2019.05.16

メジャー・デビューを飾るアルバムながら勢いに任せたテンションはなく、むしろメロウ度を気持ち良く深めた感じで、例えば“We are all”ならサックスの音色や泣きのギターにもスッと酔いやすくなったと思う。代表曲“君が誰かの彼女になりくさっても”“天王寺ガール”でさえ熱っぽく仕上げすぎず、リアレンジを熟慮した末に本来の魅力を見い出したかのよう。Sundayカミデのヴォーカルがくっきり映えている。

 

関連アーティスト
プレイリスト
pagetop