EVENT & LIVE REPORT

Corneliusのライヴは人力主義と根性論――小山田圭吾 × 村尾輝忠 × 松村正人が「Mellow Waves Visuals」を語る

Cornelius「Mellow Waves Visuals」『The First Question Award』『Point』

(左から)松村正人、小山田圭吾、村尾輝忠

Corneliusの映像作品「Mellow Waves Visuals」と、リマスターされた『The First Question Award』『Point』の3作品が同時リリース。これを記念したイヴェントが、小山田圭吾みずからが選盤を担当したスペシャルなポップアップ・ストアも話題を呼ぶタワーレコード渋谷店で7月30日に開催された。内容は〈Mellow Waves Tour 2018@Tokyo International Forum〉の爆音上映。プラス、小山田と『Mellow Waves』ツアーを撮影した映像ディレクターの村尾輝忠、ライター/編集者の松村正人の3者によるトークという2本立てだ。冗談を交えながら進行した当日のトークの模様をお伝えしよう。

Cornelius Mellow Waves Visuals ワーナー(2019)

Cornelius The First Question Award ワーナー(2019)

Cornelius Point ワーナー(2019)

村尾輝忠がCorneliusを撮るときに考えていること

松村正人「まず村尾さんにお訊きしたいのは、Corneliusのライヴの撮影は他のアーティストとは違うということです。Corneliusの場合、バックに映像が流れているわけじゃないですか? 普通のコンサートを記録に収める以上に工夫が必要な気がします」

村尾輝忠「映像にもストーリーがあるので、その理解を妨げないようにしないとけないんですね。その一方でミュージック・ビデオと同じになってはいけないので、ライヴ映像ならではの表現をします。

いま鳴っている音、いちばんフィーチャーしたい音を鳴らしている人を映像で切り取って、音楽を理解しやすくする――そういうライヴ映像ならではの編集とストーリー性を両立させなきゃなって。それがCorneliusを撮るときにいつも考えていることですね。

あと、メンバーみなさんの立ち位置が変わらない、というのはあります。動かないですよね?」

小山田圭吾「うん。まったく」

一同「(笑)」

小山田「動けないんです。やることは多いし、曲間も全部決まっているので。その時間以内に次のセッティングしなきゃいけないとか、水を飲まなきゃいけないとか」

松村「水を飲むのもパフォーマンスの一部なんですね(笑)。映像を観ていると、それぞれの見せ場をちゃんと抜いていく感じがあって、知り尽くしているように感じます」

小山田「『Fantasma』のアメリカ・ツアー(2016年に開催された『Fantasma』再現ライヴ)の頃からずっとやっているからね」

村尾「小山田さんのライヴ映像作品はMETAFIVEからやっています(2016年作『METALIVE』)。もともと僕はSPACE SHOWER TVでブライアン・バートン・ルイスの番組をやっていました。Corneliusのファンであればご存知だと思いますが、小山田さんとものすごく繋がりの深い方です。なので、小山田さんとは繋がりがありました。METAFIVEのライヴ撮影はSPACE SHOWER TVが共催だったので担当しました」

松村「『Fantasma』ツアーの撮影は?」

村尾「ツアーをちゃんと記録しておきたいという希望があったからですね」

村尾輝忠が監督した〈Cornelius performing Fantasma〉のツアー・ドキュメンタリー

 

感謝の気持ちを現金で伝える?

松村「それで、今回のツアーにも同行する流れになったと。今回のドキュメンタリーは村尾さんがお客さんの反応をたくさん撮っていらっしゃいます。それは世界の人たちがCorneliusのことをどう捉えているのかを記録しておきたい、という意図から?」

村尾「そうですね。Corneliusは〈日本でいちばん過小評価をされている〉くらいの感じがあるんです。海外はそもそも音楽を好きな人が多いし、年を取っても音楽を聴くことをやめない。みんなCorneliusのことを深く理解していて、ライヴに来る待っていた感じがありました。感想もすごく多様ですし、それを聞くのは楽しかったですね。

プラスティック・オノ・バンドで小山田さんのことを知って衝撃を受けたというヒッピー世代のおじいさんもいれば、アニメが好きで、『攻殻機動隊』のサントラ(2013年作『攻殻機動隊ARISE O.S.T.』)に衝撃を受けて好きになった人もいる。それがおもしろいですね」

村尾輝忠が監督した〈Mellow Waves Tour 2018〉のドキュメンタリー

小山田「リアクションがやっぱり、明らかに日本とは違うところがおもしろいです」

松村「例えばどういう反応ですか?」

小山田「ライヴが終わってあいさつをしていたら、何かを渡そうとしてきた人がいたんです。で、受け取ってみたら現金だった」

一同「(笑)」

松村「おひねりで具体的にありがたみを伝えるという。いまだとちゃんと確定申告しないとマズいことになりそうですね(笑)」

 

ツアーの荷物は少ないほうがいい

松村「ところで、小山田さんはライヴ中、楽器を持ち替えないですよね」

小山田「今回は1本です。めんどくさいから(笑)。楽なんです」

松村「ははは(笑)。“Count 5 or 6”とか“I Hate Hate”とか、アーミングする曲もあるじゃないですか。チューニングはずれないんですか?」

小山田「いまのギター(フェンダー・ムスタング)はチューニングが危ういって言われていたんですけど、すごく調整してくれて、いまバッチリの状態。ほぼ狂わないです」

松村「1本で弾き切っていて、感動を覚えました。大野(由美子)さんのベースはフェンダーのときとミュージックマンのときがありますよね。堀江(博久)さんもギターを弾いたり、トランペットを吹いたり……。機材の面から見ると、小山田さんがいちばんスリムですね(笑)」

小山田「楽をしているんです。荷物は少ないほうがいいって言うじゃないですか(笑)」

松村「たしかに旅行はそうかもしれません(笑)。他方で、撮影クルーは、村尾さんの他には?」

村尾「誰もいないです」

松村「そこもなるべく少人数でやろうと考えて?」

小山田「そうですね。お金がかかるんで(笑)」

 

Corneliusは叩き上げ

村尾「Corneliusの海外ツアーは〈ハードコア・パンク・バンドがDIYで回るツアー〉と本質的には同じだと思います」

小山田「日本から行くので、そのぶんやっぱりお金が……(笑)。

(99年に)フレーミング・リップスと一緒にツアーをしたことがあるんですけど、(フロントマンの)ウェイン(・コイン)が普通に運転していましたよ。そのツアーはけっこうハードコアで、5バンドくらいで回ったんです。フレーミング・リップスの他にセバドー、ロビン・ヒッチコックとあともう1組(ICU)でした。

イヴェントが大体夜の10時から始まって、5バンドが演奏し終わると2時で、片付けていると5時。で、6時半に集合して次の会場へ行く、みたいな(笑)。僕らは1週間くらいしか付き合わなかったんだけど、ほんっとに大変でしたね」

松村「そのような話を聞くと、小山田さんは叩き上げだと思いますよ」

小山田「〈叩き上げ〉? うん……(笑)。だけど、それをやったのが20代後半くらいの頃だから、その前は〈ボンボン〉なんです」

一同「(笑)」

松村「急に叩き上げの世界に入れられたんですね(笑)」

小山田「そこから叩き上がった(笑)」

松村「フリッパーズ・ギターの頃はボンボン?」

小山田「いきなりデビューして、そこそこ売れちゃったから(笑)。自分で機材をセッティングしたことない、みたいな感じだったのが、急に全部自分でやることになって」

松村「今回『Mellow Waves Visuals』と同時にファースト『The First Question Award』と4作目の『Point』が再発されましたが、『The First Question Award』(94年)の頃の〈ボンボン感〉はどれくらいだったんですか?」

小山田「けっこうなボンボンです」

一同「(笑)」

 

緊張感あるライヴの息抜きポイント

松村「『Point』からはいまのCorneliusのスタイルに近くなりますが、再現ライヴを控えていますよね。いまはそのリハーサル中ですか?」

小山田「はい。今回はあんまり時間がなくて、そんなに練習してない」

松村「そんな、ネガティヴ・プロモーションしないでください(笑)。私はCorneliusほどリハーサルを重ねるバンドもそうはいないなと思っています」

小山田「練習しないとできないんです」

松村「楽曲の難しさは重荷にならないんですか? 普通の8ビートの曲だったら、〈イェ-イ!〉ってできると思うんですが」

小山田「そんなのつまんないじゃないですか」

松村「ははは(笑)。そういうのが懐かしくならないんですか?」

小山田「それはあるね。“Count 5 or 6”なんて楽勝だから、〈楽しいなあ〉って思ってやれます。あと、最後にやる“E”はクリックなしなので、楽しくやれます」

村尾「あらき(ゆうこ)さんはしんどいんですよね」

小山田「あらきさんはクリックがないと嫌なタイプだから」

松村『別冊ele-king 続コーネリアスのすべて』(ele-king books)を作ったときにあらきさんにお話を伺ったら、〈クリックがあってこそ、演奏できる〉と言っていましたよ(笑)。でも、ステージにもちょっとした息抜きポイントがあるんですね」

小山田「うん。あるある」

 

人力主義と根性論のCornelius

村尾「ライヴの後の反省会で、小山田さんと堀江さんが〈最近やっと“Drop”ができるようになったよね〉って言っていたんです。ずーっとやり続けて、完成に近づいて行っている感じすごいなあって(笑)」

小山田「『Point』のツアーって、『Point』の曲をちゃんと演奏できていないんですよ。やっと覚えてきた」

一同「(笑)」

小山田「毎回、誰かが絶対に一回は間違える。誰かが間違えると、次に音を出す人が間違える」

松村「間違いの連鎖が始まるのは恐ろしいですね。一方で、2000年代以降のCorneliusのライヴでは音楽と映像の同期がパフォーマンスの軸であり、その完璧さがメディアでもたびたび指摘されています。『Mellow Waves Visuals』を家で観ていたとき、私の娘が〈これは音が鳴ったときに映像が映るシステムなの?〉って言っていましたよ」

小山田「プログラムでね。イマドキはそうですよね」

松村「そうなんですよ。イマドキはコンピューターでプログラムするようなことをCorneliusはひたすら根性論でやっている、という(笑)」

小山田「あと、照明は人力で合わせています。プログラムを使っているところもあるんですけど、基本全部手で叩いている。音と映像のシンクロ自体、プログラミングがない時期からやっているから、そんなことができるとは知らなかった」

一同「(笑)」

小山田「ある程度環境が整っていたら、プログラミングもありかもしれないんですけど」

松村「プログラミングに頼ってやっている人たちは、整った環境でしかできないから、Corneliusのようにアメリカに出ていけないのでは?」

小山田「お金もかかりますし……」

一同「(笑)」

松村「えっと……最近、なにかお金で苦労されているんですか(笑)?」

小山田「いやもう、常にですよ」

松村「小山田さんが苦労されているんだったら、日本の音楽に夢はないって思っちゃうじゃないですか」

小山田「夢なんかないですよ!」

一同「(笑)」

 

小山田圭吾がついにライヴでギターを持ち替える

松村「『Point』の再現ツアーを楽しみにされている方も多いと思います」

小山田「できる範囲で頑張ります」

松村「『Point』の曲を全曲やるんですか?」

小山田「全曲やります。『Point』には一度もやったことのない曲もありますね」

松村「どの曲ですか?」

小山田「“Bird Watching At Inner Forest”と“Nowhere”ですね」

松村「“Bird Watching At Inner Forest”は曲中にガット・ギターのパートがありますよね? 持ち替えるんですか?」

小山田「持ち替えます!」

一同「(笑)」

松村「これが今日いちばんの収穫ですね(笑)。頑なに1本のギターでライヴをやっていた小山田さんが、ついにギターを持ち替えるという。ライヴはぜひそこに注目してください」

 

「Mellow Waves Visuals」の観どころ

松村「村尾さんから『Mellow Waves Visuals』の観どころをお教えいただきたいのですが」

村尾「ドキュメンタリーも入っていますが、YouTubeで公開されていない『Mellow Waves』全曲ぶんの映像も収録されていて。ここまでのアートないなって思います」

松村「小山田さんはいかがですか?」

小山田「“Sonorama 1”って曲が終わると、子どもが〈おわり!〉って言うんです。あそこが観どころです」

一同「(笑)」

小山田「あの曲、初めてライヴでやってお客さんたちは呆然としていたんだと思うんですけど、〈終わりかな?〉ってみんな思ったときに子どもが〈おわり!〉って教えてくれるっていう」

村尾「あれ、すごいですよね」

小山田「ああいうのはおもしろいですね」

松村「確かに、ライヴならではの出来事ですね。というわけで、ぜひみなさん、『Mellow Waves Visuals』をご購入いただければと」

村尾「ここに来ているみなさんは、もうご購入済みですよ」

松村「そうでしたね。では、もう1枚ご購入を! そうしたら小山田さんの……」

小山田「経済的な問題が解決する(笑)。ライヴの照明が1個増えるかも」

松村「小山田さんにおひねりを直接渡す代わりに(笑)。今日はためになる話ばかりでしたね」

小山田「いや~、ためにはなんないね(笑)」


 


INFORMATION
CORNELIUS SHOP SHIBUYA × TOWER RECORDS SHIBUYA

7月30日(火)~8月26日(月)タワーレコード渋谷店 3F特設コーナー
http://towershibuya.jp/news/2019/07/26/136454

Incheon Pentaport Rock Festival 2019
Aug. 10 - Songdo Moonlight Festival Park, South Korea

Cornelius Performs Point
8月6日(火)東京・恵比寿 LIQUIDROOM ※SOLD OUT
8月12日(月・振休)大阪・梅田 サンケイブリーゼ ※SOLD OUT
8月21日(水)東京・渋谷 Bunkamura オーチャードホール ※SOLD OUT

WORLD HAPPINESS 2019 with HACHINOHE
8月24日(土)青森 YSアリーナ八戸
http://www.world-happiness.com/

Cornelius Performs Point US & Canada Tour
Sep. 24 - Echoplex - Los Angeles, CA
Sep. 27 - The Fillmore - San Francisco, CA
Sep. 29 - Revolution Hall - Portland, OR 
Sep. 30 - The Crocodile - Seattle, WA
Oct. 2 - The Imperial - Vancouver, BC

タワーアカデミー
pagetop