EVENT & LIVE REPORT

エクスプロージョンズ・イン・ザ・スカイやMONOの轟音に昇天。大盛況に終わった〈After Hours〉をレポ

エクスプロージョンズ・イン・ザ・スカイ Photo by 岸田哲平
 

13時の開演から21時50分のフィナーレまでみっちり付き合った。たっぷり9時間近い轟音の宴は、ぐったりと疲れたが、充実度合いもハンパなかった。

MONO、downy、envyの3バンドが主催し、内外5か国から筋金入りのインディペンデント・アーティストが東京に集結したエポックメイキングな都市型フェスティヴァル〈After Hours Tokyo 2019〉。日本では2年ぶりの開催だ。渋谷の同じビルに入った3つのライヴハウスが同時進行で計23組のアーティストを次々と送り出していく。

まずはTSUTAYA O-EASTの2階席で、主催者の1組でもあるMONOのライヴを体験。いきなりの重厚かつ劇的な爆音の洗礼をたっぷりと浴びる。イベントの幕開けとしてはあまりにヘヴィーだが、悲哀・怒り・喜び・絶望・希望などさまざまな感情が入り乱れ濁流のように押し寄せてくる情報量の多いライヴは、アーティストの本気が怖いほどに伝わってきて、オープナーとしては最高だった。

MONO Photo by 岸田哲平
 

そのまま同じ会場のセカンド・ステージで、5kaiのライヴを観る。変拍子を多用したシンプルで隙間の多いアンサンブルは、破綻する直前で踏みとどまっているような緊張感と絶妙なバランス感覚があっておもしろい。

5kai Photo by 朝岡英輔
 

続いてメイン・ステージに登場したdownyは、相変わらずクールでソリッドで変則的なポスト・ロックを、決して泥臭くならずスマートに、だがエモーショナルにプレイする。映像との融合で作られる世界観もほかにはない個性で、やはり唯一無二の存在感と感心させられる。

downy Photo by 朝岡英輔
 

ここで一旦O-EASTを出て、同じビルの1階にあるduo MUSIC EXCHANGEに移動しOOIOOを観る。このイヴェントのチケットが早々に売り切れたと聞いたとき、客が多すぎて入場制限の連続になるのではと懸念していたが、アーティストの各ステージへの配分や出演順、出演時間などの案配がうまくいったようで、入退場でのストレスはまったく感じなかった。

OOIOO Photo by 鳥居洋介
 

OOIOOはプリミティヴでオーガニックで大らかな唯一無二のオルタナティヴ・ロックを披露。驚かされたのはその後に出たLITEだ。ライヴを観るのは久しぶりだったが、シャープでモダンでスタイリッシュなポスト・ロックが途轍もなくカッコいい。裏でやっていたtoeを意識したようなMCもあったが、toeの骨太で逞しいグルーヴとは対照的に、細身だがムチがしなるような鋭利な音がいくつも交錯していく複雑な、だが無駄なくすっきりと整理された演奏は強力の一言。40分の持ち時間はいかにも短く、これはワンマンのライヴを観なくては、という気にさせられた。

LITE Photo by 鳥居洋介
 

現在の日本のロックの商業的な主流は、共感できる歌詞とキャラクターのおもしろさがほとんどすべてで、音楽的な妙味という意味では物足りないものも多い。LITEやMONOには一緒に歌えるポップなメロディーも人の背中を押すメッセージもおもしろいキャラクターもない。ただひたすらに音楽の深さと新しさと自由を追求している。そんな連中をメインストリームと区別して〈オルタナティヴ〉と呼ぶ。この渋谷の一角は、そんなオルタナティヴで自主独立の精神を忘れない音楽の解放区だった。

その後のmouse on the keysの洗練された演奏に後ろ髪を引かれつつ、O-EASTでエクスプロージョンズ・イン・ザ・スカイ。今年バンド結成20年を迎えたテキサスのポスト・ロックの雄。2016年に出演したフジロックの圧巻のライヴはいまでも語り草だが、この日も70分の演奏時間は短いようでもあり、長い長い映画を観ているようでもあり、ゆったりとうねる大河のような演奏は凄まじいばかりのスケールと強度と許容量で鳴っていた。

エクスプロージョンズ・イン・ザ・スカイ Photo by 岸田哲平
 

終了後duo MUSIC EXCHANGEに移動しBorisを途中から。各ステージ間の距離が短く素早く移動できるのでストレスが溜まらない。Borisの健在ぶりを確認し、再びO-EASTに戻りUKのスヴァールバルを途中から。ヘヴィなヴォーカルとサウンドと、たどたどしい日本語のMCのギャップが可愛い。

スヴァールバル Photo by 岸田哲平
 

そして長いイヴェントの最後はTSUTAYA O-CrestでVampillia。残念ながら主催者の1組であるenvyのライヴは入場制限で観ることが叶わなかった。ここまでO-Crestのライヴを観なかったのは、出演アーティストの問題というより、長いイヴェントでもあり、5階まで階段で上がることによる体力消耗を避けたかったというのも大きい。ここまで轟音を浴び続けクタクタになったカラダは、最後の最後に5階分の階段を上って根こそぎ体力を奪われ、ライヴの前には最後まで持つだろうかと心配だったが、まったくの杞憂だった。強烈な爆音、比類なき個性、圧倒的な演奏力と高い音楽性、一瞬も緩まぬテンションの持続。フィナーレに相応しい強烈なエネルギーに満ちた演奏は圧巻と言うしかなかった。

Vampillia Photo by 本田裕二
 

こうして9時間近くにも及んだイヴェントは終了した。繁華街のど真ん中での開催で、各ライヴハウスには出入り自由。私はほとんどの時間をライヴハウスの中で過ごしたが、途中抜けして遊びに行ってもいいし、息抜きにどこかカフェでくつろいでもいい。楽しみ方も過ごし方も各自に任されている。それはこのフェスを通じて主催者が提案したかったものでもあるだろう。そこで聴く音楽は、現在の日本のロックの主流とはかけ離れたものかもしれないが、間違いなくその存在感は大きく増しつつある。そう確信した。

envy Photo by 岸田哲平
 
Photo by 川澤知弘

 


〈After Hours TOKYO '19〉
2019年5月12日 東京・渋谷TSUTAYA O-EAST、duo MUSIC EXCHANGE、TSUTAYA O-CREST
出演:エクスプロージョンズ・イン・ザ・スカイ(US)/エイミング・フォー・エンリケ(ノルウェー)/スヴァールバル(イギリス)/レッドネック・マニフェスト(アイルランド)/MONO/envy/downy/toe/Boris/Killie/PALM/bacho/heaven in her arms/LITE/OOIOO/Vampillia/skillkills/NOT ll BELIKESOMEONE/5kai/SOIL&"PIMP"SESSIONS/mouse on the keys/Role/FIXED

40周年プレイリスト
pagetop