2019.04.24

メキシコ出身の男女2人によるアコースティック・ギター・デュオの20年にも渡るキャリアを経てなお挑戦し続ける野心に溢れた最新作。たった2本のアコースティック・ギターからは無限の可能性が奏でられ、卓越した演奏スキルと溢れるパッションは現在でもさらに進化し続けていることをサウンドが証明している。オアシス、LCDサウンドシステムらとの仕事で知られるデイヴ・サーディをプロデューサーとして迎え、およそ3年間の制作期間を経て生み出された強力作。ピンク・フロイドのカヴァー《エコーズ》は斬新だが何とも彼ららしい仕上がりだ。

関連アーティスト
pagetop