2019.07.12

絶望を掻き毟るようなストリングスが鳴り響く“Dystopia”や、おぞましいほどの狂気と憎悪が渦巻く“Dear Cancer”など、小林亮輔の精神世界をフィーチャーしたバンド史上もっともヘヴィーかつダークな雰囲気を湛えた前作のサウンドを、さらに深く掘り進めた印象の新作。それでいて、そこに綴られている言葉は確実に外へ向けて放たれていて、暗闇にいながらも一縷の光を感じさせる。

関連アーティスト
プレイリスト
pagetop