2019.04.02

サザン・ゴシックなアメリカーナ系シンガー・ソングライターが、ナショナルのアーロン・デスナーをプロデューサーに迎えて完成させた2作目。バースデイ・パーティーを彷彿とさせるブッ壊れた曲もあるが、キャバレー・ソング調の“Devil Is A Lie”をはじめ、躍動的なリズムから受ける印象はポップそのもの。それでも怨めしそうにすら聴こえるコケティッシュな歌声で、じわじわと不穏な空気を作り出せるのが彼女のパワーだ。

関連アーティスト
pagetop