INTERVIEW

天才で変態なリー・ペリーをTAMTAMクロ&高橋アフィが語り尽くす!

エイドリアン・シャーウッドと作った新たな代表作『Rainford』

(左から)リー・スクラッチ・ペリー、エイドリアン・シャーウッド
Photo by Daniel Oduntan

レゲエ/ダブ界の生きる伝説、リー・スクラッチ・ペリーがニュー・アルバム『Rainford』をリリースした。〈待望の〉と冠に付けるには、リイシューや名義貸しのようなアルバムが乱発されすぎている状況だが、本作は決定的な作品と言っていい。というのも、『Rainford』は長年の盟友であるプロデューサー、エイドリアン・シャーウッドが全面的に手掛けたものだからだ。

2008年作『The Mighty Upsetter』以来11年ぶりのタッグとなる本作には、前作と趣の異なる刺激的なサウンドが詰まっている。アップセッターズ『Super Ape』やマックス・ロメオ『War Ina Babylon』(共に76年)といったクラシックを生み出したリー・ペリーのブラック・アーク・スタジオ時代や、On-Uサウンドで実験を重ねていたシャーウッドの充実した80年代作品を彷彿とさせる音が飛び交いつつも、その仕上がりは至ってモダン。マジカルなサウンドが敷き詰められたなか、リー・ペリーは、自由自在なヴォーカルで独特の詞世界を展開している。

そんなリー・ペリーの新作と彼の魅力について、今回はアルバム『Modernluv』(2018年)が好評を呼んでいるTAMTAMのクロ(ヴォーカル/トランペット/シンセサイザー)と高橋アフィ(ドラムス/プログラミング)の2人に語ってもらった。レゲエ/ダブのサウンドを現代的にアップデートし、ジャンル横断的なポップ・ミュージックを奏でている2人にとってのリー・ペリーとは?

新作を機に改めてリー・ペリーの奥深い世界に足を踏み入れてみたい、という方にとっての入門編にもなっていれば幸いだ。

LEE "SCRATCH" PERRY Rainford On-U/BEAT(2019)

TAMTAMクロ&高橋アフィの、リー・ペリーとの出会い

――お2人のリー・ペリーの音楽との出会いは?

クロ「私は高校生の頃、ブラック・ミュージックを中心に掘っていくなかでレゲエと出会って好きになって。その頃、マックス・ロメオやヘプトーンズの作品を聴いていたんですけど、リー・ペリーがエンジニアで関わっていたことは後から知りました。

一方で、リー・ペリー名義の曲でいちばん最初に聴いたのは何だっけなって思い出してみたら、このトロージャンのコンピレーション(2002年作『Trojan Bob Marley & Friends Box Set』)でした。なんか変なおじさんだなって(笑)」

クロ所有の『Trojan Bob Marley & Friends Box Set』。リー・ペリーやピーター・トッシュ、ジョー・ヒッグスらウェイラーズに関係する60~70年代の楽曲が収められたCD 3枚組

――レゲエのヴォーカルといえば、ロメオのように伸びやかに美しく歌うスタイルがイメージされますが、一方でリー・ペリーのようにダミ声でしゃべるようなスタイルもあるんですよね。なのでシンガーとして聴くと、〈なんだろうこの人?〉となる。

クロ「ラップとも違う、いわゆるトースティングですよね。U・ロイとかと同時期に聴いて、こういう自由度の高いスタイルがあるのかと思った覚えがあります」

高橋アフィ「僕はレゲエ・サークルに入っていたこともあって、新入生の頃に『Super Ape』を〈名盤だから知っておこう〉と思って聴いたのが最初です。ボブ・マーリーのベスト盤みたいなポップなのを期待していたのに、ずっと変な曲ばかりで、いったいこの人は何者なんだろうと(笑)。

しかもこのアルバムのリー・ペリーは、プロデューサーなんですよね。なのでヴォーカリストというよりも、ダブ・エンジニア/プロデューサーとしての印象が強かったです」

※TAMTAMは早稲田大学の中南米研究会というサークル内で結成

 

リー・ペリーの楽曲を完コピしてみる

――それぞれリー・ペリーとの接し方が違っていたわけですね。

高橋「……いま思い出した! 先輩たちのバンドに参加したら、リー・ペリーの曲を完コピしようとしていたんですよ。それで、変なところで音が抜けたりするのを全部細かくメモっていて。〈裏打ちを2回打って1回休む〉〈ここは弾かない〉〈ブレイクのときは2拍休む〉みたいな(笑)。ダブってこうやって演奏するんだなって思っていました(笑)」

クロ「細かいズレの再現が大変だったよね」

――そもそもダブって、録音したものをミキシングでいじっているから、ああなっているわけですよね。それを生演奏でやろうとした?

高橋「素直に、原曲がこうだからそのとおりにやるしかないよねって」

――歌も途切れたりしますよね?

高橋「途切れ途切れに歌ってましたね」

クロ「〈ここは一言歌って8小節休み〉みたいな(笑)」

高橋「ミキサーでフェーダーを下げて音を消しているところも演奏しないといけないから、ただ〈音が鳴っていないなら弾かない〉っていうふうに。そういうところで、リー・ペリーにはすごく迷惑をかけられた思い出があるんです(笑)。“Disco Devil”(77年)をカヴァーしたとき、〈これ、途中でイントロに戻ってない?〉ってなったり」

リー・スクラッチ・ペリー&ザ・フル・サークルの77年の楽曲“Disco Devil”。マックス・ロメオ“Chase The Devil”のトラックでリー・ペリーが歌っている、70年代ブラック・アーク時代を代表する名曲

――見方を変えると、J・ディラのヨレたビートをクリス・デイヴのようなジャズ・ドラマーが模倣したことにも近いかもしれません。

高橋「確かにそうですね。演奏する前提でダブに接したというか」

クロ「なによりやってみると楽しいし」

――その経験があって、いまのTAMTAMがあると。

高橋「そう思うと影響を受けていますね。ギターや歌からドラムまで、なんでもエフェクトをかけてもいいとする考え方はもちろんですが、〈最終的にかっこよければOK〉みたいなアレンジの感覚についても、リー・ペリーの変態さで耐性がついた気もします」

 

ライヴではオーディエンスと体操

――それ以外に、リー・ペリーについてのエピソードってありますか?

高橋「かなり前なんですが、ライヴを観に行きました。そのときの印象は、レゲエの上でずっとぼやいている人というか(笑)。〈いまからやるのは俺が作った曲のなかでも、みんなが知ってるものだ〉って言ってボブ・マーリーの “Punky Reggae Party”(77年)を始めて、演奏中も〈これは俺が作ったんだ〉って言っていたり。あと、アンコールで体操をさせられて(笑)」

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの77年の楽曲“Punky Reggae Party”。リー・ペリーがプロデュースしており、ボブ・マーリーの代表曲として知られている

――どういうことですか(笑)?

高橋「リー・ペリーが観客の手を挙げさせて、ずっとこういう(頭上で図形を描くような)腕を動かす運動を始めて。それでヌルっと終わったんですよね」

――ええっ……。音は鳴っているんですか?

高橋「いや、音は鳴っていなくて。想像以上にヤバい人なんだなって知りましたね(笑)。クロちゃんも行ったよね?」

クロ「行きましたね。2009年だったと思います。頭から煙が出る帽子を被っていて。宇宙と交信してる……的な?」

※2009年6月7日に東京・恵比寿LIQUIDROOMで開催された来日公演。エイドリアン・シャーウッドも帯同した

リー・スクラッチ・ペリー&サブアトミック・サウンド・システムの2019年のライヴ映像。彼らは2017年にアルバム『Super Ape Returns To Conquer』を発表している

 

リー・ペリーのシンガー/ヴォーカリストとしての魅力は?

――今回のアルバム『Rainford』は、シンガー/ヴォーカリストとしてのリー・ペリーをフィーチャーした作品だと思います。彼のそういった側面についてはどう思われますか?

クロ「ライヴを観たときから、シンガーというか、フロントマンとしてはものすごい存在感があると思っています。レコーディングもライヴも結構即興でやっているんじゃないかなって」

――確かにそれは感じます。

クロ「昔DRY&HEAVYのベーシストの秋本(“HEAVY”武士)さんとアフィさんたちとでスタジオに入ったことがあって。リディムものをやっているとき、私はヴォーカルで知っているメロディーを歌ったり、フェイクをしたりしていたんです。途中で秋本さんから〈思い付いた言葉をなんでも言っていいよ〉って言われたんですけど、私、普段から歌詞をすっごく推敲するから、それができなくて。

レゲエのワードの置き方ってラップや即興の歌唱とはまた違って、もう少しインスピレーションそのままなんですよ。リー・ペリーはそれを自然にやっていて、あのとき秋本さんが言っていたのはこういうことだったのかなとアルバムを聴いて思いました」

高橋「歌い方でいうと、このアルバムはリー・ペリーの歌と演奏の関係自体が独特なんですよね。フロントマンだけれどいちばん自由というか、曲や演奏から野放しにされているというか、良い意味で演奏と呼応していないおもしろさがあると思います。一方、演奏も歌と関係なくどんどん盛り上がって展開していますし。この噛み合わなさが絶妙で、ヴォーカルを聴くのでも演奏を聴くのでもエフェクトを聴くのでもない、リー・ペリーらしいカオスさがかっこよかったです。

思い返すと、ライヴでもリー・ペリーのヴォーカルだけが残ったり、逆に歌が早めに終わっちゃったり、ということもありました。〈ここはメロを歌う〉〈ここはギター・ソロだから歌わない〉みたいな考え方じゃないんだろうなって。バックの演奏はあってもいいし、〈ないなら俺が一人残る〉みたいな。

エイドリアン・シャーウッドはたぶんそこを意識していて、リー・ペリーを好きに遊ばせるような作り方をしたのかなと」

クロ「確かに」

『Rainford』トレイラー

高橋「その作り方が、大量に出ている他のリー・ペリーのアルバムと違う良さだと思います。シンガーとしてのリー・ペリーの良さって、中心にいるような存在感はあるけれど、ずっと責任感がない感じの特殊さかなあって。

そこに負けないようにエイドリアン・シャーウッドも大暴れしていて、例えば5曲目の“Makumba Rock”は至る所でクイーカの音が入っていて」

※サンバなどのブラジル音楽で使われる打楽器

クロ「あの曲はブラジルでの録音なんですよね」

高橋「リズム隊にはめちゃくちゃエフェクトがかかっているし、クイーカは暴れていて、情報量としてはもうミチミチなんですけど、そこにリー・ペリーが遠慮せず、空気も読むことなく〈いや、俺はフロントだから〉という感じでずっとしゃべり続けているところが、絶妙なバランスでうまくいっていますよね」

クロ「少し異質な音が飛び込んでくるほうが、リー・ペリーも調子が良さそう。曲と会話しているというか、セッションしている感じで、リー・ペリーが音に刺激されてどんどん高まっていく感じ。直球で歌モノの“Let It Rain”も良いけど、個人的には“Makumba Rock”みたいな連鎖的に爆発が起きているときが、リー・ペリーのシンガーとしての本懐な気がして」

『Rainford』収録曲“Makumba Rock”

――これはこじつけですけど、リー・ペリーのスタイルは、いまのトラップやエモ・ラップにも近いんじゃないかと思って。

クロ「それ、私も思いました!」

――いまのラッパーは、ビートを聴きながら即興でラップしたものをそのまま録音したり、それを基に詞を考えたりするといいます。言葉遊びや韻の感じから、リー・ペリーもそれに近いのではと。そもそもラップにはレゲエのトースティングからの影響があるとも言われています。

高橋「確かに、リー・ペリーの歌ってマンブル(不明瞭な発声)ですからね。言われてみれば、フューチャーみたいな声(笑)」

――元からエフェクトがかかっているような声質で。

クロ「トラップって、リリックの内容とラッパーのキャラクターの関係がすごく大事じゃないですか。そういう意味で、リー・ペリーは無敵感がありますね」

――これも無理矢理ですけど、2018年にトラヴィス・スコットとエイサップ・ロッキーがそれぞれ『Astroworld』と『Testing』というサイケデリックなアルバムを出したので、その流れでも聴けるかもしれない。

高橋「バックが攻めれば攻めるほど輝く、サイケデリックなヴォーカルですよね」

 

唯一無二の歌詞世界

――ユニークだと言われる、リー・ペリーの歌詞についてはいかがですか?

クロ「めちゃくちゃなように思えて、ちゃんと収拾がついてるんですよね。正直、いままでリー・ペリーの歌詞に注目していなかったし、さっきもアフィさんがマンブルだって言っていましたけど、リスリングもしづらい。でもこうやって改めて読んでみると、すごく芯が通っているというか」

高橋「サイケデリックな言葉遣いのなかにも曲ごとにしっかりテーマがあって、読み物としてもすごくおもしろい。いまさらリー・ペリーの歌詞の魅力に気づきました」

――新作を入り口に彼の詞世界を知っていくということで。僕も訳詞を読んで、ぜひ対訳付きの国内盤CDを買ってほしいなと思いました。

クロ「彼のインスピレーションから来た異質な言葉の置き方が天才的なんですよね。ストーリーはちゃんとあるんだけど、異質な言葉がその規模感を撹乱するような役割になっていて。作詞には真面目なことを真面目に書いてもダメみたいな側面があると思うんですけど、リー・ペリーは非日常な言葉で説得力を持たせられる人で。歌詞全体に不思議な雰囲気がありますね」

――一方で、ラスタらしい反骨精神が変わらずにありますよね。国内盤ボーナス・トラックの“Heaven And Hell”では〈国際通貨基金を追い出せ〉と歌っていたり。

クロ「基本的には反体制ですよね。でも、表現が詩的」

――このアルバムは、エイドリアン・シャーウッドが言うようにリー・ペリーの私的な面が出ていることも特徴ですよね。最後の〈アップセッター自叙伝(“Autobiography Of The Upsetter”)〉では、生い立ちから赤裸々に語っています。お父さんがフリーメイソンだったとか……。

クロ「これ、衝撃ですよね」

高橋「いきなり出てきたのでびっくりしました。他にもボブ・マーリーやマックス・ロメオなどの名前も出てきて、リー・ペリーから見たレゲエ史的なおもしろさがありましたね」

 

『Rainford』の古くて新しいダブ・サウンド

――『Rainford』におけるエイドリアン・シャーウッドのサウンドや音作りについてはいかがですか?

高橋「エイドリアン・シャーウッドとの前作は、リー・ペリーのレゲエを(2008年当時の)イマ風に変えたようなサウンドでした。バキっとした質感も含め、進化していくレゲエというか。

対してこのアルバムは、未来と過去を並列に扱っているような変な印象なんですよね。楽曲自体はルーツ・レゲエっぽさが強いんですが、回帰というよりも、リー・ペリーの過去作品の混沌とした雰囲気に新しさと可能性を発見したようなフレッシュさというか。再現でもアップデートでもない妙な風通しの良さがおもしろいですね。モダンへの志向はないのに、いままでのリー・ペリーのいろいろな要素を持ってきたら、結果的にモダンにも聴こえた、みたいな」

『Rainford』収録曲“House Of Angels”

――なるほど。

高橋「それと、デジタルっぽい音とヴィンテージっぽい音って、一般的には曲ごとに使い分けるんですけど、このアルバムはそのバランスがごちゃごちゃになっていて。そうやって、音色もリー・ペリーがやってきた、ルーツ・レゲエからダブ、ダンスホールまでさまざまな音楽が混ざった作りになっていますよね。例えば、ハイハットだけは打ち込みっぽいけど、他の音は生っぽいとか。

結果として、バッドバッドノットグッドが古い機材と新しい機材を混ぜて使って録った音や、デジタルっぽいピアノの音を使っている最近のテーム・インパラの曲にも近い印象です。音色の組み合わせのおもしろさで、ヴィンテージな音色をそのままモダンにしていますね」

『Rainford』収録曲“African Starship”

――確かにそういった、音色の面で尖ったことをやっている現行のバンドの作品と並べて聴けそうですよね。

高橋「それとリー・ペリーって、例えばドアが閉まる音を入れたりとか、サウンド・コラージュっぽいことをするじゃないですか」

――“Kentucky Skank”(72年)というケンタッキーフライドチキンに捧げた曲で、フライドチキンを揚げる音が入っていたり……。

高橋「そういう感じで、“Makumba Rock”のクイーカや“Let It Rain”で聴けるチェロもそうなんですが、このアルバムには、なんで入っているのかよくわからないけど重要な音が入っている。

でも、その要素をいちばん感じたのは、本作のリー・ペリーのヴォーカルなんですよね。〈よくわからないけど重要〉という怪しさがまさに。ダブ・エンジニアとしての奇才っぷりがヴォーカルと地続きだったことがやっとわかって、〈リー・ペリーのキャリアの代表作を聴いている!〉とグッときました。リー・ペリーの作品をいちばん最初に聴いたときのあの不思議な感じがあって、すごく良かったです」

『Rainford』収録曲“Let It Rain”

クロ「一聴してマイルドな感じもありますよね。エイドリアン・シャーウッドといえば、どちらかというとバキバキなサウンドの時期を思い出すんですけど、個人的には音が鋭すぎて、時間が経つと逆に年代を感じて聴きにくかったりして。この新作はオールタイムで聴けそうな感じがする」

高橋「そうそう、マイルドな音作りでチル系かなって思ったんですけど、そのわりにリー・ペリーはずっとアッパーなんですよ。その狂気感もおもしろい」

クロ「ジャマイカの音楽はそういうところがあるよね」

高橋「うん。この〈チルだけどアッパー〉な、矛盾しているものを当たり前に両立させるところが、リー・ペリーの魅力ですね」

 


LIVE INFORMATION
■TAMTAM

大雪山ミュージックフェスティバル 2019
6月29日(土)、30日(日)北海道・東川町文化交流センター せんとぴゅあI
※30日はminisetでの出演
FUJI ROCK FESTIVAL '19
7月26日(金)新潟・湯沢町 苗場スキー場

pagetop