INTERVIEW

GANG PARADE『CHALLENGE the LIMIT TOUR at 日比谷野外大音楽堂』 記念すべき晴れ舞台を収めたBlu-rayの観どころとは?

GANG PARADE『CHALLENGE the LIMIT TOUR at 日比谷野外大音楽堂』 記念すべき晴れ舞台を収めたBlu-rayの観どころとは?

9人の終わりと10人の始まりを刻んだ野音ツアーの模様がいよいよBlu-rayで登場! 秋の全国ツアーと新作『LOVE PARADE』に向かって、パレードは続いていく!

 「ギャンパレ史上で最大の会場でしたが、お客さんとの距離をすごくいい意味で近くに感じながらライヴすることができたと思っています。野音は一人一人のお客さんの顔がすごく見えたのもあってか、その表情ひとつひとつを感じながら、それに対して、〈ありがとう〉〈楽しいね〉〈一緒にがんばろうね〉と、お客さんに向けて話すような感じでパフォーマンスしていました。いままででいちばん〈会話〉のような、心の通ったライヴができたかなと思っています」(カミヤサキ)——今年4月に“ブランニューパレード”で念願のメジャー・デビューを果たしたGANG PARADEが、最初の大舞台として臨んだのは東阪の野音ワンマンに挑む〈CHALLENGE the LIMIT TOUR〉でした。まず、5月19日には大阪城音楽堂で9人体制ラストの公演を行い、翌週の5月26日には東京の日比谷野外大音楽堂でナルハワールドを加えた10人体制での初ライヴを敢行。メモリアルな舞台にひとつの到達点を刻んでみせました。で、そんな野音ツアーの模様を記録したのが今回リリースされるBlu-ray作品「CHALLENGE the LIMIT TOUR at 日比谷野外大音楽堂」です。ここではメンバー各人に当日の思い出やBlu-rayの鑑賞ポイントを教えてもらいました!

GANG PARADE CHALLENGE the LIMIT TOUR at 日比谷野外大音楽堂 FUELED BY MENTAIKO/ワーナー(2019)

 

——改めて振り返ってみて、野音はどんなツアー、どんなライヴでしたか?

ユメノユア「本当に自分が立ったのかなと思ってしまうくらい夢みたいな時間でした。野音は自分の好きなアーティストが立ってきた場所で、その映像やライヴを観て育ってきたので、そこに自分がいて、会場が遊び人のみんなで埋まってるのは幸せでした。自分たちにとっても一つの歴史が刻まれたライヴでした」

ハルナ・バッ・チーン「大阪野音も日比谷野音も、その時にしかない空気感と状況であの場所でしかできなかったライヴで、単純に楽しかったです。野音全体に膜が張ってるんじゃないかっていうくらい全体が幸せの空気に包まれていた気がします」

キャン・GP・マイカ「夢のような時間でした! まさか野音ツアーできる未来があるなんて思ってなかったので……! 実際に会場はめちゃめちゃ広かったけど、気持ち的にはお客さんとの距離が近くに感じられて幸せな空間だったなーって思います!」

ココ・パーティン・ココ「すごく良いライヴだったけど、もっとレジェンド級のライヴにできたかなという気持ちもあって、10人の可能性をもっと感じたライブでした! でも純粋に楽しかった記憶があります」

テラシマユウカ「野音に2週連続立てたのは自分の人生でもトップレヴェルの濃い経験で、いまでも映像や写真を見返すとあの時の気持ちが込み上げてきます。大阪城野音は自分のお披露目の時に次ぐぐらい緊張したんですけど、地元であの素晴らしい場所に立てたことを誇りに思います。野音で初めてギャンパレを観てくれた人も多く、たくさんの人の記憶に強く残った日だったらいいなと思いました。何より、ステージから見えた遊び人のみんなの笑顔が記憶に残っています」

ユイ・ガ・ドクソン「これからのギャンパレを形成するのに必要不可欠なステージだったと思います。パフォーマンスをした感想でいちばん大きいのは嬉しい感情でした」

ヤママチミキ「大阪は9人ラストだったけれどそういう悲しさとか寂しさは一切なく、単純に9人で作ったGANG PARADEの形をお客さんと一緒に楽しむことができたと思います。日比谷は全員が緊張していた感じはあって、ナルハが加入して最初という大事なライヴだったので気合いがめちゃくちゃ入っていました」

ナルハワールド「〈今日から私はGANG PARADEのメンバーなんだ!〉っていう新しいものが始まるワクワク感があって楽しかったし、こんな広い会場でお披露目できたことがとても嬉しかったです」

月ノウサギ「大阪城野音も日比谷野音も個人的に特別な思い入れのある会場だったということと、GANG PARADEというグループが1つの終わりと始まりを同時に迎えたツアーだったので、とにかく〈特別〉なツアーだったなと思います。ステージに立った瞬間、いままで見たことのない景色が目に飛び込んできて思わず泣きそうになったことをよく覚えてます。1曲目の“ブランニューパレード”は大阪も日比谷も楽しすぎて涙が出そうになりました」

——Blu-rayの自分自身についての見どころや注目してほしいポイントは?

ハルナ「あまり映像のことを気にしていなくて、野音に溶け込みながらライヴをしたので、リアルなライヴ感を見てほしいです」

ユユ「大阪では異常に緊張して終始表情が固いのがポイントです。たこ焼きの屋台にみんな夢中だったけど、それを食べる心の余裕もなかったです」

マイカ「ライヴ本編は“Jealousy Marionnette”の1サビ! あとはコントですかね! あとあと、私は好きなアイドルの楽屋とかリハ中の映像を観るのが特に好きなので、今回それが入って本当に嬉しくて。だからギャンパレの日常たくさん観てください!」

ミキ「曲や歌詞ひとつひとつで表情をめちゃくちゃ変えるようにしていて、ライヴ中はそこまで見えないと思うので、改めて注目してもらえると嬉しいです!」

ドクソン「“FOUL”のラスサビで、気持ちが溢れましたのでどんなふうになっているか見てみてください」

ナルハ「コントで私がパンストを被ったシーンと、そのおかげで緊張が解けた後に歌った“BREAKING THE ROAD”を観てほしいです」

サキ「力んでないところ。本当に会場に来てくれた皆さんの表情のおかげで、肩の力を抜いてパフォーマンスできたと思っています。歌パートですごく丁寧に表情がわかるように映像を作っていただいているので、お客さんに向けての表情とかをひとつひとつ感じてもらえたら嬉しいです」

ユア「自分は“CAN'T STOP”です。あの場所でこの曲をすごく歌えたことが嬉しくて、続きはもっと大勢で見ていきたいなと強く思って歌ったし、その気持ちがより強くなりました」

——自分以外のメンバーについては?

ユユ「それぞれが乗り越えてきたものを噛み締めて抱き合ってる舞台裏のシーンはグッときます。ナルハのライヴが始まる前と後で全然違う表情もポイントです」

ハルナ­­­「ナルハは初めてのコントのはずなのに演技力があって、子役みたいな感じですごいです」

ユア「コントは終わってから初めてスタッフさんにおもしろかったと言ってもらえたり、遊び人のみんなにも笑ってもらえて楽しかったです。ナルハの顔にも注目!」

マイカ「メンバーの尊敬できるところってたくさんあって、私も映像を観てメンバーからもいい所を吸収しているのでたくさん観てもらいたいです! 野音前にソロ・パートを強化したので、その成果をぜひ! 大阪は“GANG 2”のイントロのサキちゃんに注目! 日比谷は“3rd FLOOR BOYFRIEND”のハルナルハがかわめろ!」

月ノ「個人的に好きなのは、“GANG PARADE”の冒頭の煽りのサキさんの表情が狂気じみてて最高な所と、“Dreamer”のラスサビ入るココさんがめちゃくちゃかっこいいです。あと、真上から撮っていただけるカメラがあって普段お客さんが見ることのできないフォーメーションだったりも楽しめると思います」

ナルハ「メンバー同士で目を合わせたり、笑い合ったりする場面がたくさんあるので、そういう絡み合いも注目してほしいです」

サキ「“BREAKING THE ROAD”が始まってパンストを脱いだナルハがめちゃくちゃ笑顔で、本当にこの瞬間振り切れたんだなと感じました。あと、ハルナの成長。デビュー当時からは考えられないくらい、歌に込める力もMCでの熱さもありました。初めて見た人でもわかるようなキャラクター性がすごくいいなと思いました」

ドクソン「個人的にはサキちゃんのMCが強く残っていて、サキちゃんの言葉と姿に目と耳で注目していただきたいです」

——10人の初ツアー〈PARADE GOES ON TOUR〉と、10人での初アルバム『LOVE PARADE』への意気込みをお願いします。

ハルナ「10人でさらにパワーアップしたいし、お客さんの記憶に残るライヴをしたいです。あと余裕を持ちながら一つ一つのライヴにしっかり向き合っていきたいです」

ココ「ツアーは自分たちの成長と、各地のお客さんとの大切な時間なので、ツアーを終える頃にすごい成長を感じたいです。来てくれた人全員にLOVEを伝えます!」

ユユ「『LOVE PARADE』というド直球なアウバム名の通り、ツアーで全国を回らせてもらう大切な機会に、人を幸せにするのは結局は愛だと思うので、会いにきてくれた方全員に胸いっぱいの愛を捧げたいです」

ユア「全世界を遊び人にしちゃう勢いで成長していきます。ギャンパレのピースフルな雰囲気を広めていきます! 日々成長し、変化していくグループでありたいです」

ミキ「10人という人数でしか魅せられないものがいろいろあると思うので10人のギャンパレらしさを突き詰めつつ、もっとスピードアップして進化し続けていきます!」

月ノ「10人体制とメジャーのスタートを野音ツアーという素晴らしい舞台で切らせていただいた以上、いままでよりさらに倍速で突き進んでいきたいです! アルバムのタイトルにある〈LOVE〉を忘れずに、秋ツアーは10人だからこそ見せられるGANG PARADEを見つけて作り上げていきたいなと思います」

ナルハ「初めて経験することがたくさんあるのがとても嬉しくて、そこから私自身もグループ全体も成長していきたいです」

サキ「〈LOVE〉という、かなりストレートな意味のある言葉を掲げてこれから活動していくんですけど、メンバーだったり、グループだったり、ファンの方、スタッフさんに愛を持つだけじゃなくて、愛を届けて伝えていきます。より幅広く新しい方にもギャンパレを好きになってもらえるように、まずは自分からギャンパレやメンバーの良いところをもっと見つけて、それが伝わるようなステージングや見せ方のできるツアーを作っていきます」

ドクソン「新体制で増えた色を加えたツアーも、アルバム『LOVE PARADE』も楽しみにしていてください!」

GANG PARADEの2019年の作品。

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop