COLUMN

来日控えるラウヴ。トロイ・シヴァンとのヒット“i'm so tired…”などで知られるSSWが要注目な理由

来日控えるラウヴ。トロイ・シヴァンとのヒット“i'm so tired…”などで知られるSSWが要注目な理由

トロイ・シヴァンとの最新シングル“i'm so tired…”やSpotifyの再生回数が全世界で5億回を越える“I Like Me Better”などのヒットで知られるシンガー・ソングライター、ラウヴ(Lauv)。5月末より東名阪で開催するジャパン・ツアー〈Lauv JAPAN TOUR 2019〉の東京公演が早々にソールドアウトするなどここ日本でも人気を集める大型新人が、このたび来日を記念した2枚組の日本独自企画盤CD『I met you when I was 18. 』をリリースした(CDでのリリースは初)。同作は、2015年のデビューからデジタルで発表された楽曲を網羅した20曲を収録した、ラウヴの現在の名刺代わりな一作と言えよう。

ここでは、ちょうどひと月後に迫る来日公演に向けてその歩みを総括しながら、本格的なブレイクが期待される理由を紐解いた。 *Mikiki編集部

LAUV I met you when I was 18. TRAFFIC(2019)

エド・シーランも魅了する、ストリーミング時代の自己完結型アーティスト

当時ニューヨーク大学でミュージック・テクノロジーを学んでいたアリ・レフが、ラウヴの名義でブレイクアップ・ソング“The Other”を公開したのは、4年前のことだ。この曲は早速影響力のあるブログなどに取り上げられて注目を浴び、以来実に20曲以上を発表した彼は、トータルで20億回の再生回数を記録。着々と知名度と評価を築いてきた。しかし未だ正式なファースト・アルバムを用意している気配は見えず、フォーマットにこだわらないで、淡々と曲を作りながらワールドワイドにライヴの集客力を上げた彼は、ストリーミング時代の申し子のような現代的アーティストである。

“The Other”
 

もっともこの手の人たちは、いったいどのポイントで〈ブレイク〉したのかを見極めるのが困難だったりもする。ラウヴの場合はどうだろう? 2017年5月に発表したシングル“I Like Me Better”は、オーストラリアやドイツをはじめ世界各地のチャートでトップ10に入ると共に、アメリカでもロングヒットと化して、翌年秋に最高27位まで上昇。最終的にはプラチナ・セールスを達成し、同時期に、全米ビルボード・イマージング・アーティスト・チャート(ブレイクが期待される新進アーティストの番付)の1位を10週間独走しており、すでにブレイクしていると評して過言ではないだろう。

“I Like Me Better”
 

現代的と言えば、ポップ・パンクにハマって10代前半からバンドでギターを弾き、2000年代にアトランタに住んでいたことでR&Bとヒップホップにも親しんできた彼の、ジャンルレスな嗜好も然り。かつラウヴは、ほんのり憂いを含んだ美声に恵まれていながらも、当初は歌よりスタジオワークとソングライティングに関心を抱いていたそうで、ギターの弾き語りでも成立する古風な佇まいの曲に、みずから洗練されたコンテンポラリーなプロダクションを施す、自己完結型のアーティストでもある。

実際、“The Other”も他のアーティストに売り込むつもりだったという彼は、間もなくして曲提供にも乗り出し、チャーリーXCXの“Boys”やチート・シートの“No Promises”といったヒット曲にソングライターとして参加。また、DJスネイクの“A Different Way”ではヴォーカリストに起用され、自身の曲でも積極的にコラボレーションを行なっている。“Getting Over You”ではR&B界からティナーシェを共作者に迎え、“Enemies”はレディー・ガガとの仕事でお馴染みのブラッドポップと共同プロデュースし、多方面に人脈を広げているが、中でもラウヴのキャリアに大きなインパクトを与えたミュージシャンは、『÷(ディバイド)』(2017年)のワールド・ツアーの一部公演で彼を前座に指名したエド・シーランだろう。エドの怪我で2017年秋の日本公演はキャンセルされたものの、東南アジアではアリーナ、北米ではスタジアムのステージに立つという貴重な機会を得ている。

ラウヴをフィーチャリングしたDJスネイク“A Different Way”

 

ラヴソングには飽き飽きしちゃった――ラウヴの次なるフェイズとは?

そんなラウヴの人気は言うまでもなく日本にも飛び火しており、2017年11月に日本独自企画の『ラウヴEP:ジャパン・エディション』が登場し、昨年3月には初来日が実現。ここにきてさらに、同じく日本オンリーの2枚組コンピレーション作品がお目見えした。昨年5月にストリーミングで公開した17曲のプレイリスト『I met you when I was 18.(the playlist)』に新曲3曲を追加し、計20曲で最初の4年間の歩みを総括する『I met you when I was 18.』だ。

アルバムに先立って〈プレイリスト〉を公開するというのもイマドキのアーティストらしいが、CD1に収録されたその17曲の内容は、アルバム同然。これまでにランダムにリリースされた、R&Bやエレクトロ・ポップやレゲエなど多彩なサウンドを網羅する曲群を巧みに配置し、1本のストーリーを紡ぐことで、見事な構成力を見せつけている。

そう、ここに記録されているのはタイトルから察するに、18歳の時、つまり彼がNYにやって来た頃に出会ったひとりの女性との関係の一部始終。冒頭を飾る“I Like Me Better”から2曲目の“Paris In The Rain”にかけて、まずは幸せの絶頂にある恋人たちを描く。だがその後雲行きが怪しくなって“The Other”で一旦破局を迎え、それからはお互いを避け合ったり、やり直してみたり……。逡巡した挙句に行き詰まって、混乱した気持ちを整理しながら壊れたハートを修復。ラストの“Never Not”に至ってようやく、自分の人生を豊かにしてくれたこの恋を肯定し、優しい気持ちで振り返ることができるようになる――というわけだ。

このように17曲を費やしてじっくり恋のアップとダウンを描出したラウヴは、特にダウンの面にフォーカスしているがゆえに、〈ホロ苦いハートブレイクを歌う男〉というイメージが定着したようなところもある。とはいえ、CD2に収録された最新の3曲――“i'm so tired…”“There’s No Way”“Superhero”――を聴くと、少し趣向を変えて、そういう印象をいくらか払拭していないでもない。

(左から)ラウヴ、トロイ・シヴァン
 

例えば“Superhero”は、実体験ではなくファンの体験にインスパイアされた曲だったり、残る2曲はデュエット仕立てだったり。“There’s No Way”では、やはり売れっ子ソングライターでもあるジュリア・マイケルズを、初の全英トップ10ヒットになるなど大きな話題を集めている最新シングル“i'm so tired…”では同世代のトロイ・シヴァンを、それぞれパートナーに選んだ。殊に〈ラヴソングには飽き飽きしちゃった〉とふたりでボヤく後者は、ユニークな1曲。何しろトロイもセカンド・アルバム『Bloom』(2018年)で現在のボーイフレンドとの関係を深く濃く掘り下げているだけに、これが彼らの素直な気分なのだろう。気怠い曲調ともシンクロしていてユーモラスですらあり、プレイリストの重みをやんわりと受け止めている。

“Superhero”
 
ジュリア・マイケルズをフィーチャーした“There’s No Way”
 

そんなふうに、ひと息ついて新たなチャプターを開こうとしているように見えるラウヴは、ファースト・アルバムを密かに進めているのか? それともしばらくはライヴに専念するのか? 次の動きが気になるところだが、5月末に控えた2度目の来日公演で、多少なりとも近況を本人の口から訊けるのではないかと思う。

トロイ・シヴァンとの“i'm so tired…”パフォーマンス映像

 


Live Information

Lauv JAPAN TOUR 2019

5月28日(火)大阪 BIGCAT
開場/開演:18:00/19:00
6,000円(前売/1ドリンク別)
後援:FM802
Info. 06-6535-5569(SMASH WEST)

5月29日(水)愛知・名古屋 CLUB QUATTRO
開場/開演:18:00/19:00
6,000円(前売/1ドリンク別)
主催:ZIP-FM
Info. 052-264-8211(名古屋 CLUB QUATTRO)

5月30日(木)東京 マイナビBLITZ赤坂 SOLD OUT
開場/開演:18:00/19:00
1F:スタンディング6,000円/2F:指定席7,000円(前売/1ドリンク別)
主催:J-WAVE
Info. 03-3444-6751(SMASH)

ラウヴ スペシャル・インストア・イヴェント

5月31日(金)19:00~
タワーレコード渋谷店  6F 特設イヴェント・スペース
出演:ラウヴ
詳細:サイン会
参加方法:
タワーレコード渋谷店にて対象商品をご購入いただいたお客様に、先着でイヴェント参加券をお渡しします。
※ご予約いただいたお客様には優先的にイヴェント参加券を確保し、対象商品ご購入時にお渡しいたします
配券対象店舗:タワーレコード渋谷店
対象商品:
Lauv『I Met You When I Was 18.』日本独自企画盤CD(TRCP240)
★詳細はこちら

関連アーティスト
pagetop