EVENT & LIVE REPORT

「幸田浩子 オペラティック・リサイタル ―ARIA 花から花へ―」 ジョン・健・ヌッツォを迎えた魅惑のリサイタルをレポ

「幸田浩子 オペラティック・リサイタル ―ARIA 花から花へ―」 ジョン・健・ヌッツォを迎えた魅惑のリサイタルをレポ

オペラに花開く、一途なヒロインたちの生き方

 名門ウィーン・フォルクスオーパーを始めとする国内外の歌劇場に出演を重ね、コンサートのステージやメディアへの出演などでも活躍めざましい日本随一のソプラノ。昨年末にリリースした、メジャーデビュー10周年で10枚目となる記念アルバム『ARIA 花から花へ~オペラ・アリア名曲集~』では、信頼厚いラルフ・ワイケルト指揮によるチェコのブルノ・フィルとのレコーディングが実現。表情豊かで可憐な歌唱が、真摯に愛を貫くヒロインたちのドラマに生命を吹き込んでいた。

 それから約半年後の7月6日、今度は東京の紀尾井ホールで、同アルバムのコンセプトを踏襲しつつ、更に趣向を凝らして華麗にヴァージョンアップさせた魅惑のリサイタルが開催。オペラ演出家の馬場紀雄が「様々な花とアリア」をテーマに、花の持つ美しさや気高さ、儚さ、しなやかさなどに、珠玉の名アリアやデュエットの色彩を重ねたようなステージを展開。もちろんその中心には美しさと力強い情熱を兼ね備えた艶やかな名花、幸田浩子が佇んでいた。

 

第一部

 最初に舞台上に姿を見せるのは数多の受賞歴を持ち、2012年には《マルセル・プルーストへのオマージュ 失われた時を求めて》舞台公演にて、音と香りを融合させたいけばなパフォーマンスで独自の世界を切り開いたことでも知られる華道家の大泉麗仁。彼女の静謐な装花パフォーマンスによってリサイタルは幕を開けた。

 第1部はヴェルディの次世代を担うイタリア系としてオペラ・シーンの頂点に君臨したプッチーニの世界。オープニング曲はピアノによるオペラ《ジャンニ・スキッキ》ファンタジー。編曲を担当したのは、作曲家/ピアニストとして高い評価を受け、日本映画《おくりびと》でも名演を披露している藤満健。主に同喜劇を彩る幸福感に満ちた旋律を中心にまとめあげられていたのが印象的だった。

 その雰囲気を前奏曲のように纏って今夜の主役である幸田が登場。《ジャンニ・スキッキ》の有名なアリア〈私の愛しいお父さま〉に乙女ラウレッタの深い恋心を滲ませ、異色作《つばめ》より〈誰がドレッタの美しい夢を〉では純粋な愛への憧れを歌う。

 ところが次に藤満が奏でるオペラ《マノン・レスコー》ファンタジーは、劇中2つの「悲哀の二重唱」のメロディをつなぎ合わせたもの。まるで公演後半の悲しい結末を予期しているようだ。

 しかしそんな不安を打ち消すかのように雄々しいテノール、ジョン・健・ヌッツォが登場。《マノン・レスコー》より〈こんな美しい女性を見たことがない〉を逞しい声で歌い上げ、幸田もそれに応えるかのように同オペラから〈この柔らかなレースの中で〉の心情を甘美なまでにしみじみと浮かび上がらせる。

 それからオペラ《ラ・ボエーム》ファンタジーを挟んで、二人は同作品から〈ええ、私はミミと呼ばれています〉と〈愛らしい乙女よ〉を交互に披露。こうして、恋の始まりを予感されるハッピーな空気に包まれながら幕を閉じる。

 

第二部

 第2部は19世紀イタリア・オペラの雄、ヴェルディ尽くし。幸田が《リゴレット》から〈麗しい人の名は〉で清純なジルダの一途な想いを打ち明け、ヌッツォも同作品からイタリアン・テノール屈指のカンツォーネ風アリア〈女心の歌〉で屈託なく応える。しかし我々は、この好色なマントヴァ公爵に弄ばれる彼女の哀しい運命を知っているのだ!

 そしてついにここから、本公演のメイン・ディッシュともいうべきヴァルディ中期の傑作《椿姫》の物語に突入。先ず、第1幕の夜会の名場面である〈乾杯の歌〉ではヌッツォの晴れ晴れとした明るい歌声と、幸田の端正な美声との贅沢な共演を堪能。ハイライトである〈不思議だわ!~ああ、きっと彼なのね~私はいつも自由で〉もアルバムと同様に圧巻だった。

 ピアノによる第3幕への前奏曲を挟んでのクライマックス。死の淵にあるヴィオレッタが生命の炎を燃やしつつ歌う〈さようなら、過ぎ去った日々の美しく楽しい夢よ〉は辛く、フィナーレの二重唱〈パリを離れて〉も明るい未来を夢見ている二人の姿が痛々しい。

 けれども最後にステージに残るのは花。ドラマティックに人生を謳歌したヒロインたちの生き様を我々は決して忘れない。愛すべき彼女たちから沢山の勇気やエネルギーを貰った気がする。そんなことを考えさせられた本リサイタルであった。

 


LIVE INFORMATION

billboard classics festival 2019 in Nishinomiya
○9/7(土)16:00開演
会場:兵庫県立芸術文化センター
出演:幸田浩子/福原美穂/NOKKO/八神純子/辛島美登里/村治佳織/ 尾崎裕哉(スペシャルゲスト)
各プレイガイドにてチケット発売中

40周年プレイリスト
pagetop