INTERVIEW

Chelip『LAST FIRST - CHELIP ALL TIME BEST -』 数々の名曲と実り多き7年を振り返る、これが最後のインタヴュー!

言葉で形容できない関係

――そういう作家さんとの縁も含め、愛されていたグループだなと改めて感じます。

美音「よく言われるのが、〈Chelipは終わらない気がしていた……〉みたいな声が」

麻友「そう、みんな言うよな、それ」

美音「けっこう多くて」

麻友「わかる。何かわからんけど麻友もそう思っとった。自分で言ったくせに(笑)」

美音「言ったくせに(笑)。逆にそういう安定感がね、アイドルにいろいろあるこの時代にそう思ってもらえてたっていうのは凄く素敵なことだなって思いました」

――惜しまれるのも素敵なことで。

美音「そうですね。その、引退をするって決めた時にももちろん葛藤はありましたけど、一回一回を全力でやるっていうのがChelipのライヴ、Chelipの曲の表現方法だなって思った時に、このスタイルでやれるいちばんパフォーマンスがベストな状態で、ある意味キレイに幕を引けて、それを皆さんに〈よくやった〉って惜しんでいただけるなら凄くありがたいし、最後の舞台が用意されているのも恵まれていると思うし。で、これまでの曲をこうやって形に残せて、いままでみんなと作ってきたChelipっていうものが無駄じゃなかったというか、ひとつひとつ作ってきて、ここに辿り着いたよっていう証だと思ってます。わかりやすく売れることだけが幸せではないって思うし、Chelipが何を成し遂げられたかわからないですけども、地方でやってきたアイドルのひとつの成功例として、他のアイドルさんのひとつの希望になれたらというか。7年やってたら、東京でもワンマンできるし、立派なアルバムも残せるし、いろんな人に出会えて、地方にいながら活動の幅も広げられるし。だから、最後のツアーも鳥取から始めて、残せるものは全部残して引退しようと思ってやってきたので、集大成というやつですね」

麻友「ですよね。君の答えがベストだよ、うん」

――はい(笑)。じゃあ、そんなお二人にとってChelipの活動とは何だったのか、改めて言葉にするとしたらどうなるでしょう?

麻友「ムズッ!」

美音「私は、サンミュージックアカデミーに入ったのがちょうど中学1年生で、今年の春に大学を卒業して、Chelipをやってない普通の期間もありますけど、芸能活動っていうのが生活のすべてだったので、だからもう青春って感じですね。うん、アイドルっていうか、Chelipが自分のすべてだったかなっていう気持ちはします」

麻友「麻友も学生の時からだから、青春は青春でした。活動を通じて友達もいっぱい増えたし。あと、あれだよ。Chelipのおかげでキレイに生きてこられたかな。グレなかった」

――活動していたおかげで?

麻友「うん、活動があると人目を気にするじゃないですか。たぶん、私の流れだと絶対にグレてたかもしれないので(笑)」

美音「まあ、田舎あるあるやね」

麻友「すぐバレるしな、何もかも」

美音「何でもバレる(笑)。まあ、子どもだったところから年齢的に大人になるまでChelipを続けてきて、自分たちを大人にしてくれた、成長させてくれたっていう言い方が当てはまるかな」

麻友「性格を作られたよな?」

美音「キャラクターをね」

麻友「そういう、〈美音がしっかりしてる〉とか〈麻友がアホ〉とかいうのを作ったのはお前らだよって、うん」

――では、今後はお二人の関わり方も変わると思うので、Chelipとして互いにどんな相棒だったかお話しいただけますか。

麻友「どんな相棒……これは本当にムズい」

美音「そういうの考えたら涙出そう」

麻友「わかる」

美音「ん~、麻友は美音にないものを持ってるのに、あくまでも自然体でやるタイプなので、だから〈もっとがんばればいいのに〉〈才能があるのにもったいない〉って、たぶん嫉妬してた時期もあって。けど、続けていくうちに、その自然体でやるのが麻友の良さなんだってわかってきたし、その麻友とじゃないとたぶんChelipって続いてないってわかったから。なので、すべてを超越して……家族とも違うし、恋人とも違うけれども、そうやって言葉に形容できない強く繋がれた関係性っていうのが、他人同士でもここまで生まれるんだなっていうことに気付かせてもらえたっていうか、うん。これまでChelip中心の生活で、お互いが自分の一部みたいに大切にし合ってやってきたので、ホントに夏が終わったらどうやって過ごそうかなっていう感じです(笑)。麻友と会うために鳥取で生まれて、偶然サンミュージックに入って、グループを組んで……うん、こういうのを運命って言うのかなって思いますね」

――麻友さんから見た美音さんは?

麻友「美音は唯一無二ですし。麻友は極端なんで、美音しか興味ないし、美音しか見てこなかったし、美音しか尊敬してこなかったし、ずっと美音の後ろを歩いてて、ホント正反対な性格だけど結局考えが一緒だったりして。まあ、一種の恋じゃないけど、っていう感覚。だから、7年も一緒にいるけど、美音に簡単に触ったこともない」

美音「え、知らんかった(笑)」

麻友「別に意識はしてないけど、簡単に触れるような人じゃないっていうか、〈仲良しアイドル~〉みたいな感じじゃない……」

――友達みたいなのにはならなくて。

麻友「じゃなくて、別に。ただ普通に凄い好きになってしまった。いや、言い方が違うんだよ、これ。だからもういまは、9月以降どんな理由で会おうかなと考えています(笑)。それくらい特別な人です。……うまくしゃべれてる?」

――バッチリですよ。

麻友「嘘つけー。まあ、みんなもわかるかもしれないけど、たぶん美音とじゃなかったら絶対許されてないんだよ、こんな性格。ホント、やりたいことやってきただけで、麻友がゼロのところを美音は100まで見てくれるから、ホントに〈ふたりでひとつ〉なユニットだったと思うし。だから、たぶん死ぬまでにこういう特別な気持ちになる人はもういないと思う」

美音「軽々しく触れないって(笑)」

麻友「触れたことないよ~。そう、ベタベタして〈みおん~〉みたいな感覚じゃないので。大事に大事にしてました(笑)」

――わかりました。8月31日にはいよいよ最後のワンマンを控えていますけど、どんな日になるでしょうね。

美音「鳥取で一番と言っても過言ではないホールでやるって決めたので、憧れの場所でもありますし、そのぶんいろんな人にChelipの曲を聴いてもらいたいと思って、あえて大きな場所を選んで。その8月31日を機に歌わなくなってしまうので、最後に歌……曲を聴き届けにきてほしいです、私たちを観るっていうよりは。この曲たちがなかったら、ホントにここまで来られなかったので。あと、こういうことがないと来る機会がないという人もぜひ鳥取まで来ていただきたいです」

――そうですね。アルバムも入手して。

美音「はい。これを読んでいる方に、少しでもChelipのことを覚えていてもらえたらって思うので、このアルバムがそのきっかけになったら嬉しいな、と思います」

 

クリエイター陣の関連盤を一部紹介。

 

関連盤を紹介。

 

Chelipのシングルを紹介。

タグ
関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop