INTERVIEW

野宮真貴/村治佳織に〈billboard classics festival 2019〉へ向けた意気込みを訊く!

現代のロック/ポップス&オーケストラ競演の百花繚乱な豪華舞台が大きな話題を呼び、今秋で4年目を迎えるbilboard classics fastival(以下、BBCF)。注目の2019 in Tokyo(@サントリーホール:大ホール)は、八神純子/NOKKO/辛島美登里/村治佳織/尾崎裕哉の恒例陣に加え、“渋谷系の女神”野宮真貴の初参加が実現する! 当日披露される候補曲の話題などを中心に、村治佳織・野宮真貴の二人にそれぞれの抱負を聞いた。


 

野宮真貴
あの名曲と傑作曲がフルオケ版で響き渡る!

 4回目を数えるBBCFへの興味を一段と増殖させ、話題と期待そして新たな客層の拡大さえもが予感できる事前サプライズが野宮真貴の初参加だろう。出演依頼時の感慨を問うと、「東京フィルハーモニーさんと“フルオーケストラで渋谷系を歌える”という素晴らしい機会をいただき、とても嬉しく思いました。デビューして38年にして初めての挑戦に、本当にワクワクしています。オーケストラをバックに自分の歌声がどのように響くのか、とても楽しみです」と、御本人。「素晴らしいアーティストの皆さんとの共演もとても楽しみにしています」と、初参加者ならではの想いも唇にのせた。サントリーホールのステージに立つ事自体は初めての彼女だが、じつは「ホールの前にあった『オーバカナル』は大好きなカフェで、昔からよく使っていて“地元のお店”みたいな感覚です」と明かす。想像してみてほしい、あの大ホールでフルオケ版《東京は夜の七時》が聴けるなんて…これに行かないという選択肢はないだろう。

 「《東京は夜の七時》という楽曲が作られて20年経ちますが、いつ歌っても古くならない、東京を代表するスタンダードナンバーだと思っています。だからこそ、リオ・パラリンピックの閉会式でも(註:椎名林檎の選曲によって)歌われたのだと思います。そして今回のオーケストラ版でゴージャスに進化したこの曲を、世界中の方に聞いてもらいたい気持ちですね」。伝説化は必至だ。

 最近のBoseとの回顧的対談で「“東京が、世界で最もかっこよくなった時代”の象徴が、渋谷系だった」と語っていた彼女。“令和の東京”はどう映っているのか、改めて訊いた。「東京は“世界中のものが世界一たくさん買える都市”、それは渋谷系の時代(=平成)も、令和の時代も変わりませんね。最近は世界中の人が訪れる都市になってきました。いいことですね」。

 現時点でもう一つの確定曲が《大都会交響楽》、「あの曲をフルオーケストラで歌うのが長年の夢でした。とうとう夢が叶う日が来ました! テンポも早く、難しい曲ですが、大都会の喧騒の中ですれ違う恋人たちの心情をどんなアレンジで表現するのか、そのあたりも楽しみにしています」。折しも先日、ピチカート・ファイヴの7inch16枚組BOXとベスト盤CDが11月にリリースされるという朗報が発表された。当日の持ち時間は3曲枠だが、残り1曲の候補作品は彼女自身もまだ悩んでいる。「皆さんに馴染みの曲である《スウィート・ソウル・レヴュー》を楽しくお届けするか、もしくはフルオーケストラでしっとりと歌ってみたい《悲しい歌》を候補に挙げさせていただきました。いずれにせよ、フルオーケストラの演奏で歌うことによって、渋谷系の楽曲の良さがさらに際立って、オーディエンスに伝わるのを楽しみにしています」。どちらが選ばれるにせよ、観ない/聴かないという選択肢はないだろう。開演は夜の七時!

 

村治佳織
《戦メリ》と《バガモヨ》の名演を再び!

 昨春のBBCF in YOKOHAMAでも唯一、歌のない弦奏者として2部の口火を切って聴衆を大いに魅了した村治佳織。まずは出演経験者の一人として「何十人もの演奏家による、フルオーケストラの音の厚み/豊かな響きは本当に素晴らしい。このフェスティバルの醍醐味はなんといっても、ボーカリストを音で支えるオーケストラの素晴らしさを存分に味わっていただけることだと思います」と讃える。一方、奏者である本人はオケ共演数では飛びぬけた存在。「その意味では身内感(笑)のようなものも感じます。今回共演する東京フィルさんとも今年のお正月2日間、ニューイヤ一コンサートで御一緒し、素晴らしい一年のスタートを過ごせた良い思い出があり、私のほうはすっかり打ち解けた気分でいますので、再会が楽しみでなりません」。初参加の野宮真貴についても「TVの音楽番組で共演こそなかったもののお話しをさせていただき、その後私のラジオ番組にゲストでお招きしました。なんてエレガントでチャーミングな方なのだろうと思いました」と、エールを送る。

 今年も大切な2曲のレパートリーを予定している彼女、《戦場のメリークリスマス》を弾く際はいつも「最高のアレンジをしていただいた故・佐藤弘和さんのことを思います」と回顧し、「坂本龍一さんも最初からこの編曲を気に入ってくださったと伺っています」。原曲の雰囲気を残しつつ、クラシックギターの奥深さも際立つ絶妙な編曲で爪弾く。「それにオーケストラの響きも加わるので重厚感が半端ないです! 坂本作品は、ハ一モニ一の美しさに心打たれますし、現実から浮き上がったところにひとつの美しい世界が広がる感じが独特で大好きです」。

 もう1曲は《バガモヨ》、TV番組の企画でタンザニアを訪れ、自身未踏の初作曲に挑んだ思い出深いオリジナル作品。「挑戦といっても“挑む”感じは全くなくて、日記を書くように自然に肩肘はらずに浮かんでくるメロディを五線譜に書き取っていきました」そう語る彼女の人柄が心地よく伝わる名曲だ。「現地滞在中に一応の形になって、帰国してからより細かい部分を仕上げました。美しい大きな夕日、出会った人々の素敵な笑顔、子供たちの屈託のない表情からインスピレーションを受けて湧いたメロディ、そして同世代の音楽家の女性が鼻唄のようにして歌っていたメロディを一曲にまとめました。まさかオーケストラをバックに弾く日がくるとは、あのタンザニアの旅では微塵も想像していませんでした」。件のサントリーホールは「足を踏み入れただけで気分が上がるパワースポットのような場所」なんだとか。師走には同ホールでリサイタルも予定されている村治佳織。「その際はステージに独り、BBCFでは沢山の演奏家の皆様と御一緒に…全くステージの環境が違うシチュエーションを短期間に体験ができて、本当に恵まれていると思いますね」。

 


LIVE INFORMATION

billboard classics festival 2019

○9/7(土)16:00開演
会場:兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
出演:辛島美登里/福原美穂/八神純子/NOKKO/村治佳織/幸田浩子
スペシャルゲスト:尾崎裕哉

○9/27(金)19:00開演
会場:サントリーホール 大ホール
出演:辛島美登里/八神純子/NOKKO/野宮真貴/村治佳織
スペシャルゲスト:尾崎裕哉

各プレイガイドにてチケット発売中

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop