COLUMN

映画「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」 レコード店を営む父と医大を目指す娘 ――二人でひとつの人生から、それぞれの人生へ

©2018 Hearts Beat Loud LLC.

娘大好きな元バンドマンの父親と、将来の夢のために医大を目指す娘。
友達親子で作った曲がヒットしちゃって大変なことに! 二人に訪れる決断の時。あなたならどうする?

 音楽好きにとって、レコード店は人生の縮図。店に並んでいるレコードを見ていると、知っているレコードを初めて聴いた時のことを思い出す。そして、そこには音楽との出会いだけではなく、人との出会いもある。ブルックリンで小さなレコード店を17年に渡って経営してきたフランク・フィッシャーにとって、店は人生そのものだろう。『ハーツ・ビート・ラウド』は、そんなフランクと娘のサラの物語だ。

 ブルックリンの海辺の町、レッドフックにあるレコード店、「レッドフック・レコーズ」。店内を見回せば並んでいるのはアナログばかり。しかも、店主のフランク(ニック・オファーマン)は客がいても、お構いなしに煙草を吸う。すっかり、今の社会から取り残されたレッドフック・レコーズは赤字続きで、しかも、フランクの母親のマリアンヌ(ブライス・ダナー)は痴呆症で一人で放っておかれない。フランクは一人娘のサム(カーシー・クレモンズ)が大学に進学してLAで一人暮らしを始めたら、店をたたんで転職しようと心に決めていた。

©2018 Hearts Beat Loud LLC.

 そんなフランクにとって、唯一の楽しみはサムと一緒に音楽をすること。サムが受験勉強で忙しそうにしていても、「セッションしよう!」としつこく誘う。というのも、サムは元ミュージシャン。妻の事故死で人生は大きく変わってしまったが、音楽に対する情熱だけは失っていなかった。自宅で親子でセッションしている様子からは、サムが子供の頃から二人で一緒に音楽をやっていたことが伝わってくる。

 そんななか、サラがふと弾いたキーボードのフレーズにピンときたフランクは、そのフレーズをもとに二人で夜通しセッションして《ハーツ・ビート・ラウド》という曲を作り上げる。サムの才能を確信したフランクは「バンドを組もう」とサムに迫るが、「私達はバンドじゃない!(We’re not a band!)」と言い返されてしまう。それならば、とフランクは〈ウィー・アー・ノット・ア・バンド〉というバンド名で、Spotifyに《ハーツ・ビート・ラウド》をアップロード。すると、インディーの人気曲を集めたプレイリスト、“ニュー・インディー・ミックス”に入り、思いがけず〈ウィー・アー・ノット・ア・バンド〉は注目を集めることになる。親子バンドを組みたいフランクと、大学入学を控えたサム。それぞれの将来を巡って親子の思惑が交差する。

©2018 Hearts Beat Loud LLC.

 物語はフランクとサムの関係を縦軸にしながら、そこにそれぞれの人間関係が加わることで親子が属する社会を浮かび上がらせている。フランクの親友のデイヴ(デッド・ダンソン)は酒場のマスターで、気が向いたらマリファナを吸うためにウッドストックまで出掛ける独身の自由人。そして、フランクが店舗を借りている大家のレスリー(トニ・コレット)も独身で、よくフランクの店にレコードを買いに来る。そんなレスリーは、フランクが閉店することを聞いて店を共同経営することを持ちかけ、フランクは次第にレスリーに心惹かれていく。

 一方、サムはギャラリーでローズ(サッシャ・レイン)という少女と出会い、二人は恋に落ちる。サムが同性愛者であることをフランクは知っていて、二人の関係を温かい目で見守っている。恋と友情の間で揺れ動くフランクとレスリーのホロ苦い関係に比べて、サムとローズの恋の何と甘酸っぱいこと。母親が自転車事故で亡くなったおかげで自転車に乗れなかったサムを、ローズは手助けして乗れるようにしてあげる。フランクの仲間たちがそれぞれワケありで孤独を共有しているのに対して、サムとローズは人生の輝きに満ちている。フランクがサムとバンドを組みたかったのは、娘への愛情はもちろんあるだろうが、輝いているサムに忘れかけていた人生の希望を見出したからだろう。でも、それはサムの輝きであり、フランクは自分の輝きを見出さなくてはいけない。フランクと同年代の観客には、フランクの胸の内に渦巻く期待と諦念が痛いほどわかるはずだ。

 そんな人間ドラマが展開するなか、重要な役割を果たしているのが音楽だ。カーシー・クレモンズはソウルフルな歌声で、ウィー・アー・ノット・ア・バンドのオリジナル曲を歌いあげ(作曲したのはサントラを手掛けたキーガン・デウィットで歌詞はクレモンズ)、ニック・オファーマンはギター・ソロをたっぷり聴かせる。音楽ネタもいたるところに散りばめられていて、例えばスリーター・キニーのレコードを買おうとするレスリーに、フランクが〈アニマル・コレクティヴ〉のレコードを勧める、なんてエピソードからは、二人がパンク~オルタナ時代を生きてきた熱心なロック・ファンだということが伝わってくるし、〈ウィルコ〉のジェフ・トゥイーディが本人役でレッドフック・レコーズに現れるというサプライズも楽しい。なにしろ、映画の冒頭で、フランクはジェフが息子と結成したバンド、トゥーディの映像を羨ましそうにパソコンで見ているのだから。

 監督/脚本を手掛けたブレット・ヘイリーは、「この映画ではキャラクターが自分たちの心を伝えるために使う言葉が音楽なんだ」とコメントしているが、映画自体が美しいメロディを奏で、心地良いグルーヴを紡ぎ出している。ストーリーも演出もシンプルだが、それだけに胸にすっと染み込んでいく『ハーツ・ビート・ラウド』は、最高の3分間ポップスみたいな作品だ。

 


「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」
監督・脚本=ブレット・ヘイリー
脚本=マーク・バッシュ
音楽=ギーガン・デヴィット
出演=ニック・オファーマン/カーシー・クレモンズ/テッド・ダンソン/トニ・コレット/サッシャ・レイン/ブライス・ダナー  ほか
配給:カルチャヴィル(2018年 アメリカ 97分)
©2018 Hearts Beat Loud LLC.
HBLMOVIE.JP
6/7(金)ヒューマントラスト シネマ渋谷、新宿シネマカリテほか 全国ロードショー!

タグ
40周年プレイリスト
pagetop