2019.05.21

結成10周年を経て発表される、約3年ぶりのオリジナル・アルバム。歪みや音数を絞り、ソフィスティケイトなファンク/ソウルの色合いを強めてはいるが、随所に顔を出すオルタナ、プログレ、クラウトロックのクロスオーヴァー感は、メンバーそれぞれの高い演奏技術に裏打ちされた、バンド最初期からの個性だと言えよう。ソングライティングの歌謡曲的な側面も含め、King Gnuのリスナーに再発見されたらおもしろいかも。

関連アーティスト
プレイリスト
pagetop