SERIES

【Mikikiの歌謡日!】第27回 入江陽 × なかむらみなみ、King Gnu、町あかり、No Buses……今週のトキメキ邦楽ソング

【Mikikiの歌謡日!】第27回 入江陽 × なかむらみなみ、King Gnu、町あかり、No Buses……今週のトキメキ邦楽ソング

Mikiki編集部のスタッフ4名が〈トキめいた邦楽ソング〉をレコメンドする週刊連載、〈Mikikiの歌謡日!〉。更新は毎週火曜(歌謡)日、新着楽曲を軸にマイブームな音楽を紹介していきますので、毎週チェックしてもらえると思いがけない出会いがあるかもしれません。紹介した楽曲はSpotifyとYouTubeのプレイリストにまとめているので、併せてお楽しみください~。 *Mikiki編集部

★〈Mikikiの歌謡日!〉記事一覧

Spotifyのプレイリスト
 
YouTubeのプレイリスト

 


【高見香那】

町あかり “池じゃなかった! どんぐりころころ”

フジテレビの子ども番組「じゃじゃじゃじゃーン!」(「ウゴウゴルーガ」の立ち上げスタッフが手掛けているとか)内のコーナー〈あかりおねえさんの ニコニコ♡へんなうた〉を担当している町さん。そのコーナーから生まれたあかりおねえさんによる“どんぐりころころ”の替え歌が好きだ……好きだ。池じゃなくお風呂でどじょう鍋に煮込まれてしまうという独特の町ワールド×卓球サウンドにニコニコしてしまう。

 

【酒井優考】

King Gnu “飛行艇”​

枡野浩一さんの短歌
書くことで落ちこんだなら書くことで立ちなおるしかないんじゃないか?
とこの曲を胸にがんばります。

 

【天野龍太郎】

kauai hirótomo “Surf's Up”

東郷清丸バンドやあだち麗三郎と美味しい水、マーライオンプロデュースのChirizirisなどで活躍するドラマー/マルチ・プレイヤー、河合宏知のソロ・アルバム『Another Galaxy』より。ブラジル音楽からの影響が強いのかと思いきや、なんだか(ブラジル音楽からの影響、という点もシェアしている)ハイ・ラマズやシー・アンド・ケイクのようなインディー・ミュージック、レフトフィールドなトイ・ポップといった感じで感動。

 

Kuro “PORTLAND (Prod. EVISBEATS)”

TAMTAMのヴォーカリスト・Kuroがソロ・デビュー。ソロ・アルバムを出すと知ったときにも〈えっ!?〉と驚きましたが、このシングルではEVISBEATSとコラボレーションしててさらにびっくり。EVISBEATSのプロダクションとKuroの歌声との相性のよさにびびっときます。アルバム『JUST SAYING HI』は9月18日(水)リリース。

 

入江陽 “Summer Food (feat. なかむらみなみ) [201908]”

入江陽さんの新曲。活動休止したTENG GANG STARRのなかむらみなみさんの客演が最高です。が、入江さんご本人によるプロダクションで音楽的な奇想度がバリ増しており、とんでもないことになっています。入江さんはたしかトラヴィス・スコットの『ASTROWORLD』にハマっていはずで、これは入江さん流の“SICKO MODE”なんじゃないかと。亜熱帯化しつつある日本の気候でぐんにゃりしたかのような堀切基和(horikirix)さんのビデオもサイケデリックでトべます。

 

VaVa “My Artist”

kNight and Day”を発表したばかりだったVaVaからまたもニュー・シングルが届けられました。ホーム・ビデオを繋ぎ合わせた映像とともに、心の内を曝け出していくようなパーソナルなラップがいいですね。

 

片想い “Dig Power”

9月4日(水)リリースのニュー・アルバム『LIV TOWER』(ってなんでしょう? 押尾学のバンドではないですよね……)から、“Dig Power”“環境”“来るブルー”というライヴでも披露されていた3つの新曲が発表。太っ腹なシングルですね。片想いは音楽から失われつつあるコミカルなものを追求する、貴重なおもしろ楽団です。彼/彼女たちの音楽を聴くと、なんだかよくわからないけどありがとうございます、という気持ちになります。

 

No Buses “Ill Humor”

注目のインディー・ロック・バンド、No Busesが9月11日(水)に発表するファースト・アルバム『Boys Loved Her』から“Ill Humor”と“Untouchable You”のビデオが公開に。こちらの“Ill Humor”は、勢いのあるストロークス風のロックンロールで痛快。

 

「imoutoid Live at SECO LOUNGE 2008/06/20」

亡きimoutoidの貴重なライヴ映像が11年もの時を経て発表。imoutoidが動いている姿は初めて観ました。感無量です。コメント欄に長谷川白紙さんがいてまたびっくり。

 

【田中亮太】

ROTH BART BARON “Skiffle Song”

平仮名と漢字が入り混じる日本語の特性をこういう形で使ったリリック・ビデオはいままでなかったんじゃないでしょうか。そのアイデアにまず技アリ。そして、しばらく前からライヴでは披露されていた楽曲ですが、この曲同様にラテン・フレイヴァーを採り入れたサウンドが世界のポップ潮流で目立っていることをふまえると、このタイミングでの発表もバッチリ。はい、一本とられました。11月20日(水)リリースが発表されたニュー・アルバム『けものたちの名前』、期待大です。

 

No Buses “Untouchable You”

ストロークスがキャリアを重ねるにつれて失ったものを思わずにはいられないロックンロール・チューン“Ill Humor”は、上で天野が紹介していたので、自分は同時公開された“Untouchable You”をチョイス。MVについては、リアル90年代育ちとしては〈ここまであの頃の感じを再現しなくてもいいのになー〉と思ったりもしますが、レイジーなローファイ・サウンドはめちゃくちゃカッコいい。

タワーアカデミー
pagetop