INTERVIEW

エミ・マイヤー『Wings』 音楽の街ナッシュビルでレコーディング、自然体の彼女を映したデビュー10周年作

エミ・マイヤー『Wings』 音楽の街ナッシュビルでレコーディング、自然体の彼女を映したデビュー10周年作

音楽の街ナッシュビルでレコーディング デビュー10周年となる現在の彼女を映し出す自然体な1枚

 これまでにない、リラックスした自然体のエミ・マイヤー。デビュー10周年という節目の年に発表されたアルバム『Wings』を聴くと、誰しもそういった印象を抱くのではないだろうか。2009年に『キュリアス・クリーチャー』で鮮烈なソロ・デビューを果たして以来、世界中で音楽制作を行ってきたが、今回レコーディング場所として選んだのは米国南部のナッシュビル。カントリー・ミュージックの本拠地であると同時に、アメリカ音楽界の中心地でもある。ここでジェイムズ・ベイやシャナイア・トゥエインなどを手がけたトップ・エンジニアのローウェル・レイノルズをプロデューサーに迎え、短い期間で一気に録音を行った。

EMI MEYER Wings Curious Creature Records(2019)

 アルバム全体を聴いて感じるのは、非常にアーシーでナチュラルな感覚であるということ。もともとエミ・マイヤーの音楽にはソウルやジャズのエッセンスが感じられるが、そのルーツ回帰的なアプローチがさらに深まっている。ナッピー・ルーツに書いたモチーフを膨らませてできたというタイトル曲《Wings》を筆頭に、意外な展開で耳をひきつける冒頭の《Dream Poetry》、モータウン・サウンドでグルーヴする《Soul Naturale》、レゲエのリズムがレイジーな《Fear Me》など様々なタイプがありながらも、一貫して穏やかな空気を感じることができる。その象徴ともいえるのが、《Nashville Lullaby》だ。彼女はこのレコーディング当時に妊娠しており、お腹の中でナッシュビルの音を聴いている子どもをイメージして書いたというこの曲を聴けば、まさに等身大の作品を作り上げたということが伝わるはずだ。

 ただ、グラミー常連の現代ブルースの雄、ケブ・モとのコラボレーションや、レオン・ラッセル《A Song For You》のカヴァーもあり、彼女なりの試行錯誤や新たなトライも見受けられる。成長を重ね、その上で自身の本質を堂々と提示した作品として、『Wings』は高く評価されるべき一枚なのである。

 


LIVE INFORMATION

高田漣とエミ・マイヤー 素敵なお二人会
○7/13(土)16:00開演 会場:高田世界館(新潟県上越市)

エミ・マイヤー デビュー10周年記念!「Wings」ツアー
○11/20(水)会場:京都・磔磔
○11/21(木)会場:名古屋・得三
○11/25(月)会場:東京・渋谷クラブクアトロ

関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop