TOPICS

フローティング・ポインツ、サカナクションのイヴェント出演も話題を呼ぶなか新作『Crush』をニンジャ・チューンからリリース

Photo by Dan Medhurst

フローティング・ポインツの新作『Crush』が10月18日(金)にリリースされる。

英マンチェスターに生まれ、作曲家/プロデューサー/DJとしてロンドンを拠点に活動するフローティング・ポインツ。DJとして世界を回り、高い評価を築き上げ、2015年には満を持してデビュー・アルバム『Elaenia』をリリースした。同作はその圧倒的な完成度の高さで、その年を代表する重要作として賞賛された。

2019年にはニンジャ・チューンとの契約を発表。その際リリースされたシングル“LesAlpx”Pitchforkの〈Best New Track〉に選出された。また、ここ日本ではサカナクションと〈SUMMER SONIC〉のスペシャル・コラボレーション〈NF in MIDNIGHT SONIC〉にDJセットで出演し、観客を魅了した。

そんなフローティング・ポインツの待望の新作『Crush』。10月18日にリリースすることが発表されるとともに、アルバムからニュー・シングル“Last Bloom”のミュージック・ビデオが公開された。

前作『Elaenia』が、ジャズやクラシック、エレクトロニカ、サイケデリック・ロック、さらにはブラジリアン・ポップまで、さまざまなジャンルの境界線を曖昧にし、聴き手が踏み込める世界を巧みに構築したとすれば、『Crush』にはシートベルトもせず、息をのむようなドライヴに誘われているような感覚がある。

クラブで、全ての要素が組み合わさって、完全にはまってしまう、あの信じられないような瞬間を再現したかったんだ。ずっと浸っていたいと思わせるようなものをね。
(フローティング・ポインツ)

フローティング・ポインツは自分の初期の作品にある〈即時性〉と、自身がレジデントを務めていたロンドンの伝説的なクラブ、プラスティック・ピープルのサウンドシステムから流れる自分の曲を聴いたときのスリルを取り込もうとした。そこで、過去をさかのぼって、10年前にリリースしたファーストEP『Shadows』を聴いたという。そのほとんどは17、18歳の頃、ノートパソコンのみで作ったものだ。

かなりの垢ぬけなさは否めないけど、ヤバかった。深みを感じさせるところもあったしね。あの自発性をもう一度体現したくなったんだ。
(フローティング・ポインツ)

新作『Crush』は、即興性のある初期衝動の感覚、音楽的成熟、コンポーザーとしての探究心、熱心なセレクター/DJとしての一面、そして音楽に対する情熱と、フローティング・ポインツのさまざまな側面が融合して完成した、エレクトロニック・ミュージックの歴史に刻まれる傑作となっている。

アートワークは前作『Elaenia』と同様、〈Sónar 2019〉への登場も話題となったバルセロナのハミル・インダストリーズが手掛けており、自然界をクローズアップしたようなヴィジュアルだ。

『Crush』の国内盤CDは、数量限定の特殊パッケージと通常パッケージの2種類が発売される予定。また、2種類の国内盤はどちらも高音質で楽しめるUHQCD(Ultimate High Quality CD)仕様。さらにボーナストラックが追加収録され、解説書が封入される。現在、iTunesでアルバムを予約すると、シングル2曲がいち早くダウンロードできる。

関連アーティスト
タワーアカデミー
pagetop