INTERVIEW

RYUTistを吉田豪が徹底解剖! “センシティブサイン”リリース記念、メンバー個別インタヴュー:横山実郁編

RYUTistを吉田豪が徹底解剖! “センシティブサイン”リリース記念、メンバー個別インタヴュー:横山実郁編

音楽ライターの南波一海がタワーレコード内に設立したアイドル専門レーベル、PENGUIN DISCの看板4人娘=RYUTistが、ニュー・シングル“センシティブサイン”を4月23日(火)にリリースする。表題曲は21歳のシンガー・ソングライター、シンリズムが作詞・作編曲を担当。さらに、カップリングの“素敵にあこがれて”はカメラ=万年筆/Orangeadeの佐藤望が作詞・作編曲、“バ・バ・バカンス!”はmicrostarとWack Wack Rhythm Bandが共作と、ポップ・ファン垂涎の3曲を収めたCDになっている。

RYUTist センシティブサイン PENGUIN DISC(2019)

Mikikiでは同シングルのリリースを記念し、プロインタヴュアーの吉田豪がメンバーひとりひとりに個別インタヴュー。第1回目は横山実郁編を掲載する。ソロとして活動していた彼女がRYUTistに加入する経緯や、後進かつ最年少メンバーならではのグループへの想いを明かしてくれた。 *Mikiki編集部

(左から)RYUTistの五十嵐夢羽、宇野友恵、インタヴュアーの吉田豪、横山実郁、佐藤乃々子

 


真っ黒で、南国から来たみたいな女の子

――今日はさすがに緊張してるみたいですね。

「1対1っていうのはちょっと緊張します……」

――RYUTistで一番しゃべれる人じゃないんですか?

「そんなことないです!」

――横山さんは大丈夫だろうなっていう安心感があったんですけど。

「そうでもないです(笑)。いつもすごい緊張します」

――まず、ご自分の性格はどういうふうに認識してますか?

「周りの人からは〈明るいね、元気だね〉って言ってもらえて、自分でも元気にしようと思わなくても常にテンションが高い感じはあるのと、その半面だらしなかったりマイペースな部分もあるなって思います」

――だらしない(笑)。

「忘れもの、すごいしちゃうんですよ。それでメンバーに迷惑かけたりもしてて。そういうところは嫌だなと思ってます」

――まじめなおとなしい人ばかりのグループに、ようやく強めにイジッても大丈夫そうな明るい人が来たぞっていう感じはありましたよ。

「そうですね、たしかに。いろんな方にイジッてもらえます。ヘコまないのでガンガン来てもらって大丈夫です!」

――どんなお子さんでした?

「お兄ちゃんが3人いて、男の子がいっぱいいる家庭だったので、外に出て遊ぶのがすごい好きな、活発な子だったと思います。でも、歌ったり踊ったりすることも人前に立つことも好きで、小さい頃はピアノを習ってました。オーディションを受けたときもひとりだけ真っ黒で、南国から来た女の子みたいな感じでしたね」

――男兄弟が多いとそうなりますよね。

「しかも歳が離れてたのでケンカとかもなかったんですけど、女の子らしさはあんまりないかもしれないです」

RYUTistのニュー・シングル“センシティブサイン”

 

1時間半のライヴが喋りすぎて3時間に

――事務所に入ったのはいつなんですか?

「RYUTistの妹分でデビューするユニットを作るためのオーディションが最初で。それで小学校5年生のときに、あとふたり一緒に合格して」

――あ、もともと3人組グループになる予定だったんですか?

「そうなんですけど、結局ソロとふたり組になってビックリしました(笑)。私がピアノを習ってたグループのお友達のお父さんが(旧メンバーの大石)若奈さんが通ってる学校の先生だったんですよ。そのお友達のお母さんと若奈さんのお母さんが仲良くて、〈今回こういうオーディションが事務所であるんだけど、みんなに配ってみて〉っていう感じで若奈さんのお母さんから回ってきたチラシをもらって、どうせ受からないだろうけど興味本位で受けてみようかなって思って」

――RYUTistのことは認識してたんですか?

「してなかったです(笑)。Negiccoさんは長岡のTSUTAYAさんでインストア・ライヴしてるのをたまたま観てすごいと思ったりして、もちろん存在は知ってたんですけどRYUTistは知らなかったです。自分で調べました」

――で、どういう経緯でソロ・デビューすることになったんですか?

「特に何も理由とか聞いてなくて、プロデューサーさんに呼ばれて〈今後のことなんですけど、ふたりはhina-hinaとしてデビューして、実郁ちゃんはソロでデビューします〉って言われて……泣きましたね」

――いきなり不安ですよね。

「すごい不安で。ずっと3人でレッスンしてきたので、ここからひとりで何するんだろうって」

――この子はソロでも売れるっていう可能性を感じたわけですかね?

「そうなんですかね? でも、そのときはまだ小学校6年生だったので、なんでなんだろうとかもあんまり考えずに、ひとりになるんだなっていう感じで。それで、ひとりでレッスンをしはじめて。最初は(2013年の)12月ぐらいにデビューする予定だったんですよ。そしたら先にhina-hinaちゃんがRYUTistのバック・ダンサーとしてデビューすることになって、デビューが延びて。じゃあ次の2月の中旬にデビューしましょうってなったんですけど、それも延びて。で、3月9日が日曜日だからってことで、やっとソロ・デビューした感じでした」

――最初からああいう方向性だったんですか?

「そうですね。バンドでやりたいっていうのも最初から決まってて、衣装もプリキュアさんみたいな感じで」

――“鮫とゾンビ”(曲名)とか相当インパクトありましたよ。

「インパクトすごいですよね、しかも、サビでずっと繰り返して。自分で歌ってて、あんまり考えてなかったです。だからこの歌は歌いたくないなとかもなくて」

――〈なんで“鮫とゾンビ”なんですか?〉とか言うこともなく。

「ノリノリで歌ってましたね(笑)。タイトル的には“聖凛のミクウイロウ”っていう曲もあって、それは私が架空のヒーローみたいな設定の曲だったんですけど、けっこうインパクトの強い曲がたくさんあって。カヴァー曲もかなり攻めて」

“鮫とゾンビ”を歌う横山のライヴ映像
 

――PINKとか。

「そうです、(PINKの)“Traveller”とか。あと奥田民生さんの“ああ、エキセントリック少年ボウイ”とか、コロコロチキチキペッパーズさんの“さぁ”って曲を卓球のラケット持って歌ったり、かなりチャレンジしてたなって思います」

※元はSURFACEの楽曲

――RYUTistのカヴァー曲も攻めてましたけど、この子はもっとおかしなことをやらされてるなとは思ってました。

「そうですね、かなりおもしろかったです。振り返るとだいぶ攻めてたなって。ライヴでもしゃべりだすと止まらなくなっちゃうタイプで、ファンの方と会話する感じでMCをやってて、1時間半で終わるライヴを3時間ぐらいやったことがあって」

――MCが1時間半ってことですか?

「たぶんそれくらいやってたんだと思います。PAさんが〈まだ終わんないのかよ〉みたいな感じで怒ってたって後から聞いたんですけど、けっこう自由奔放にやってたなと思います。ソロのときはソロのときで楽しかった」

――3人組グループよりもソロのほうが良かった?

「どうなんですかね、3人組でやったことないからわからないですけど。でもRYUTistに入って、グループに入ったらグループの良さも難しさもあるし、ソロはソロで楽しさもあればステージに立つのはひとりなので、それに対する不安だったり、気持ちの面ではひとりもたいへんだったなって思います」

――一緒にやるはずだったふたりはどうなったんですか?

「わからないうちにいなくなっちゃったんですけど、仲は良くて。事務所に所属してるアイドルさんたちで合同レッスンをやってた時期はやっぱり先輩がすごいから。ダンスもバッキバキだし覚える速度もすごく速くて追いつくのに必死で、3人で一緒に練習してました。なので(いなくなって)ビックリしましたけど。いまもたまに連絡するとふたりとも元気そうなので、良かったなって思います」

――ソロ時代、目標みたいなものはありました?

「ダンスを教えてもらってたのもRYUTistと同じ(横山)未来先生で、たまにレッスンでRYUTistの踊りを練習したりしてたので、身近にいたRYUTistはやっぱり一番身近な目標でした。でも、あんまりここでやりたいとか、どこに行きたいとかはいまと変わらずなくて(笑)。とりあえず目の前のことを一生懸命やろうっていう」

――RYUTist体質じゃないですか!

「そうなんですよ(笑)。どれだけファンの人にライヴを楽しんでもらえるかをお母さんと一緒に考えたり、MCも考えて。目の前のことに精一杯で、野望みたいなのはなかったです。いまと変わらず、提案していただいたものを一生懸命やってました」

――なんでみんなそういう考えなんですかね。アイドルやる子ってもうちょっと自意識というか、〈私を見て!〉みたいな感情が強いと思うんですけど。

「あんまりないんですよね。なんでだろう? ソロだったぶん、見る人が自分しかいないからそういう意識がなかったのかもしれないですけど。競争する相手もいなかったですし。hina-hinaちゃんもそうですけど、結局周りが先輩ばかりだったので、〈あの子を蹴落として〉みたいなのはまったくなかったですね。のほほんとした感じで平和にやってました」

――そのままソロ活動が続くんだろうなと思ってたわけですよね。

「はい、もちろんソロが続くと思ってて。ただ、このままで大丈夫かなと思ったことが1回だけあって」

――なんですか!

「たいしたことじゃないんですけど、小学校6年生でデビューして、中学校2年生までの3年間ソロをやって、1回も衣装が替わらなかったんですよ。でも、サイズが小学生のサイズだったので」

――思いっきり育ち盛りですよ!

「それでデコルテの露出もけっこうある衣装だったので、下がってきたりすると危ないなっていう意識があって。RYUTistって周年で衣装が替わってたじゃないですか。きっと私も1年頑張ったら衣装が替わるんだろうなって思ってたんですけど、3年間ずっと変わらなくて。人に着せてもらわないと着れない衣装だったんですけど、ガッガッと落ちないように絞めてもらって」

――デビュー直後の横山さんにも会ってますけど、そこからけっこう大きくなりましたよね?

「そうなんです、身長もけっこう伸びて。最後のほうは踊ってるとインナー丸見えみたいな状態で」

――セクシー・アピールするような人じゃないのに!

「ぜんぜん違うのに、MC中にググッと上げたりしてて。1年目はもう1年がんばるんだなと思って2周年を迎えて、まだこの衣装を着るのかって思ったことはありました。でも、それでソロを辞めたいとかはなくて」

関連アーティスト
タワーアカデミー
pagetop