INTERVIEW

Kan Sano『Ghost Notes』 トレンドとは別のところにある自分なりのネオ・ソウル

Kan Sano『Ghost Notes』 トレンドとは別のところにある自分なりのネオ・ソウル

詞、曲、歌、演奏などすべて自身で担い、物静かでパーソナルな世界観のなかに滋味深く美しいポップネスを映したニュー・アルバム『Ghost Notes』

自分なりのネオ・ソウル

 前作『k is s』以降も数多のプロデュース・ワークを手掛け、さまざまな領域にその名を浸透させてきたKan Sanoが、4枚目のオリジナル作『Ghost Notes』を完成させた。本作は、キーボードやドラムスなどすべての演奏からヴォーカル、作詞/作曲、ミックスに至るまでをたったひとりで担ったという文字通りのソロ・アルバム。どこか70年代のニュー・ソウルやシンガー・ソングライターに通じるような、パーソナルな佇まいを持った作品だ。

 「前作は打ち込み主体でたくさんのゲストに参加してもらったんですけど、その反動もあって、今回は生音主体でシンガーも迎えずにすべて自分で作るということを最初に考えました。それから、自分が十代の頃から聴いていたソウル~ネオ・ソウルにもう一度向き合って、自分なりのネオ・ソウルを形にしたいという気持ちがありましたね」。

 これまでの作品の端々からも多大な影響が見て取れた〈ネオ・ソウル〉というお題目にアルバム一枚を通して取り組むことができたのは、キャリアを積み重ねてきたいまだからこそとSanoは語る。

 「ネオ・ソウルのなかでも、自分はJ・ディラが打ち込んだビートよりクエストラヴが叩いた生のサウンドのほうが好きで。だから、やるなら生で作りたかったんですけど、以前は演奏の力量がなかった。でも、30歳を過ぎた頃から自分の演奏に自信もついてきて、いまならありのままのプレイを聴かせる作品が作れると思えたんです。ネオ・ソウルは自分の血肉になっているものなので、それをそのまま丁寧にアウトプットすればいい。それだけでおもしろいものができるという確信がありました」。

 「生々しくしたかった」というアンサンブルはミニマルかつソリッドに鍛錬されており、琴線を震わせるメロウネスと官能的なグルーヴとが、贅肉を削ぎ落としたシンプルなプロダクションで成立していることに驚かされる。

 「今回はどの曲もフェンダー・ローズとベースとドラムスが基本になっています。いまはシンセ・サウンドが溢れているけど、自分はシンセに頼らずに必要最低限の要素だけで成立させて違うところに行きたかった。ただ、回顧主義的にはなりたくないので、ドラムスにTR-808のキックを重ねたりして、いまの重心の低いサウンドと並べても違和感のないように細かいバランスは注意しました。それから、微妙な小さなニュアンスを大事にしたかったことも音数を絞った理由です。ハイハットの16ビートのニュアンスだったり、フェンダー・ローズから指を離す時に入るちょっと軋む音とかが、シンセでは出せない独特のグルーヴ感に繋がってくる。そういうところを聴かせたいので、音を詰めすぎたくなかったんです」。

 そして、自身のヴォーカルを全編でフィーチャーし、これまで以上に堂々と泳がせていることも大きな聴きどころだろう。ウィスパーを多用したシルキーな肌触りの歌声と、ゴリゴリした質感のタフなサウンドとのコントラストが新鮮で、過去のソウルの名作群とも異なる、無二の個性をアルバムに付与している。

 「以前は、声もサウンドの一部みたいな捉え方だったんですけど、今回はいままでより楽曲のなかでのヴォーカルの比重が大きい。とは言え、自分はいわゆるシンガーではないので、歌にすべてを任せたくないし、トータルのサウンドで表現したい。歌をどれだけ立たせるか、どれだけトラックに溶け込ませるか……何度も歌い方を変えて試行錯誤しました。自分にしかできない歌い方をずっと模索していて、まだ答えは出ていないんですが、そのひとつの結果がこの作品ですね」。

 

夜に向き合いたくなる音楽

 選び取られた日本語詞の言葉もまた、歌い手としてのKan Sanoのキャラクターを特徴づけている。私的な感情を何気ない言葉で綴った詞世界は、ソウル・シンガーよりもむしろフォーキーなスタイルのアーティストとの共通項が見出せるし、そのことが作品のパーソナルな有り様の下地になっているように感じられるのだ。

 「“Stars In Your Eyes”では音楽用語をたくさん使っているんですけど、それは音楽用語が自分にとっていちばんリアリティーのある身近な言葉だからです。僕は、七尾旅人さん、長谷川健一さん、寺尾紗穂さんといった日本語の響きに重きを置いている弾き語りの人が好きで、そういう人たちって、やっぱり私的なことを歌っている。僕も、自分の感情に基づいた曲しか作れないなと。だから、個人的な気持ちを吐露するような歌が多くなりましたし、それは普段聴いているものの影響なのかなとも思いました」。

 自身のルーツと真摯に対峙し、サウンドをストイックに研鑽し、個人的な言葉を紡いだ本作は、流麗な歌もの中心のポップな仕上がりではあるのだが、カラフルな装いだった前作『k is s』とは対極とも言える、ディープな滋味とメランコリックな美しさを備えている。

 「前作の頃までは、世の中の状況とか音楽シーンに希望を持っていたんですけど、いまは世の中と自分との縮めようのない距離を感じていて。ネガティヴになっているわけではないんですけど、世の中にあまり期待していない。自分が聴きたい音楽はトレンドとは別のところにあって、それを実現できるのは自分しかいない。自分を満足させるのは自分しかいない。そういう気持ちで作ったので、すごく個人的なアルバムになったんです。だから、もっとアヴァンギャルドになる可能性もあったと思うんですけど、結果的には意外とポップになったなと感じてますね」。

 なお、初回限定盤には、ディアンジェロやマーヴィン・ゲイ、スライ&ザ・ファミリー・ストーン、サム・クックといったレジェンドの名曲をソロ・ピアノで取り上げたカヴァー集が付属するのだが、こういった先達の名作と同様に、夜にひとりで向き合いたい内省的な感情に訴えかける力を『Ghost Notes』は持っているし、そのことが本作の最大の魅力と言えるだろう。

 「僕自身が音楽に、夜に向き合いたくなるようなものを求めているんですよね。普段聴いているものって、ひとりでヘッドフォンで聴くような音楽で、みんなでワイワイ聴くようなものではないんです。歌詞にしても一対一のイメージで書いているし、聴き手の心の奥深くに潜り込めるような音楽を作りたい。今回で自分のバックグラウンドのなかで大きな位置を占めるネオ・ソウルにひとつ決着を付けられた気はしているので、これで次に進めるかなと。なので、次は全然違うものを作るかもしれないですね。ピアノ・トリオとかフュージョンとか、やってみたいことはいろいろあるので」。 

 

Kan Sanoの2016年作『k is s』(origami)

 

文中に登場したアーティストの作品を紹介。

 

次ページ自身の作品を越えて広がっていく、kan sanoの華麗なるプロデュース・ワークをおさらい
関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop