2019.03.25

初ソロ作『HOSONO HOUSE』を何から何まですべて自身一人の手で改築工事を行った異色の新作。かつてアーシーかつファンキーに料理された楽曲はエレクトロと生楽器を絶妙に配合したミニマルな意匠に変身。現代的なアプローチを模索する場面も多々見られるが、結果的に原曲を叩き台として自身のポップ音楽との関わりの変遷を捉え直す作業に結び付いている点が興味深い。これもまた不思議な観光旅行へと誘う彼岸の音楽。

関連アーティスト
pagetop