2019.08.26

Need To Calm Down
ハッピーな恋から人生の葛藤まで、ありとあらゆる感情をロマンティックに映し出す7枚目のオリジナル・アルバムがいよいよ登場! 今回のテイラーはどんなメッセージを発し、どんな記録を残してくれるのでしょう?

 作品リリースのたびに現象化が加速し、もはや数字の世界では敵う者のない領域までやってきたテイラー・スウィフト。前作『Reputation』(2017年)からは記録的なヒットに輝いた“Look What You Made Me Do”以降も“Gorgeous”や“...Ready For It?”などの収録曲が次々に人気を博す一方、シュガーランドの“Babe”(2018年)に珍しく客演するなど、自身のペースで着実に活動を推進してきていました。そうして肥大し続ける期待に応えるべく登場したのが、2年ぶりのニュー・アルバム『Lover』というわけであります。

 4月に発表した先行シングル“ME!”は、パニック!アット・ザ・ディスコのブレンドン・ユーリーをフィーチャーして〈世界中で私ほどあなたのことを愛している人はいない〉と歌う超スウィートなラヴソング。配信と同時に公開したMV(アリアナ・グランデ、ケンドリック・ラマー、マルーン5らのMVを手掛けるデイヴ・マイヤーズとテイラー本人が監督)は、YouTube公開24時間で6,520万再生を記録し、ソロ・アーティスト及び女性アーティストとしての史上最高記録を更新。先述の“Look What You Made Me Do”でも当時の最高記録を更新していましたが、“ME!”の24時間での再生回数はその約1.5倍というから凄まじいです。その他、Spotifyの世界チャート1位獲得、85の国と地域のiTunesでNo.1獲得、初日のアレクサへの〈テイラーの新曲をかけて〉というリクエストの記録更新……などなど、もう何も言うことがないほど世界中で大ヒットしました。

 今回のアルバムについてテイラー本人は「このアルバムは全体的にとてもロマンティックな内容なんだけど、ただ単にすべてがラヴソングというわけじゃない。だって、ロマンティックだからといって、必ずしもハッピーなものじゃなくてもいいと思うし。孤独や悲しみ、争い事を経験したり、人生の葛藤に苦しむことにもロマンスを見い出すことができる」とコメント。ジョエル・リトルが手掛けたセカンド・シングル“You Need To Calm Down”は、LGBTQも含めて他人の個性を否定したり、他者を誹謗中傷するような人を諭すメッセージを発信。人は誰もがそれぞれ素晴らしい〈個性〉という王冠を戴いていると高らかに宣言する楽曲になっています。“ME!”についても「自分自身の個性を大切にして祝福しようということ」と説明している通り、今回のテイラーが重きを置いているポイントは明白でしょう。ジャック・アントノフらも関わったアルバムがまたいろんな意味で話題になるのは間違いありません。

40周年プレイリスト
pagetop