、どうやって音楽で稼げばいいかについてを書いたと思うんだけど、いま(音楽を聴く環境が)こんなことになるなんて、考えていなかったと思う。だから当時よりも、いまの時代ともっと密接に結びついているような気がして」

ジュリアン・ベイカーとギリアン・ウェルチの“Everything Is Free”をカヴァーしているライヴ映像

 

私とコナーはサッド・ソングライター

――ボーイジーニアスのEPに収録されていた6曲中、あなたが書いた“Me & My Dog” と “Ketchum, ID”の2曲についてのエピソードを教えてもらえますか?

「私が“Me & My Dog”を書いたときは……あの曲がどうなるのかよくわかっていなかった。〈ベター・オブリヴィオン・コミュニティ・センターのアルバム用に〉と思ったんだけど、コナーは私の他の曲ほど気に入らなかったみたいで。だけどジュリアンとルーシーに聴かせたら気に入ってくれて、ボーイジーニアスでレコーディングすることになった。もう1曲の“Ketchum, ID”は、ライヴのメンバーであり、今回の来日公演ではオープニング・アクトもしてくれたクリスチャン・リー・ハトソンと一緒に書いた曲で、ツアーに出ることについてのコンセプト・ソング。私が最初のパートのメロディーを考えて持って行ったんだけど、ジュリアンとルーシーが各々のパートを書いてくれた。彼女たちも私とまったく同じようなことを感じていたみたいで、ある意味ではそれぞれがすでに曲を書いていて、それをひとつの曲にまとめたような感じね」

――ベター・オブリヴィオン・コミュニティ・センターのアルバムからは“Chesapeake”の1曲だけ今回のツアーで演奏していますが、どうしてあの曲を選んだのでしょう?

「あの曲もクリスチャンと共作したから、彼と一緒に演奏するのがいちばんしっくりきた。でも他の曲も試してみたいな」

――歌詞はヴァージニア州のチェサピークという場所で行われた、音楽フェスティヴァルについて歌っているように聴こえますが……。

「それは違うの。実は曲を書いたときにコナーがサイケデリック・マッシュルームでトリップしていて、この言葉の響きが良いと思ったみたい(笑)。実際にチェサピークに行ったことがあるのも彼だけだと思う」

――サビに出てくる〈I Can't Hardly Wait〉という歌詞と、〈Sweet Child Of Mine〉という歌詞は、それぞれリプレイスメンツと、ガンズ・アンド・ローゼズの曲に由来しているんでしょうか?

「リプレイスメンツはそうね。あの曲は、リプレイスメンツのコンサートを観ているみたいなイメージだから」

――ガンズ・アンド・ローゼズは?

「関係ないわ(笑)」

――(笑)。メタル好きというわけではないんですか?

「そうでもなくて(笑)。でもグッズやコスチュームは好きだし、シアトリカルだったり、マッチョだったりするところがおもしろいなと思う(笑)」

――ちなみに、ベター・オブリヴィオン・コミュニティ・センターというプロジェクト名の由来は?

「コナーが考えたんだけど、私たちはどちらも悲しい曲を書くから、サッド・ソングライターのコミュニティーみたいな(笑)」

 

“Motion Sickness”はフリートウッド・マックが下敷きにあった!?

――そういえば、あなたのInstagramのアカウント名が〈_fake_nudes_〉なのはどうしてですか?

「単におもしろいと思ったから(笑)。ほら、ドナルド・トランプが言うような〈フェイク・ニュース〉だけを流しているようなアカウントもあるし」

――先日、〈TikTokに投稿したけど内容が不適切で削除された〉という動画をインスタにアップして話題になっていましたよね。

「あれね(笑)。たぶん私が持っていたナイフがダメだったんじゃないかな」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

“the video u posted on [date] has been removed for violating community norms” - @tiktok

Phoebe Bridgersさん(@_fake_nudes_)がシェアした投稿 -

――その動画の中で、C.S.ルイスの「悪魔の手紙」という本を読んでいるのが印象的だったんですが…。

「ああ〜、それは確か私じゃなくて隣の彼女が読んでいたような……」

――そうでしたっけ……。とにかく、悪魔ではないですが、あなたにも殺人や死について歌った曲が多くて、アルバムの半分ぐらいの曲で誰かが死んでいるような気がするんですが(笑)、そういったテーマに惹かれるのはなぜですか?

※実際に読んでいたのはフィービー本人

「確かにそのとおりね(笑)。それが私個人の性格を表しているわけではないけど、眠れないときに考えるのって悲しいことのほうが多いし、素晴らしい曲って、人生の深刻な問題にも向き合っていると思うから」

――あなたのファースト・アルバム『Stranger In The Alps』の日本盤ボーナス・トラックに“Motion Sickness”のデモ音源が収録されていましたが、アルバムに収録されたヴァージョンよりもアコースティックで、すごくエモーショナルでしたよね。アルバムではもっとポップになっていて、良い意味でそこまでエモーショナルではないというか。あのアレンジは、どのように生まれたのでしょう?

「デモのときはギターと私の歌だけで、ジュリアン・ベイカーみたいな曲だった。でもそれをプロデューサーのトニー・バーグに聴かせたら、〈フリートウッド・マックっぽい雰囲気があるから、もっとフリートウッド・マックっぽくしてみたら?〉って言われたの」

 

録音中の新作はこれまでよりも実験的なサウンド

――そういえば昨日のライヴでは“Tokyo Girl”という曲もカヴァーしていましたが、あの曲はどういう経緯で知ったんですか?

「ヴァル・マッカラムっていう人の曲なんだけど、彼を知ったのもトニー・バーグを通じて。彼の娘でライクっていうバンドをやっているZ・バーグが、あの曲でジャクソン・ブラウンと一緒に歌っていたの。それが、とても良い曲だったから」

――新作もすでにレコーディングしているとのことですが、どんな作品になりそうですか?

「もっと実験的になると思う。もうレコーディングしてるんだけど、シンセサイザーを使ったりして、どうやったら前と変えられるか、いろいろと試しているところ」

――参加メンバーについて、話せることがあれば教えてもらえますか?

「そうね……私のヨーロッパ・ツアー時のマネージャーが歌っているわ(笑)。オランダ人なんだけど、すごくディープな声の持ち主。他にはドラマーのマーシャル・ヴォアと、ブライト・アイズの鍵盤奏者のニック・ホワイトにハリソン・ホイットフォード。それから私に髪型が似てるベーシストのエミリー・レトサスも」

――昨夜は“Phoebe Bridgers”というタイトルの新曲も演奏していましたが、これは仮タイトルなんでしょうか?

「いいえ、正式タイトル。もともと自分の名前の曲を書くっていうアイデアが先にあった。この曲は、自分の感じるプレッシャーだったり、怒りだったり、自分自身を表現したものになっていると思う」

――アーティスト名と同じタイトルの曲って過去にもいくつかあったと思うんですが、あなたが思いつくのは?

「アイアン・メイデンの“Iron Maiden”かな(笑)」

 

関連アーティスト
pagetop