INTERVIEW

TSUKEMEN『時を超える絆』 大切な仲間との絆を紡ぐ、音の世界

(L→ R) TAIRIKU(vn,va)、SUGURU(p)、KENTA(vn)

 

大切な仲間との絆を紡ぐ、音の世界

 ヴァイオリン2本(TAIRIKU×KENTA)とピアノ(SUGURU)からなる不動のメンバーで結成10周年突破。最新アルバムは改めてその強い“絆”を感じさせる1枚。表題曲は3人がメロディを受け渡しして完成させた初の共作・合唱作品で、TAIRIKUの父さだまさしが歌詞を担当。初演時のコーラス部との共演で収録となった。「これまで支えてくれた全ての人々への感謝に変えて、若い世代に絆の大切さを伝えるメッセージソングで、昨年9月に長崎の浦上天主堂で発表。共演した聖和女子学院高等学校コーラス部の希望もあって、さださんとの初コラボが実現しました」(KENTA)「今後もコンサートで訪れる地域の学生と共演し、日本全国で歌い継いで行けるように“時を超える絆プロジェクト”も始動します」(TAIRIKU)

TSUKEMEN 時を超える絆 キング(2019)

 《真田組曲》では〈真田十勇士〉をテーマにゆかりの地・信州を旅しながら各々が担当楽章を作曲。「組曲なので全体を通して主題が浮かび上がるように意識しました。第一楽章《群雄割拠》は真田幸村のイメージ。聴く人の想像力を掻き立てる、何かが始まるようなワクワク感を出したかった」(TAIRIKU)「第二楽章《青い炎》は霧隠才蔵。最近、自分でも追求している“男の美学”を投影しました(笑)」(KENTA)「第三楽章《疾風迅雷》は猿飛佐助。彼が生まれ育ち、修行したとされる地を実際に訪れてインスピレーションを得て“人間佐助”を描いた」(SUGURU)

 メンバーそれぞれに捧げるオリジナル曲を残りの2人で共作し、3人で演奏した3曲も必聴。「いかにも僕が書きそうな旋律とかクセを敢えて使わずに、KENTAとSUGURUらしい音で僕という人間を描いているのが《旋律の彼方へ》という曲の素敵なところですね。凄く嬉しかった!」(TAIRIKU)「《ベストフレンド》では僕が大好きな楽器である鍵盤ハーモニカを担当させて貰って、TAIRIKUとKENTAが慣れないピアノを連弾しているのが聴きどころ。ライヴでも二人の演奏にご期待下さい!」(SUGURU)「《LOVE YOU》は最初とても照れくさい曲だなと思ったけど、だんだん好きになってきた。2人にはライヴで客席に下りて赤い薔薇を配るように指示されているけど…本当にやる?」(KENTA)

 カヴァー曲も斬新で、アヴィーチーのEDM曲からジャクソン5の全米No.1ソング、クラプトンのグラミー受賞曲、まさかの名ピアノ曲《月光》まで盛り沢山。

 「過去の集大成ではなく、11年目も常に新しいことに挑戦したい。ネタはまだまだ尽きません!」(SUGURU)

 同時発売のDVDにはMV集に加えて《真田組曲》完成までの完全密着などお宝映像満載。ぜひこちらも。

 


LIVE INFORMATION

TSUKEMEN LIVE 2019 ~時を超える絆~
○4/21(日)長野・軽井沢大賀ホール
○5/11(土)千葉・行徳文化ホールI&I
○5/12(日)埼玉・大宮ソニックシティ 小ホール
○5/25(土)石川・ラポルトすず
○5/26(日)石川・北國新聞赤羽ホール
○6/16(日)新潟・新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあ コンサートホール
○6/27(木)北海道・札幌市教育文化会館 大ホール
○6/30(日)東京・東京オペラシティ コンサートホール
○7/6(土)長野・松代文化ホール
○7/7(日)長野・松代文化ホール
○7/13(土)神奈川・神奈川県立相模湖交流センター 他
www.tsukemen3.jp

pagetop