COLUMN

〈オペラ夏の祭典2019-20 Japan↔Tokyo↔World 『トゥーランドット』〉 キラ星スターが結集する、この夏一押しのオペラ

〈オペラ夏の祭典2019-20 Japan↔Tokyo↔World 『トゥーランドット』〉 キラ星スターが結集する、この夏一押しのオペラ

キラ星スターが結集する、この夏一押しのオペラ

 「人は何故、難しい謎に挑むのか?」。これは太古の昔から現代まで、永遠に続く人生のテーマです。伝説の時代の北京でも、この謎に果敢に挑戦した若者がいた。絶世の美女だが、氷のように冷たい心を持った王女に魅せられて。3つの難問を解けなければ、首を撥ねられるというのに…。カラフは何故、命を賭けて謎に挑んだのか? その答えは、今年の夏に東京で鮮やかに解明されるかも知れない。

 2017年12月、大野和士の提案による大規模なオペラ・プロジェクト「オペラ夏の祭典2019-20  Japan↔Tokyo↔World」が発表され、大きな話題となった。それは2020年のオリンピック・パラリンピック開催を見据えた国際的なプロジェクトで、東京文化会館と新国立劇場が共同制作するという画期的な企画だ。初年度の2019年7月は、プッチーニの『トゥーランドット』が制作され、びわ湖ホールと札幌文化芸術劇場でも上演。

 『トゥーランドット』は、新国立劇場オペラ芸術監督でもある大野和士の指揮、オーケストラは大野が音楽監督を務めるバルセロナ交響楽団が24年ぶりに来日する。演出はバルセロナ・オリンピックの開会式を演出した人気演出家集団、ラ・フーラ・デルス・バウスの芸術監督アレックス・オリエという精鋭が顔を揃える。歌手はダブル・キャストで、国内外からキラ星のようなスターが結集する。トゥーランドット姫はワーグナー歌手としても活躍するイレーネ・テオリンと、DVDでも話題を呼んだバレンシア歌劇場(ラ・フーラ・デルス・バウスのカルルス・パドリッサ演出)『リング』でもブリュンヒルデを歌ったジェニファー・ウィルソン。またいまやフィギアスケートでは欠かせない曲となった《誰も寝てはならぬ》を歌うカラフには、注目の美男テナーが出演する。ルーマニア出身のテオドール・イリンカイがその人で、デビュー時はロドルフォやピンカートンを歌って将来を嘱望されていたのだが、近年はドン・カルロやカヴァラドッシなどスピント系テノールに成長した。凜々しいカラフ王子をいかに表現するか、乞うご期待。もう一人はカナダ出身のデヴィッド・ポメロイ。メトロポリタン歌劇場などで活躍する若手の逸材だ。リューには欧米一流歌劇場で大活躍の中村恵理と日本を代表するプリマ、砂川涼子の競演となる。さてどんな舞台になるのか。オリエは演出の構想を「カラフは権力を求めて謎を解く」と語っている。また「時代を超えた未来的な雰囲気にし、作品の価値観を見直すことを提案したい」とも。これまでにない斬新な舞台が、夏の東京文化会館に出現するかも知れない。

 


LIVE INFORMATION

オペラ夏の祭典2019-20 Japan↔Tokyo↔World『トゥーランドット』
○7/12(金)17:45開場/18:30開演
○7/13(土)13:15開場/14:00開演
○7/14(日)13:15開場/14:00開演
会場:東京文化会館 大ホール
【演目】プッチーニ:オペラ『トゥーランドット』(全3幕 イタリア語上演・字幕付)
【出演】大野和士(指揮・総合プロデュース)バルセロナ交響楽団/新国立劇場合唱団/藤原歌劇団合唱部/びわ湖ホール声楽アンサンブル/TOKYO FM少年合唱団
[7/12&14]イレーネ・テオリン(トゥーランドット)テオドール・イリンカイ(カラフ)中村恵理(リュー)リッカルド・ザネッラート(ティムール)持木弘(アルトゥム皇帝)桝貴志(ピン)与儀巧(パン)村上敏明(ポン)豊嶋祐壹(官吏)
[7/13]ジェニファー・ウィルソン(トゥーランドット)デヴィッド・ポメロイ(カラフ)砂川涼子(リュー)妻屋秀和(ティムール)持木弘(アルトゥム皇帝)森口賢二(ピン)秋谷直之(パン)糸賀修平(ポン)成田眞(官吏)
opera-festival.com/

関連アーティスト
pagetop