COLUMN

クァンティックの新作『Atlantic Oscillations』に息づく、NYダンス・ミュージックの流儀

Photo by B+
 

ラテンやファンクなど世界各国のリズムを探求してきたトラックメイカー、クァンティックが、本名義では5年ぶりの新作『Atlantic Oscillations』をリリースした。このアルバムで彼が向かったのは、ナイトライフ仕様なミラーボールの似合うダンス・ミュージック。なかでもオーケストラ・アンサンブルをフィーチャーした華やかな音作りは、ディスコやガラージ・ハウスといった〈NY的〉と形容されることの多いサウンドを彷彿とさせる。『Atlantic Oscillations』に練り込まれた、NYならではの音楽性について、ライターの小野田雄が考察した。 *Mikiki編集部 

QUANTIC Atlantic Oscillations Tru Thoughts/BEAT(2019)

多種多様なリズムに導かれるまま世界の音楽を探求​

イギリスはウスターシャー出身にして、2007年から南米コロンビア、2014年からNYを拠点に、精力的な活動を続けてきたプロデューサー、クァンティックことウィル・ホランド。90年代のヒップホップをルーツに持つ彼は、やがて2000年代初頭のダウンテンポやディープ・ファンクのシーンへと傾倒。さらに写真家のB+が主宰し、ハードコアなディガーたちを南米へと誘った〈MOCHILLAプロジェクト〉も彼を触発し、ホランドはそのキャリアを通じて、ジャズやソウル、ファンクから、レゲエやクンビアをはじめとする中南米音楽、さらにはブレイクスやハウスまで多種多様なリズムに導かれるまま、ディープな音楽探求に身を投じてきた。

その過程で、ディープ・ファンクに根ざしたクァンティック・ソウル・オーケストラ、中南米音楽の熱い血潮と折衷的なグルーヴを注ぎ込んだ2009年の名作『Tradition In Transition』が多方面から絶賛されたクァンティック&ヒズ・コンボ・バルバロなど、さまざまなユニットに分岐。そのときどきで掲げた音楽的なテーマに応じて、複数の名前を使い分けながら活動してきた。

『Tradition In Transition』収録曲“Un Canto A Mi Tierra
 

それぞれが濃密な作品であっただけに、彼が思い描く一枚の大きな絵、その全体像を提示するべく、枝分かれした世界を明確な形で統合する必要性を感じてもいたのだろう。かくして、通常のアルバム制作の3倍の時間をかけ、クァンティック名義としては5年ぶりとなる新作アルバム『Atlantic Oscillations』が完成した。

 

多面的な音楽性をフロア・フレンドリーなトラックに落とし込むNYの流儀

この作品でクァンティックがフォーカスしたのは、70年代のディスコ・エラからNYに脈々と流れるタイムレスなダンス・ミュージックのヴァイヴス。どうやら、その変化は彼がブルックリンに新たなスタジオ〈Selva〉を構え、加えて同地のクラブで月に2度DJを行うようになったことが影響しているようだ。この作品では、ブレイクスからジャズ、ソウル、ファンク、レゲエ、ラテンまで、ジャンルを横断する彼の音楽性が、ディスコのイーブン・キックという懐深いフォーマットのもとで見事に統合されている。

『Atlantic Oscillations』収録曲“You Used To Love Me”
 

〈大西洋の振動〉を意味するアルバム・タイトル『Atlantic Oscillation』が想起させるのは、大海原を行き来し、アメリカ、イギリス、コロンビアを繋ぐ重層的な音の波。複数のドラマーによる生楽器のオーガニックな揺れや躍動感と、モジュラー・シンセサイザーに象徴されるエレクトリックな振動が一体となりモダンなグルーヴを生み出している。さらに、イギリス人のアリス・ラッセルとコロンビアの至宝、ニディア・ゴンゴーラ、ナイジェリア系アフリカ人のデニティアという国際色豊かなシンガーが楽曲を艶やかに彩る。

『Atlantic Oscillations』収録曲、アリス・ラッセルをフィーチャーした“Now Or Never”
 

サルソウルを彷彿とさせるストリングスをまとった“September Blues”やタイトル曲の“Atlantic Oscillation”は、NYディスコのマナーを踏襲したフロア・アンセム。後者は、ディスコにダブの手法をいち早く取り入れたフランソワ・Kのアプローチを彷彿とさせるセルフ・リミックスも聴き逃せない。マルチ・インストゥルメンタル奏者のスライ・フィフス・アヴェニューを迎えた流麗なラテン・ダンス・トラック“Orquídea”、大らかなアフロビートに加えてウィル・ホランド自身が歌声を披露した“Is It Your Intention”など、クァンティックらしい多面的な音楽性がフロア・フレンドリーなトラックに息づいている。

※日本盤にはボーナス・トラックとして収録
 
『Atlantic Oscillations』表題曲

 

ニューヨリカン・ソウルと『Atlantic Oscillation』を並べてみると……

そんなNY然としたグルーヴのメルティング・ポットである『Atlantic Oscillation』。同じブルックリンから生まれたエクレクティックなダンス・ミュージックということで思い出されるのは、マスターズ・アット・ワークの別プロジェクトであるニューヨリカン・ソウルの名盤『Nuyorican Soul』(96年)だ。サルサ界を代表するシンガーのエクトル・ラボーを叔父に持つルイ・ヴェガと、ファンクやヒップホップをルーツに持つケニー・ドープという2人のプエルトリカン・プロデューサーが制作した、このハウス・ミュージック史に燦然と輝く金字塔にインスピレーションを与えたのは、イギリスのクラブ・ジャズ・シーン。ドープとヴェガの2人は、自身のラテンというルーツを、生バンド主体のブレイクビーツ・ハウスに昇華した。

ニューヨリカン・ソウルの『Nuyorican Soul』収録曲“Runaway”
 

『Nuyorican Soul』には、ティト・プエンテやヒルトン・ルイズ、デイヴ・ヴァレンティンといった偉大なラテン・ミュージシャンをはじめ、ロイ・エアーズやジョージ・ベンソンらが参加。ストリングス・アレンジをサルソウル・オーケストラのリーダーであるヴィンセント・モンタナ・ジュニアが手掛け、シンガーにはディスコ黄金期を支えたジョセリン・ブラウン、サルサ/ハウス・シンガーのインディアをフィーチャーしている。つまり、イギリスとニューヨーク、プエルトリコを繋いだアルバムでもある。

ニューヨリカン・ソウルの『Nuyorican Soul』とクァンティックの『Atlantic Oscillation』。共通項の多い2枚のアルバムを聴き比べてみれば、20年以上の歳月がもたらしたレコーディング技術や作品が体現したグローバルでボーダレスな音楽センスの、飛躍的な進化を思わずにはいられない。それとともに、時代に関係なく根源的なエネルギーを注ぎ込まれた音楽に響く普遍性が、おわかりいただけるはずだ。

クァンティックの2019年のDJセット。ラテンからディスコ、ダウンテンポまで『Atlantic Oscillation』に繋がる選曲を披露している

 


LIVE INFORMATION
FUJI ROCK FESTIVAL '19
QUANTIC
2019年7月28日(日)新潟・湯沢町 苗場スキー場 RED MARQUEE
出演時間: 24:50-26:20
https://www.fujirockfestival.com/

関連アーティスト
タワーアカデミー
pagetop