2019.07.10

全員でギターを鳴らし歌うスタイルで2011年にROSEからデビューした3人組が、あだち麗三郎のプロデュースで完成させた3作目。フォークを軸にしたサウンドとユニゾンのヴォーカルは、朴訥としていてどこかとぼけていながら、リリカルな味わいがあって胸に沁み入る。mei eharaや田中馨らが参加し、より多彩になったアンサンブルも魅力的で、グルーヴィーな“semi”やチェンバー・ポップ風の“GUTS”が素敵。

40周年プレイリスト
pagetop