INTERVIEW

ZOC『family name』 平成を捨てて支配領域を拡大していく異端児たちが最高のデビュー・シングルを語る

ZOC『family name』 平成を捨てて支配領域を拡大していく異端児たちが最高のデビュー・シングルを語る

すでに話題騒然! 個々のさまざまな話題に加えて最高のデビュー・シングルを届け、平成も十代も余裕で捨てて俄に支配領域を拡大していくZOCから目を離すな!!

 かねてからアイドルへの愛を表明し、実際に楽曲提供などを通じて多彩なアイドルと関わってもきたシンガー・ソングライターの大森靖子。そんな彼女が自身をプロデューサー兼メンバー兼同志を表す〈共犯者〉と位置付けて結成したアイドル・グループこそZOCです。選ばれたメンバーは、生ハムと焼うどんで名を馳せた西井万理那(APOKALIPPPS)に加え、いずれも大森が選考委員を務めるオーディション〈ミスiD〉出身者の藍染カレン、戦慄かなの、香椎かてぃ、兎凪さやか。大森のアルバム『クソカワPARTY』収録の“ZOC実験室”を前兆として昨年9月に初舞台を踏んだ彼女たちは、紆余曲折ありつつ平成最後の日に“family name”でT-PaletteからCDデビューを飾ったばかり。自己肯定を歌い上げるラウドで繊細なピアノ・ロック調の表題曲、サクライケンタ編曲のポップなカップリング“チュープリ”という収録曲は共に大森が詞曲を担当したもので、すでに話題の輪を大きく拡げつつあります。今回はそんなメンバーたちの横顔が窺えるインタヴューの模様をお届けしましょう。なお、取材は平成31年のうちに行われたものです(戦慄かなのは当日欠席)。 *bounce編集部

 

仲良くなってきた

——西井さんに以前〈APOKALIPPPSとどういう違いがあるんですか?〉って訊いたら、〈APOKALIPPPSはオアシス、ZOCは戦場〉って言ってたけど。

西井万理那「気まずい(笑)。でも、ZOCは仲良くなってきたなーって思う、最近(笑)」

大森靖子「ここ一週間くらい(笑)」

西井「前より戦場感は薄れてきてる」

大森「個人の活動がある人と、ZOCに賭けてる人で意識の差が生まれたりとか、ライヴ・パフォーマンスをがんばる人と、ネットでの活動をがんばる人だったり、ダンスがんばったほうがいいでしょって人がいたりだとか、MCをちゃんとやったほうがいいとか、それがバラバラなのが観てる側はいいんですけど、本人たちのこだわりとしては〈なんだ?〉って思いやすいんだと思います」

藍染カレン「当たり前にぶつかることは多いと思う。でも仲良くなってきた」

兎凪さやか「仲良いよー(笑)」

——取材前にも不穏な話をしてたじゃないですか。大森さんも大変な人たちを集めて。最初からある程度の覚悟はしてたんだろうけど。

西井「ここまでだとは思わなかった?」

大森「うーーーーーん」

一同「(笑)」

大森「ブロックし合うとか仲悪いとかはともかく、ステージに上がる気持ちとかはプロとしてやっているところなので、たまに〈ここから話さなきゃいけないのか〉〈あっ、これも言わなきゃわかんないやつか〉ってのはあります。まあ、一個ずつ言っていくしかない」

——大変な作業をやってると思いますけど。

大森「他の運営さんとか見てたら、ああいうふうにやったほうがいいのかなとか」

——もっと厳しく。

大森「〈お前ら、やる気あんのかー!〉みたいにやったほうがいいのかなとか」

——3時間くらい説教してるみたいな。

大森「で、15分くらいやって心折れて、〈あ、向いてない〉みたいな。〈まあ、そんな感じでがんばろっか!〉で帰っちゃう(笑)」

藍染「ほんまに言ってほしくなっちゃう。見ててどうなの?って思っちゃう時はある」

大森「たまに言います。個別に」

——説教されたいって子は意外にいますよね。

藍染「言われたいです。ちゃんと叱られたい」

兎凪「やだー。怒られたくないですよー」

西井「そういうとこだよ」

藍染「言ったほうがいい人ほど怒られたくないってとこありますよ(笑)」

——怒られたがってる人はだいたいわかってる人っていう。

大森「そういうとこはありますよね」

香椎かてぃ「さやちゃんもね、でも、心入れ替えてがんばるって」

兎凪「入れ替えたんですよ」

——何があったんですか?

兎凪「人間的にダメで、一瞬グレたんですよ」

藍染「悪いことしたとかじゃなくて心がちょっとグレて。でも軌道修正してまた1からがんばっていこうってなったんだよね」

兎凪「ただいまーって復帰しました」

——何があったんですか?

兎凪「うーん、グレたんですよ」

——わかんないですよ(笑)。

大森「バズってるメンバーがいるじゃないですか。いまのところライヴ・シーンでちょっとずつ活動して、ちゃんと地盤を作って、ってところからやってるんですけど、だんだん画像でバズったりTVに出るメンバーが出てくるなかで、自分もそのスタンスを真似したほうがいいのかって思っちゃったりして」

——そうか、悪そうな方向でバズってる人がいるから。

大森「カレンちゃんがかてぃの自撮りを真似しだしたり、さやぴがちょっと強い口調になっちゃったりして、〈それ違うんじゃね?〉ってちょっとずつ気付くって作業の繰り返しです」

——大変ですね、そういうところもまず管理しないと。

兎凪「この間、新大久保で靖子ちゃんとかてぃと3人でご飯食べて大号泣しながら語り合ったんですよ。で、改心しました。私が間違ってました」

——羨ましく思っちゃったんですか?

兎凪「羨ましくなっちゃったんですよ。ヤバい、どうしようって。自分も強くなれば行けるって思っちゃったけど、行けなかった」

——行けないでしょうね。

大森「全員がTVとかで取り上げてもらってるみたいな強いキャラなわけではなくて、バランスが取れているから成り立ってるものを、ああいう感じでバズってるからああいう感じにしなきゃいけないんだって、他のメンバーが思っちゃうのはあると思うんですけど、にっちゃんはそういう時にどう思ってるんだろ?っていつも思う」

——西井さんはいろいろあったからマイペースですよね。

西井「メンバーがバズってるの見て、マジZOC入って良かったなーって思って。グループだからさ、相乗効果じゃない。一人でも多くバンバンバズったほうがいいじゃん。だからZOC入って良かったなーって」

——やっぱり一回苦労してるといいですよね。そういう視点が出て。

西井「それはそう」

 

次ページここに懸ける思いはある
タグ
pagetop