INTERVIEW

CUBERS、つんく♂作詞作曲のメジャー・デビュー曲“メジャーボーイ”を大いに語る!

〈ここからが勝負〉な彼らの決意

(左から)優、TAKA、春斗、綾介

ブラック・ミュージックを軸にしたポップスを歌い踊る〈聴けるボーイズユニット〉ことCUBERSがメジャー・デビューを果たす。つんく♂が書き下ろした楽曲“メジャーボーイ”(なんというタイトルだ!)は、彼らがこれまでに推し進めてきた音楽性と、モーニング娘。を筆頭とするハロー!プロジェクトのディスコティックなエッセンスがクロスオーヴァーしたファンキーなダンス・ナンバーになった。さらには振り付けに夏まゆみを迎えるという徹底ぶりで、要は、彼らはめちゃくちゃに気合いが入っているのである。メジャー・デビューを目前に控えた4月某日、CUBERSの優、TAKA、春斗、綾介の4人に話を訊いた(末吉9太郎はインフルエンザのため残念ながらお休み!)。

CUBERS メジャーボーイ キング(2019)

 

CUBERSは成長した?

――bounceでインタヴューしたのが『マゼンタ』(2017年)のリリース時期だったので、約1年半ぶりになります。

春斗「少しでも成長してるって思われたいですね」

――バリバリ成長してるんじゃないですか?

綾介「いや、トークのほうがちょっと……」

――話すのは苦手でしたっけ?

綾介「最近は逆に盛り上がりすぎて、MCが長引いてスタッフさんに注意されたりもして。以前はガチガチにMCを決めていたので、ちょっとでもアドリブ的なことが起こると変な間が空いてしまったりしてたんですけど、いまはポンポン喋ります。MCでテンションが上がるとライヴも良くなりますし」

――ライヴも良くなっていますか。

TAKA「以前と比べるとお客さんと僕らの間に生まれる空気感も変わってきた気がします。僕らのパフォーマンスに応えてくれるというか、リアクションして盛り上げてくれるようになって」

「自分たちが純粋に楽しんでできるくらいのレヴェルにはなったので、お客さんも楽しんでくれているのかなと思います」

――このやりとりの時点ですでに以前よりも成長して自信がついたような印象を受けます。

「ハードル上げないでください(笑)。でも、あのときは常に怒られてるような感じでしたから」

――これがメジャーの風格なのかと。

TAKA「いやいやいや。まだまだ全然ですよ!」

 

メジャー・デビューの責任感、そして体幹トレーニング

――実際デビュー直前のいまはどんな心境ですか? 楽しみもプレッシャーもあるとは思うのですが。

綾介「たくさんの人に見られるので、おのずと責任感が出てきました。何も言ってないのに〈ポスター見たよ〉って連絡が来たり、タワーレコードさんで〈BOYS POP!〉をやったときも反応が大きかったですし、としまえんとのタイアップ企画で電車の中吊り広告に出たときも友達が写メ撮ってくれたりして。いろんな人たちがCUBERSを見るようになってきている実感があるので、ひとつひとつの言動にももっと責任を持たないとなっていう気持ちはあります」

「関わる大人の人数がものすごく変わるので、僕らの知らないところで動いてくれている方々の期待にも応えたい。持ってきてもらった仕事にちゃんと応えるっていう意識はこれまでよりもグッと高まってます。CUBERSの看板も背負ってますし、つばさ(所属事務所のつばさエンタテインメント)の看板も背負ってますし、キングレコードの看板も背負っているので、自分の立ち居振舞いは以前よりも変わってきたと思います」

TAKA「環境の変化はたくさんありますね。日に日に実感してます」

綾介「〈これがメジャーか〉っていうね」

――〈これがメジャーか〉の例を訊いていいですか?

TAKA「全部が変わりましたよね。メンバーの空気が変わったのが大きいです」

綾介「メジャーが決まってから、春斗くんがいきなり筋トレを始めて」

――急に筋トレですか!?

綾介「楽屋で体幹トレーニングをいきなりし出して。みんなそれを横目でチラチラ見ながら無視してるんですよ」

TAKA「あれだけ頑なにやらなかったのに。筋トレとかに興味を示さない人なんだなと思っていたので、びっくりしたんですよ」

綾介「これを機に訊きたいですね。その真意を」

春斗「メジャーが決まったので意識を変えていこうと……ってかっこいいこと言いたいんですけど、シンプルにダイエットです」

TAKA「いいね(笑)。それはいいよ。それが意識の変化ってことだから」

――ただ、みなさんは春斗さんが体幹をやっていることには触れないでいたんですね。

TAKA「僕らはいつまで続くんだろうなって思いながら様子見してました(笑)。三日坊主じゃないのかなって」

春斗「誰も気づいてないと思ってたんだけど、泳がされてたんですね。恥ずかしい……」

TAKA「こんだけ一緒にいれば気づくよ」

春斗「でも、体が資本ですから」

綾介「それはそう。身も心も引き締めていかないと」

TAKA「僕的には脳みその筋トレしてほしいくらいですよ! もう頭がポンコツ過ぎて」

春斗「今日はノーポンコツだよ?」

TAKA「いや、髪になんか葉っぱついてるよ」

春斗「早く言ってよ!」

TAKA「日本語がおかしいし、ステージから落っこちるし、天然ぷりがひどいんですよ。そこは変わらずにいてほしいとも思うんですけど」

 

春斗、造花に水をあげる

――天然かもしれないけど、リード・ヴォーカルとしてグループを引っ張るというのはギャップの魅力じゃないですか。

「そうなんです。歌がうまいから、春斗さんは造花に水をあげててもOK!」

――造花に水?

綾介「びっくりですよね?」

「スタジオに植木鉢が3つ置いてあって、2つは本物の花だったんですけど、3つ目は明らかに違うんですよ。花がハート型になってて、自然界にこんなものがあるわけがないっていう形をしていて。で、(春斗が)勝手に水をあげ始めたんですけど、3つ目のやつに水をかけながら〈あんま飲まないなあ〉って言い出して」

TAKA「水を吸わないから溜まっていくんですよ」

――本物の土じゃないから(笑)。そもそもスタジオの花に水をあげようと思ったのが気になります。

TAKA「ですよね」

春斗「違うんですよ! 鉢が3つあって、両サイドがしおしおで可哀想だったんですよ。だからそいつらに水をあげて、こいつ(造花)だけ元気だなと思ったんですけど、明日枯れるかもしれないなと思ったからあげたんです」

「枯れねえよ(笑)。心は優しいんですよね」

――いい話じゃないですか。

春斗「これをいい話って言ってくださる人は初めてです!」

――だって、いまは元気だけど明日には枯れるかもしれないと思ったのは美しいですよね。造花とは気づいてないだけで。

春斗「そうですそうです。この先誰も水をあげなかったらどうしようって」

綾介「いや絶対なんも考えずにやってたでしょ(笑)」

TAKA「こういうエピソードがたくさんあるんですよ。舞浜アンフィシアターでライヴがあったんですけど、この人、横浜に行ってましたからね」

――〈浜〉違い!

TAKA「〈横浜アンフィシアター〉を検索してずっと探してたっていう」

綾介「青梅と青海を間違えるアイドルがたまにいますけど、舞浜と横浜は日本初なんじゃないですかね(笑)」

春斗「ついこないだ、馬車道に行こうとして栃木に行っちゃったアイドルいましたよね?」

――栃木の馬車道というレストランに行っちゃったんですよね。

春斗「絶対ないっすよ。ありえない」

一同「いやいやいやいや!」

TAKA「あんま変わらないって。ニアピンだよ。僕らからしたら横浜に行くのもありえないから」

春斗「でも大事故にならなくてよかったです。リハにもちゃんと間に合って」

 

サプライズ発表されたメジャー・デビュー

――体幹の話から思わぬ方向に行ってしまいましたが(笑)、そろそろシングルの話をしましょう。まず、サプライズ発表があったときはどうだったのでしょうか。

綾介「去年のクリスマス・ライヴのときに発表されたんですけど、僕らは本当に何も知らされてないなかで〈念願のメジャー・デビュー決定!!!〉って映像が出て。うわーってなってるときに、〈作詞作曲は……〉〈つんく♂〉ってなって。頭が真っ白になりました」

春斗「メジャー・デビューでもびっくりなのに、さらに乗っかってきちゃったから、みんなパニックなんですよ」

TAKA「サプライズ渋滞でね。メジャーだけでも最高のクリスマス・プレゼントなのに」

――ハロー!プロジェクトの熱心なファンの9太郎さんはどうだったのでしょうか。

綾介「みんな顔面蒼白みたいに呆然とした状態だったんですけど、9太郎だけステージの端から端まで3往復くらいしてました(笑)」

TAKA「見たことないステップを踏んで」

綾介「〈ギャー!!〉って叫びながらね。それをしっかりマイクに乗せながらやっていたのでプロだなと思いました(笑)」

スタッフ「観てみますか?(サプライズ発表時の映像を持ってきて、全員で観ることに)」

――ホントだ! 9太郎さん、走り回りながらきっちりマイクホールドしてますね! 嗣永桃子的なプロ意識を感じます(笑)。でもめちゃくちゃ感動的な発表シーンじゃないですか。

綾介「いま見てもゾワっとします」

TAKA「泣きそうになるわ。いいっすねえ」

 

つんく♂イズムが散りばめられた“メジャーボーイ”

――というくだりが昨年末にあり、ついに届いた曲が今回の“メジャーボーイ”。

綾介「作詞作曲がつんく♂さんということで、ハロプロイズム、つんく♂イズムが全体に散りばめられた楽曲だと思います。CUBERSはこれまで〈聴けるボーイズユニット〉としてブラック・ミュージックを中心にディスコ・ファンク、Pファンク、Gファンクなどを織り交ぜた楽曲に力を入れてきたので、その良さも残しつつ、CUBERSとつんく♂さんの音楽が融合した曲になりました。自分たちで言うのもなんですけど、めちゃめちゃな自信作です。自信を持って〈これでメジャー・デビューするんだ〉って言える曲だと思います」

“メジャーボーイ”MV。監督は多田卓也、振り付けは夏まゆみ
 

――そもそも曲名が最高ですよね。

綾介「ぶっ飛んでますよね。つんく♂さんだから納得できる」

TAKA「例えば僕らが作詞したとして、タイトルを“メジャーボーイ”にしたら見え方が違ったと思うんですよ」

綾介「〈ダサっ!〉って思われる可能性があるよね。 つんく♂さんは説得力が違うなって思う。“LOVEマシーン”的なインパクトがありますよね」

――それから、みなさんの歌声も成長著しいですよね。

TAKA「そうなんですかね? 僕ら自身はまったくわからないんですよ。やってる側としてはそこまで変化に気づけなくて、そう言っていただけたからそうなんだって思うくらいで」

綾介「CD音源を聴き返すと変わったなと気づいたりするんですけどね」

春斗「確かに昔の曲は声が全然違う。正直、気持ち悪いと思ったりもします(笑)」

 

すべての表現のレッスンとしての、夏まゆみの振り付け

――今作は一生懸命歌う以上に〈歌唱表現〉という感じがします。

綾介「ありがとうございます。表現という点では、今回の振付師が夏まゆみ先生なんですけど、ダンスのことだけじゃなくて、いろんなことを教えていただいて。普通にダンスを教えていただく感じじゃないんですよ。〈自分を楽器だと思って、顔つきとかマイキングとかすべて含めて身体で奏でるのがダンスだから〉ということを言われて。それはすごく勉強になりました」

TAKA「ただの振り入れじゃなかったですね」

綾介「マインドからね。みんなで歌詞カードを読みましたし」

TAKA「いち表現者として必要なことを全部教わったような感じです。表情もそうですし、歌に対する気持ちというものも教えていただいて。振り入れというよりすべての表現のレッスンなんですよね。それは愛がないとできないことだと思うんですよ。僕らに対してもそうだし、この曲に対してもそうだし。夏先生はそこがすごくて感動しました」

綾介「それと、思った以上に優しいかたでした。イメージと違うかもしれないから言っていいのかわからないですけど、まったく厳しくなかったです」

CUBERS「メジャーデビューSTORY 〜メジャーボーイ初披露ドキュメンタリー〜」。夏まゆみの振り付け指導を観ることができる
 

――テレビとかで目にするのは厳しく指導している部分だけを切り取ったシーンだったりしますもんね。

TAKA「なので、僕らはめっちゃ怒られると思ってたんですよ。春斗くんなんかは夏先生にお会いする前に謝る練習をめっちゃしていて(笑)」

綾介「謝罪の練習を始めてたよね」

TAKA「怒られるのが大前提っていう。9太郎が〈その謝り方じゃダメ。もっとちゃんと謝って〉とか指導したりして(笑)」

春斗「もしものときにね。謝罪の自信だけはありました(笑)」

TAKA「あんな練習初めて見ましたよ」

春斗「ハキハキ謝るっていう。でも、使う機会がなかったのでよかったです。夏先生は個人個人と向き合ってくださいました。きみはこういう人だからこうしたほうがいいっていうところまで教えてくださって」

綾介「長所と短所を見て、ひとりずつ話していただいて。ミュージック・ビデオの撮影の日も夏先生の誕生日当日だったのに朝から晩まで丸一日僕らに時間を削っていただいて、ワン・シーンずつ全部指示していただきました」

『メジャーボーイ』初回盤DVDのダイジェスト映像。MV撮影中に指導をする夏まゆみの姿も
 

――振り付けの印象なんですけど、テクニカルで難解というよりはキャッチーでシンプルだと感じました。

綾介「確かに振り自体は簡単なんですけど、もともとのつんく♂さんのオーダーがメンバーにあまり踊らせたくないっていうことだったんですよ。メンバーにリズムを感じ取ってほしいと。ブルーノ・マーズの“Uptown Funk”の感じのグルーヴを出してくれっていう。1Aで歩き出すところも夏先生から細かい指導が入って。激しくやりすぎず、ビートとビートの間のリズムを感じて、内側でグルーヴ感を出すみたいな。そっちに重点が置かれている気がします」

――そういうことなんですね!

綾介「逆にダンスがちゃんと踊れないと出せないグルーヴ感を求められたので、みんなで試行錯誤しながらやりました。バキバキに踊るほうが〈踊ってる風〉には見えやすいじゃないですか。シンプルな振りをしっかり踊るほうが見せかた的には難しいので、それは今回取り組んだ課題でした」

 

〈ザ・CUBRES〉なカップリング“手を繋ごう”

――カップリングについても訊かせてください。“手を繋ごう”も表題曲でもいいんじゃないかという名曲ですよね。

TAKA「ありがとうございます。歌にもパフォーマンスにも、いい意味でCUBERSらしさが出やすい楽曲かなと思ってます」

春斗「うん。ザ・CUBRESという曲かもしれない。僕は率直に青春を感じさせる曲だと感じました。この振りもキャッチーなんですよ。みんなが真似しやすくなるような」

「作詞は大西(洋平)さん、作曲が鎌田(瑞輝)さんで、これまでも作ってくださっていた方なので、こっちはいままでのCUBERSのよさが出ていて。ファンのかたに寄り添うような曲になっていると思います」

――歌詞の内容的にもそうですもんね。

春斗「人それぞれの解釈ができるとは思うんですけど、僕たちにとってはファン。ファンと一緒にがんばっていろんな景色が見れるよっていうことを感じ取っています」

綾介「ファンの人たちからしたら、僕らのことになると思いますし。学校のこと、家族のこと、恋人のこととか、聴く人によって違う見方ができるのもいいなと思います」

 

ファンと作った自己紹介ソング“Five Step”

――そしてラップ・ナンバー“Five Step”。いわゆる自己紹介ソングは初めてですか?

春斗「初めてです」

綾介「ついに僕らを知ってもらう曲が!」

春斗「歌詞の内容は、2月の全国キャンピングカーTOUR中に配信したLINE LIVEを通してファンのみんなと考えたんです。僕たちだけじゃなくファンの方の意見も入ってます」

TAKA「自分の紹介部分には、自分が関わってないんですよ」

綾介「4人とお客さんでアイデアを出したんです」

――本人以外が作っているんですね。

春斗「自分のパートに口出しできない」

綾介「僕のパートなんて〈まじ卍〉とか入ってますからね(笑)」

TAKA「らしさがまんま出てるよ」

春斗「僕なんて、たくあん好きじゃないのに〈たくあん大好き〉って入ってますから」

TAKA「好きじゃん」

綾介「よく食べてるんですよ。みんなが残したたくあんとかも」

――春斗さんの無意識下の好みをみんなが見ているということじゃないですか?

春斗「無意識ではないですけど(笑)」

TAKA「嫌いじゃないでしょ? 好きか嫌いかで言ったら?」

春斗「……いや好きだけど」

綾介「ほらほらほら!」

「好きだねえ」

春斗「いつもこうやって誘導されていきます」

綾介「自己紹介は部分はコミカルだったりするんですけど、サビのメロはめちゃめちゃかっこよくて、そのギャップも楽しいです。これは振り付けを僕がやるんですけど」

TAKA「ひとりひとりをフィーチャーする構成を考えてくれているので、ライヴでも盛り上がりそうだなと」

「“メジャーボーイ”は踊らないのがテーマだとすると、こっちはガツガツ踊る曲だよね」

綾介「僕のなかでは“メジャーボーイ”に負けないくらいの振り付けなのでぜひ見てもらいたいです」

――ラップに関してはいかがでしたか?

「春斗くん以外は全員初挑戦でした」

TAKA「レコーディングは遊び心があって楽しかったですね。1オクターブ下でフレーズ入れたり、声色を変えたり、フェイクを入れたりしていろいろ遊んだので、出来上がったときの達成感もすごかったです。歌詞だけじゃなく歌い方の個性も出てるよね」

「ガヤでデス・ヴォイスをやりました。CUBERSのレコーディングでデス・ヴォイスをやる機会がくるんだって驚きましたけど、それも楽しかったですね」

綾介「みんながいい意味で自分のクセを出せてる。ライヴのときはどうするのってくらい個性を出してるね」

 

メジャー・デビューはピークじゃない、ここからが勝負

――という3曲が収録されると。濃密なシングルですね。

TAKA「アルバムなんじゃないかっていうくらいCUBERSが詰まってます。これまでのCUBERSらしい曲もあれば新しい曲もあって、僕たちを知ってもらうための自己紹介ソングもありますし」

――メジャー・デビュー後のCUBERSはどうなっていくんでしょう。

綾介「上に行くしかない。一回も沈まず、ずっと右肩上がりで行きたいです」

TAKA「僕らはメジャー・デビューをピークにしてはいけないので、今回の作品もどんどん越えていかないといけない。ここからが勝負だと思うんですけど、そのためにはまず“メジャーボーイ”をしっかり盛り上げて、いい形でリリースしたいと思います」

「まずは知ってもらわなければいけない。いまだったらグループでの活動以外にもTAKAが舞台をやっていて、舞台を観た人がCUBERSを聴いてみて、いい曲を歌ってるんだって知るきっかけになったりもしていて。個人個人でも活動して輝いていくこともCUBERSにとって大事なことになるんだと思ってます」

――CUBERSは歌って踊るだけじゃなくて、〈人に知ってもらうこと〉に関しては本当に貪欲ですもんね。

TAKA「いまはポストカード1万枚配布をがんばってます。残り7,000枚(笑)。新しいキャッチフレーズが〈友情・努力・音楽!〉になったので、そこの努力は惜しまないでやってます」

※インタヴュー時

綾介「渋谷で、この衣装で配ってますから(笑)。好きになってもらう前にまずは知ってもらわないと、どんなに良い楽曲を作っても、良いライブをしても世に届かないので」

――つばさイズムが完全に刷り込まれてますよね。

春斗「そうか! 刷り込まれてたのか!」

TAKA「染まりました。最初の戸惑いはすごかったですけど(笑)」

綾介「メジャー・デビューしてもそこは変わらずにやっていくと思います」

「まずは“メジャーボーイ”のことを知ってもらって、聴いてほしいです。つんく♂さんも本当に熱意を持ってやってくださった作品なので。ミックスやマスタリングも、もう間に合わないぞっていうくらいギリギリまでこだわってくださったんです」

綾介「うん。いまはとにかく聴いてほしい。それが僕らの願いです」

 


Live Information
CUBERS 初の東名阪TOUR
〜SUMMER of MAJOR BOY〜

7月7日(日)愛知・名古屋 HeartLand
7月20日(土)大阪・心斎橋 LIVE HOUSE Pangea

〜SPECIAL SUMMER of MAJOR BOY〜
7月28日(日)東京・渋谷 WWW X

■チケットLINE最速先行
受付期間:5月6日(月)23:59 締め切り
CUBERS 公式LINEにて受付URLをお送りします。

■ホームページ先行
受付期間:5月10日(金)20:00~5月15日(水)23:59
https://l-tike.com/st1/cubers2019-hp

 


Event Information
CUBERSメジャーデビューシングル「メジャーボーイ」発売記念イベント
4月30日(火)愛知 名古屋パルコ 西館1Fイベントスペース
5月2日(木)宮城 泉中央駅前 おへそ広場
5月3日(金)群馬 高崎オーパ 2Fペデストリアンデッキ
5月4日(土)埼玉 大宮アルシェ イベントスペース
5月5日(日)千葉 セブンパークアリオ柏 スマイルパーク
5月6日(月)東京・練馬 としまえん それいゆ広場 それいゆステージ
5月7日(火)東京 タワーレコード渋谷店B1F
5月8日(水)東京 HMV&BOOKS SHIBUYA 7F
5月9日(木)東京 タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
5月10日(金)神奈川 タワーレコード横浜ビブレ店
5月11日(土)埼玉・越谷 イオンレイクタウンkaze
5月12日(日)東京・後楽園 東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
http://www.kingrecords.co.jp/cs/t/t11555/

関連アーティスト
プレイリスト
pagetop