INTERVIEW

林立夫、カヴァー行う大瀧詠一と〈FUJI & SUN '19〉への期待を語る

林立夫、カヴァー行う大瀧詠一と〈FUJI & SUN '19〉への期待を語る

5月11日(土)、12日(日)に静岡・富士山こどもの国で初開催されるキャンプ・フェス、〈FUJI & SUN '19〉。同フェスは音楽、映画、スポーツ、キャンプから、アルパカや羊など動物とのふれあいコーナーに富士山をテーマとしたトークショーまで、富士山の大自然のなかで五感で楽しめるコンテンツが満載だ。軸となるライヴの出演陣は、エルメート・パスコアール&グループやセオ・パリッシュといった海外勢に、田島貴男(オリジナル・ラブ)やChara、cero、WONKなど大御所/若手を織り交ぜた国内の人気アーティストが勢ぞろい。音楽ファンなら絶対に響くであろう強力なラインナップとなっている。

中でも話題を呼んでいるのが、大トリを務める〈林立夫 special session with 矢野顕子 & Guests~Plays 大瀧詠一 Early 70's Songs and more~〉。キャラメル・ママ/ティン・パン・アレーのメンバーとして知られるレジェンド・ドラマーの林立夫が率いる形で、林が信頼する小原礼、佐橋佳幸、森俊之、そして矢野顕子と共に、自身も制作を共にした間柄である大瀧詠一の70年代初期の名曲群に矢野の楽曲も交えて演奏するという一大プロジェクトだ。さらに、ゲスト・ヴォーカルとして田島貴男、原田郁子(クラムボン) 、吉澤嘉代子、角舘健悟(Yogee New Waves)が登場するとあって、この日この場所でしか観られない、ジャンルや世代を越えた超特別なセッションとなりそうだ。

今回Mikikiでは開催を目前に、プロジェクトを率いる林立夫へ取材を実施。〈FUJI & SUN '19〉への期待と今回のプロジェクトの内容はもちろん、大瀧詠一とその音楽についてじっくり語ってもらうという、たいへん貴重な内容となった。これを読んで、ぜひフェスへと足を運んでほしい。 *Mikiki編集部

★〈FUJI & SUN '19〉の詳細は記事末尾へ!

 


〈FUJI & SUN〉はとにかく五感が喜ぶフェス

――まずは今回のスペシャル・セッション企画が生まれたきっかけから教えてください。

「〈FUJI & SUN〉からイヴェントを手伝ってほしい、というオファーがあって、いろいろと煮詰めていくうちにセッションという形を取ろうという方向で固まったんです。ちょうど去年の暮れにやったアッコちゃん(矢野顕子)のツアー〈さとがえるコンサート 2018〉のメンバーがピッタリくる面子だと思えたものですから、アッコちゃんとだったらいいのかなと閃きまして」

――矢野さんに、ベースの小原礼さん、ギターの佐橋佳幸さん、キーボードに森俊之さんという顔ぶれによる野外ライヴとはまた非常に刺激的な発想ですね。そこにどうして〈大瀧詠一〉というキーワードが出てきたのですか?

「大瀧さんってはっぴいえんどのメンバーからスタートし、ソロの音楽家として、またプロデューサーとして、すごい存在になったわけですが、その活動の入り口、最初のステップとなったのがファースト・アルバムの『大瀧詠一』(72年)で。僕も何曲か手伝わせてもらっているんですが、このアルバムがとにかく大好きでして。

ここには、何かの夜明けとか幕開け、はじまりという印象が強くあったんです。それで〈FUJI & SUN〉も今回が初開催だということで、大瀧さんの第一歩となったアルバムをテーマにするのもいいんじゃないかと。あと幕開けということでは、令和元年でもあるしね」

大滝詠一 大瀧詠一 BELLWOOD/キング(1972)

――どういうフェスになると林さんは想像されていますか?

「フェス全体のプロデューサーではないので立場上何か話すのは難しいんですが、コンテンツの内容がすごいんですよ。会場も自然豊かな環境だし、動物と触れ合うコーナーもあったり、こだわりを持った生産者たちによるマルシェがあったり、人力チャレンジ応援部が監修するアクティビティがあったり。そこに素晴らしい音楽もあって、とにかく五感が喜ぶフェスなんじゃないかな」

――出演者のラインナップで楽しみにされている方などいらっしゃいますか?

「全部楽しみです。というのも、ほとんどが初めてライヴを観る方なので(笑)。こういう場でないとなかなか会えない方たちばかりですから」

――ちなみに林さんは野外フェスがお好きですか?

「正直言って、あまり炎天下が得意ではない(笑)。だからそんなに馴染みがあるほうではないかな」

――ご自身が出演される場合も?

「野外フェスに出演するのは今回で3回目ぐらいです。日比谷野音とか屋外のライヴはけっこうありましたけどね。特に今回のようなキャンパーがいるようなフェスは初めてなので楽しみなんです。僕ね、キャンプは好きなんです。あと動物との触れ合いコーナーは、入り浸っちゃうかもしれない(笑)。アルパカがいるんでしょ? アレに触れるんだよね……」

 

大瀧詠一さんとの作業は、油断も隙もありゃしない(笑)
だけど完成したものはどう聴いてもポップス。そこがすごい

――それは僕も楽しみです。では続いて、大瀧さんのお話を伺っていこうと思います。あるアルバムのライナーノーツに大瀧さんご自身が、ふたりが出会ったのは、林さんが大瀧さんが叩いたドラムを評価したことがきっかけだったと書かれていたのですが。

「そうそう、彼のソロの曲(『大瀧詠一』収録曲“五月雨”)のドラムがカッコよかったという話をしたのは覚えてます。彼はドラムから始めたんですもんね。もちろん大瀧さんの曲ははっぴいえんど時代から知ってましたけど」

――で、彼の曲に林さんが参加されたのは『大瀧詠一』の“あつさのせい”が初になるんですか? 録音前に、大瀧さん、林さん、鈴木茂さんの3人でスタジオに入ってプリプロのようなことを行ったとか。

「そうでした。そのときは何にも曲が出来ていなかった。茂の弾くフレーズに、それいいね、って感じで合わせていくような不思議な作り方でしたね。スタジオは、目黒のモウリスタジオで。はっぴいえんども使ってましたよね。当時は質のいい機材が置いてあるのは、あそこぐらいしかなかったんだけど」

――その頃の大瀧さんに対してどういう印象を抱いていましたか。

「すごく好感を持ってましたよ。ウチの母方が仙台だったせいかわからないけど、妙にしっくりきたというか。東北のあったかい感じがとても印象に残っていますね。茂とか細野(晴臣)さんは小さいときから知っているけど、東京のど真ん中の連中ですから。それはそれで違和感なく仲良くできるんですけど、東京人同士特有の付き合いってものがある。で、大瀧さんの持っている東北人的な雰囲気が僕には新鮮だったというか、何か懐かしいような感じもあって」

――へぇ~、そうだったんですね。ナイアガラ・レーベルでの大瀧さんのソロ第一弾『NIAGARA MOON』(75年)で林さんは八面六臂の大活躍をされています。

「大瀧さんとの作業って出会い頭の事故的なものを求めていたように見えるけど、頭の中ではいつもどの方向に行くべきか見えていたし、何がやりたいのかはすごくはっきりしていた。そうじゃなきゃ、僕らもああいうふうに演奏できなかったと思う。

そうそう、“ロックン・ロール・マーチ”(『NIAGARA MOON』)のレコーディングのことはよく覚えてる。冬だったんですけど、福生45スタジオのドラム・ブースがもう寒くて寒くて。そこへ持ってきて、イントロのドラム・フレーズを作れという指示があって、早く何とかしないと寒くてたまんないから、もう必死でしたよ。それは忘れられない(笑)」

――イントロのフレーズ作りに苦労している様子が断片的に音源にも残っていますもんね。でもあれは後世に残る名フレーズです。

「ニューオーリンズとかあの辺のエリアのリズムをベースに何か新しいものを足して、とか言われたような気がするんですけど。それでハイハットを裏で叩く、みたいなフレーズを作ったんじゃなかったっけ。ニューオーリンズ系じゃああいうのは出てこないですから。とにかく大瀧さんはリズムにうるさくて、なおかつトリッキーなんです。ただ曲を聴いていると、何の違和感もないんだけど。Tin Panで再度録音した曲(“Hand Clapping Rhumba 2000”)があって、それもすごくトリッキーなんですよね」

――単なる〈何々風〉というものに、さらに何か別要素を付け加えないと気が済まない性格なんですかね。

「必ず何かいじるんですよ。一回目のブリッジは四小節あるけど、二回目は三小節しかない、だとかざらにある。だからちょっとうっかりしていると、ブレーキを踏み損ねてぶつかっちゃう、みたいな。油断も隙もありゃしないですよ(笑)。なんだけど、完成したものはどう聴いてもポップスなんです。そこがすごい」

――林さんがドラムを叩いているCMソング“サイダー'74”。あれなんか、頭を外して裏を強調したへんてこりんなリズム・パターンなんだけど、めちゃくちゃポップなんですよね。

「そうでしょ、めちゃくちゃややこしい(笑)。譜面に起こせば、なるほどそういうことか、ってわかるんですけどね。ただ、大瀧さんの場合はたいてい口伝えなので、アレ、どうしてここでバスドラが?ってうろたえてしまう。でもいま思えば、ドラムパーツ全部が頭のなかに入っていたのかなって。いろんなドラマーが泣かされたと思いますよ(笑)」

大瀧さんの歌の、あの独特な間の取り方は簡単に真似できない

――打てば響きまくる林さんの存在は、かけがえのない存在だったと思いますね。

「80年代以降、(大瀧が)フィル・スペクターのような分厚いサウンドを作るようになった頃、〈林は飽きっぽいからテイク2までに録らなきゃいけないんだよ〉ってみんなの前で言われたんです。嫌味混じりにね(笑)。でもあながち外れていないなと(笑)。すべての人のことを見抜いているんですよ。特に大勢のミュージシャンを使って作っていた80年代の頃、知らん顔しながらもみんなそれぞれの個性を把握していましたしね」

――信濃町のソニー・スタジオでレコーディングしていた頃も、参加メンバーひとりひとりに細かく指示を出されていたんですか?

※大瀧詠一が80年代以降(81年作『A LONG VACATION』以降)に主に利用していた

「一応ざっとアレンジをしてくださる方がいたりして、進み方とかアバウトなものは譜面に書いてあった。個別の指示ということでは、たぶんドラマーがいちばん多かったんじゃないかな。ニュアンスにすごくうるさかったですよ。

あとシンガーとしての大瀧さんって、各ドラマーのスネアのタイミングをものすごく強く意識しながら歌う人なんです。当時はクリックなんかほとんどなかった時代でしょ。で、いい感じに歌が揺れているんだけど、それがヘンに揺れていると感じないのはスネアにきっちり合わせて歌っているからで、それはすごい能力なんですよ。

今回僕はセッションのゲストに、〈この曲でお願いしま~す〉なんてお気楽にリクエストを出しましたけど、歌い手からするとあの大瀧さんの独特な間の取り方は簡単に真似できないでしょうね。そういえば以前あるシンガーが、“雨のウェンズデイ”(81年作『A LONG VACATION』収録)はうまくコピーできないって言ってましたけど、特に『大瀧詠一』の曲は難しいと思う。シンガーにとっては大瀧さんの曲ってかなり難易度が高いみたいですね」

――ブレスの位置とかの問題もいろいろあるし、大瀧さん的な変わった譜割ってありますもんね。

「だけども聴いている分にはなんら違和感がない。間違いなく彼は日本のポップス・シーンの足固めをされたミュージシャンのひとりと言っていいでしょうね。さまざまな面での分析力もすごいし」

――昨今は若いリスナーの間で、シティー・ポップの元祖としての評価も高まってますね。

「80年代に大瀧さんと吉田保さんとふたりによって織りなされたあの世界ですよね。すごくエコーがかかったリッチなサウンドで、きちんと除菌されている感じ」

――なるほど、除菌されている感じですか。

「わかります? あの頃の大瀧さんの曲って僕がレコーディングしたものぐらいしか覚えていないけど、“雨のウェンズデイ”に関しては当時から素晴らしい曲だと思っていました。リスナーとしても大好きですね。特に間奏の茂のギターが素晴らしい」

――大瀧さんの最後のオリジナル曲になった“恋するふたり”(2003年のシングル)は林さんがドラムを叩かれていますね。

「たまたまそういうことになってしまったわけですが、それが最後だったということで、やっぱりどうしても記憶に残りますよね。ミックスしたものをオーディオ・ルームのいろんなスピーカーで聴いたとき、〈林の使ったスリンガーランドがめちゃくちゃ良い〉って彼が言ってたこともすごく覚えている。僕の使っていたヴィンテージのスリンガーランドがすごく好きでね。

あとドラム・ブースで世間話をしていて、〈曲の作り方を間違えちゃってさ、俺ずっと歌いっぱなしなんだよな〉ってボヤいてた(笑)。言われてみるとあの曲、最初から最後までず~っと歌ってるんですよ。いっしょに歌ってみると大変さがわかる。曲は穏やかなんだけど、マラソンしているみたいにずっと走ってる感じがする」

 

大瀧さんと細野さんは、似ているようだけど掘り下げ方がまったく違う

――(笑)。もし大瀧さんがご存命だったら、いっしょにこういう音楽をやりたい、とか考えることはありますか?

「何をやるでしょうねぇ……。晩年、彼は映画史のほうに行ってましたからね。そうそう、銀座の音響ハウスでレコーディングがあったとき、近くの駐車場に向かって歩いてたら、公園の横から、おっきなメジャー持った不思議なオヤジが現れてね」

――メジャーですか?

「よく見たら大瀧さんなんですよ。ビックリして、〈何してんですか!?〉って訊いたら、何とかってタイトルの映画で主人公が夕陽を眺めるシーンをこの公園で撮影したみたいなんだけど、何メートルあったのか調べてるんだって(笑)。それ聞いたときはもう、そこまでいっちゃってるのか……って」

――成瀬巳喜男が撮ったある映画のロケ場所を自分の目と足を使ってすべて探し当てるという研究とかされていましたもんね。あと亡くなる直前まで、50年代から60年代のアメリカン・ポップスの研究もされていました。ちょうど細野さんも、アメリカン・ポップス史を掘り下げるような作品作りを行なっていましたけど。

「あのお二方は、似ているようだけど掘り下げ方がまったく違いますよね。どちらも素晴らしいですけど。大瀧さんは間違いなくポップス。細野さんのほうはもうちょっとブルースというかルーツ・ミュージックが入ってますよね。細野さんは除菌されていないほうの音楽(笑)」

――なるほど(笑)。ところで、林さんが大瀧さんから学んだことのなかでいちばん大きなものって何になるんでしょう?

「う~ん……。あるとき彼と電話で話していたら、やぶからぼうに〈林は夫婦の関係をどう考えているの?〉って訊かれたんですよ。僕は、パートナーのことは同志だと思っている、と答えたんですが、電話の向こうから〈それはダメだよ!〉って言われて。内心、人の夫婦のことはほっといてくれよ、と思ったんですが(笑)、彼がいうには〈考えてみろよ、同志は目的が達成したらそこで関係がおしまいになるじゃないか〉と。〈じゃあ大瀧さんはどうなの?〉って言うと〈僕らは友だちだ〉って。そのひと言を聞いて、そうか、最後には友だちになるんだな、って考えたことをすごく覚えている。それ以来、誰かから夫婦について訊かれたら、〈友だちだ〉って答えるようにしてます」

――(笑)。しかし、まったくもってやぶからぼうですね。

「いきなり言われるんですよ。でもそんなことを喋り合う音楽の仲間って大瀧さんしかいなかったから。僕ははっぴいえんどの大瀧さんに出会い、“あつさのせい”から彼の作品に携わるようになっていくわけですが、初めて会ったときに知った彼の人となりと、先ほどの電話のやりとりって全部つながっているんですよね。音楽以外の面で共有できるものが多かったと僕は勝手に思ってますけどね。

大瀧さんが亡くなる10日ほど前に、僕の携帯に連絡があったんです。そしたら〈松竹の大船スタジオにちょくちょく行くんだけど、林んち鎌倉だし、今度また飯でも食おうよ〉って話でね。そうだね、そうしよっか、って話したのが最後の会話でしたね。そういうやりとりも他のミュージシャンとはしたことがないので、なんか不思議な関係なんです。だからといってベッタリな付き合いでもないし」

――連絡が来る頻度ってどれぐらいでした?

「1年に1度ぐらいかな。2005年にリリースした僕のコンピ『NON-VINTAGE』を作るとき、大瀧さんの曲を2曲ほど入れさせてもらったんだけど、許諾を得るのに食事したんです。了承をもらうだけの会合だったから30分ぐらいで終わるかな、ぐらいに予想してたら、結局は5時間(笑)。音楽だけじゃなく野球の話までいろんな話題が延々続いてね。おもしろかったですよ。最後には、いったい何しにきたのかわかんなくなっちゃった(笑)。とにかく人間味のある人なんですね」

VARIOUS ARTISTS NON-VINTAGE ~林立夫セレクション GT music(2005)

いまの矢野顕子は素晴らしすぎる!

――やっぱりそこのところが強く印象に残っていらっしゃるのですね。では続いて矢野顕子さんのお話をお伺いできればと思います。最近は〈さとがえるコンサート〉で毎年のようにお会いされていらっしゃいますよね。ずっと彼女を見てこられた林さんの目に、いまの矢野さんはどういうふうに映ってますか?

「いまの彼女は素晴らしすぎる。僕からすると雲の上の人って感じがする。時間と空間を縦横無尽に行ったり来たりしているように見えますね。技術的な観点からも、歌いながらあれだけピアノを弾けてしまうのって、どこかおかしいんじゃないの?とすら思う(笑)。それがただ巧いってだけに収まらないのがまたすごい」

――最初の出会いのことは覚えていますか?

「彼女は僕の高校の後輩にあたるんです。最初に会ったのは、確か矢野誠さんの紹介だったような気がします」

――彼女がキャラメル・ママのセッションを見学しに行ってたとか。

「そうでしたね。それから、気が付いたらもういっしょに音楽をやってました。ツアーにいったり、あと細野さんの〈同發ライヴ〉にもアッコちゃんがいましたし。

最初の印象かぁ……あんな人ほかに見たことありませんからね。女の子だけどすごく深く音楽を掘り下げていたし、おまけにセンスもバツグンにいい。あれほど根性据えてやっている人ってそうそういるもんじゃない。驚くほど幅広い音楽を聴いているから、セッションをしていてもとにかく縦横無尽に動くことができる。あと、人の演奏をしっかり聴いているので、ちょっとしたベースのラインとかドラムのフィルとかに俊敏に反応してきますから。クールとホットの共存ぶりがすごいんですよ」

――ここにきてよりいっそう強力になってらっしゃる矢野さんからどんなものを受け取っていますか。

「バンドっていいな、って気持ちにさせてくれる人なんです。彼女もきっとバンドが好きなんだと思う。でもいまは、いい距離感を保ちながら音楽をやれているような気がしますね。それにしても“ラーメンたべたい”とかさ、詞をじっくり聴いていると、腹抱えて笑ってしまうよね」

――(笑)。

「この詞を真剣に書いている矢野顕子の後姿を想像してまた笑ってしまう(笑)。いったい何を書いてんだ、ほんとに、っていう(笑)」

今回のカヴァーの参考資料は、チャック・ベリーやキンクス

――では矢野さん以外のセッション参加メンバーについてもお話を。バンドには小原礼さんや佐橋佳幸さん、それに森俊之さんといった気心知れた面々が揃っています。

「そうですね。ただ森くんを加えてこの面子でやるのは今回が初めてじゃないかな。小原は、親族を除けば僕といちばん付き合いが古い人間(笑)。なにせ中3からいっしょにバンドやってるんですから。アッコちゃんといっしょにやっているときもそうなんだけど、10代や20代のときの自分に一瞬にして戻っちゃうんですよ。その辺がおもしろくてしょうがない。その瞬間、彼女たちは世間からすごい人として見られている矢野顕子や小原礼じゃないんです。そういう感覚は当然ながら演奏にも影響しますよね」

――ウブな感覚が戻ってくるんでしょうか。

「ニュアンスとしてそういう感じがありますよね。それから今回みんなには、大瀧さんの曲をコピーするんじゃなくてカヴァーしたいんだ、と伝えていて、参考資料としてチャック・ベリーやキンクスの音源を渡しているんです。受け取った側は、いったいどこでどう繋がるんだ?って思っているかもしれないけれど(笑)」

――その心は〈ロックンロールでいこう〉ということでしょうか?

「ツー・ビートというか、細野さんがいうところのワン・ビートの世界をやりたいってことですよね。それを“あつさのせい”でやってみたい」

――ほう~。それは楽しみですね。続いてフィーチャリング・ヴォーカリストの方々ですが、これまでに共演された方っていらっしゃいますか?

「みんな初めてなんですよね。だから初めて入るレストランの感じがあるんですよ」

――なるほどなるほど。

「田島貴男さんはこないだの(小坂)忠さんのライヴ(2018年の〈HORO〉再現コンサート)でお会いしてます。彼はギターがすごく上手ですよね。ほかの皆さんはいったいどうなるのか見当つかない。みなさんそれぞれ楽しんでもらえたら嬉しいんですが」

――ヴェテランから若手まで幅広い世代が並んでいるところもいいですね。

「そこがいちばんの醍醐味、それだけは間違いないですね。月並みな言い方になっちゃうけど、どんな化学反応を起こすのかが楽しみでならないんです。結果はホームランか三振か、それはわからないけど、これだけの面々が集まってますから、どんなおもしろいことが待っているのか」

――ステージを心待ちにしている方々へのアナウンスとして、どの曲をどんなアレンジで料理するのか、もうちょっとだけ教えてもらえませんか。

「“朝寝坊”を、ジョージ・ハリソンが書いたビートルズの“For You Blue”みたいにやってみようと思ってます。ジャジーな原曲をもっとブルージーな感じに仕立てようかなと。もっと雑菌を注入してね」

――(笑)。佐橋さんのジョージばりのスライドがビシバシ入るような“朝寝坊”。これはマジで楽しみですね。では最後に、スペシャル・セッションへの意気込みをお聞かせください。

「ここで演奏するのはほとんどが70年代初頭に作られた曲なんですが、その頃ならではの色付けにしているんですね。あの時代って新しい何かが毎日どこかで起きていたんですよ。新しいバンドが登場してはいままで聴いたことのないアプローチを行ったり、いつもワクワクしていた印象が強くある。そういう時代のムードをただ単に回顧するのではなく、現在の立ち位置からしっかりと見直し、深く掘り下げる作業になるんじゃないかと思います。まぁ、ここまで話してきたようなライヴがちゃんと実現できたら、大成功間違いなしなんですけどね(笑)」

 


Event Information

NEC Presents FUJI & SUN '19
2019年5月11日(土)静岡・富士山こどもの国
https://fjsn.jp/
開場/開演/終演:9:00/11:00/21:00
2019年5月12日(日)
開場/開演/終演:8:00/9:00/19:00
出演:
5月11日(土)
エルメート・パスコアール&グループ/セオ・パリッシュ(※only for overnight campers)/セドリック・ウー/マテウス・アサト・トリオ/青葉市子/WONK/大友良英スペシャルビッグバンド/小林うてな/cero/竹原ピストル/D.A.N./DJみそしるとMCごはん/七尾旅人/やけのはら
5月12日(日)
林立夫 special session with 矢野顕子 & Guests~Plays 大瀧詠一 Early 70's Songs and more~/悪魔の沼/Ovall/空間現代/クラムボン/田島貴男(ORIGINAL LOVE)/Chara/ DSPS/DJ Sprinkles/bird/MOROHA/YOUFORGOT/Yogee New Waves/吉澤嘉代子
※やむを得ない事情により出演者が変更になる場合がございます。予めご了承ください
>>チケットの購入はこちらから

タワーアカデミー
pagetop