2019.07.11

菊地成孔が手掛けた前2作とはうって変わって、セルフ・プロデュースで作り上げたEPが到着。リリカルなバンド・サウンドを鳴らす“コーヒータウン”、鷹揚なバラードをレゲエ調で聴かせる“リップクリームダブ”など、スタイルはバラバラながら、いずれもシンプルなプロダクションで主役の歌と詩情を浮き彫りにした5曲を収録している。とりわけ、メロウなアンビエンスがたゆたう“ただの夏”が素晴らしい。

 

関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop