2019.07.29

約3年ぶりのフル・アルバムは、“Stars”での強烈なまでに嘶くアーミングや、“Tears On Fire”における情熱的なスラップといった彼の代名詞な奏法を織り交ぜつつ、よりソリッドに、よりパワフルになったサウンドを展開。圧倒的な昂揚感に満ちた表題曲をはじめ、どれもがアンセムになり得るレヴェルのキャッチーさを持っている。日本語による曲名や詞も増加し、〈日本から世界へ〉という意思を改めて強く感じさせる一枚だ。

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop