INTERVIEW

クルアンビンはベンチャーズの再来!? 音楽ライター2人に訊く、無国籍グルーヴが心をつかむ理由

クルアンビン『全てが君に微笑む』『Hasta El Cielo』『Con Todo El Mundo』『The Universe Smiles Upon You』

Photo by Mary Kang

クルアンビン――この不思議な響きを持つバンドの名前を、あなたも聞いたことはないだろうか?

2018年のセカンド・アルバム『Con Todo El Mundo』の発表以降、一気にその名を広めた彼らは、SNSなどを介してだんだんと日本のファンも獲得。結果、今年3月に開催された東京と大阪CLUB QUATTROでの初来日ライヴは大入りに(東京公演は急きょ、異例の1日2公演開催に変更された)。7月末の〈フジロック〉では〈FIELD OF HEAVEN〉のトリを務め、現場の観客と配信の視聴者とを大いに興奮させた――まさにクルアンビン旋風だ。

しかし、なんとも言語化しがたい無国籍サウンドと、ゆるっとしたグルーヴを持ち味とするインスト・バンドが、なぜこんなにも音楽ファンの心をつかんでいるのか? そこでMikikiは、過去作の日本盤化とダブ・アルバム『Hasta El Cielo』および日本企画盤『全てが君に微笑む』リリースのタイミングで、松永良平と黒田隆憲という2人の音楽ライターに彼らの魅力を語ってもらった。

なお、黒田はメンバーのマーク・スピアー(ギター)に松永はドナルド“DJ”ジョンソン(ドラムス)とローラ・リー(ベース)へのインタヴューをそれぞれ行っている。というわけで、日本でもクルアンビンのことをよく知る2人、というわけである。ぜひそれぞれの視点を楽しんでもらいたい。

KHRUANGBIN 全てが君に微笑む Night Time Stories/BEAT(2019)

KHRUANGBIN Hasta El Cielo Night Time Stories/BEAT(2019)

KHRUANGBIN Con Todo El Mundo Night Time Stories/BEAT(2018)

KHRUANGBIN The Universe Smiles Upon You Night Time Stories/BEAT(2015)

 

現代的な引き算したファンク・バンド

――実は私はまだクルアンビンのライヴを生で観たことがなくて。そんな初心者に魅力を教えるイメージでお話しいただけるとうれしいです。

松永良平「といっても、僕も知ったのは去年です。セカンドが出て、〈Tiny Desk Concert〉(2018年5月)に出てワッと盛り上がって、〈バンド名なんて読むの?〉なんて話題がTwitter上でもあった。僕よりも先に知っていたのはクラブに遊びに行く友だちでしたね。(YMOの)“Firecracker”のカヴァーが入っている10インチ(2014年作『History Of Flight』)もDJたちが変わり種として買っていたんです。黒田さんは?」 

2018年の〈Tiny Desk Concert〉

黒田隆憲「僕もその頃ですね。最初、アー写を見たときはテンプルズのようなサイケデリック・バンドなのかなと思って。そういう耳で聴いたらまったくちがう音楽だったから、戸惑いました。でも、聴いているうちにいままでのインスト・バンドとちがうってことがわかってきましたね。なので、QUATTROの来日公演に行こうと思ったんですけど即完売で、〈フジロック〉まで待ったんです」

――お2人がそこまでハマった理由は?

松永「〈現代的な引き算したファンク・バンド〉という魅力を感じたんです。去年は会う人みんなに〈クルアンビン、いいですよ〉って布教してました(笑)。サブ・ベースの効いた音楽もいいんだけど、〈ずっとは聴いていられないな〉って感じていたなかで、ひさびさに長時間聴きつづけられる音楽に出会ったなと」

――なるほど。

松永「たとえば、中国人のおばちゃんが躍る“Evan Finds The Third Room”のミュージック・ビデオも、本当は難しい表現だと思うんですよ。だって、悪い意味でのエキゾティシズムや嘲笑にも捉えられかねないので」

2018年作『Con Todo El Mundo』収録曲“Evan Finds The Third Room”のミュージック・ビデオ

――あるいは、搾取や文化盗用と言われるかもしれないですしね。

松永「でも、そこをうまくクリアしている。そういう知的なユーモアのセンスがあって、複合的にハマっていった感じかな」

 

実はヒップホップで渋谷系

――黒田さんがハマった理由は?

黒田「僕はアティテュードにすごくヒップホップを感じたんですよね。マークもインタヴューで言っていたけど、〈安っぽい〉って言われかねない音楽を組み合わせて、いかにかっこよく聴かせるかっていう方法が彼らの音楽にはある。昔ベックが言っていたことに近いなと思いました。古今東西のいろいろな音楽を折衷させていく感じは、日本の渋谷系のアーティストにも近いですよね。

あとは、コンセプチュアルなところが好きで。ライヴでマークとローラの2人がキメでシンメトリーな動き方をしたり、途中でお客さんと乾杯をしたりするんですよ。そういったタイミングもちゃんと考えられているんです」

2018年作『Con Todo El Mundo』収録曲“Friday Morning”

松永「上手いギタリストがいるトリオって、いままでもいなかったわけじゃないんです。でも、これまではもっとインプロ、ジャムっぽいバンドが多かった。だけど、クルアンビンは完全に決め事でやっているわけです。といっても、カッチリ拘束しているわけではない。ルーズなんだけど、〈かっこいい!〉って感じられる瞬間をどんどん置きながら演奏を構成している。

ライヴを観た友だちが〈あれを観たらバンドを組みたくなる〉って言っていて。〈自分にもできるかも〉って思う要素もいっぱいあるんですよね」

黒田「そうなんですよね。シンプルなんだけど、いろいろなポイントをずらすことでおもしろさが生まれている」

松永「しかも、〈ギター・ソロはダサい〉と言われている時代にギター・ソロしかない逆張りバンドなわけで(笑)」

黒田「ただ、ライヴを観るとドラムとベースのグルーヴがすごく重要だなって思います。この間リリースされたダブ・アルバム(『Hasta El Cielo』)を聴いても、改めてそう感じましたね」

『Con Todo El Mundo』のダブ・アルバム『Hasta El Cielo』についてダブ・ミックスを担当したジャマイカのプロデューサー/エンジニアが語ったインタヴュー映像

 

DTM的な編集で出来上がった楽曲

――ベーシストのローラ・リーはものすごく人気がありますよね。ライヴを観た人はみんな彼女に夢中になっている。

黒田「ルックスや衣裳、動きもセクシーで〈悩殺!〉っていう感じ(笑)。もちろん、ベースのフレーズもおもしろいんですよね」

松永「ちなみに、マークとドナルドはもともと教会のゴスペル・バンドで10年間一緒だったんですよね。〈あいつはオルガンを弾いているけど、ドラムを叩けるはずだから〉ってマークがドナルドを誘った。ローラなんて、もともとベースどころか楽器の経験がほとんどない人だった」

クルアンビンの2018年のスタジオ・ライヴ映像

黒田「『ギター・マガジン(2019年7月号)』で曲作りについてしゃべっているインタヴューって読みました? まず、マークがストックしているジャズ・ファンクやソウルのドラム・パターンをいくつかドナルドに渡すことから始めるらしいんです。そのなかから彼が叩きたいものを選んで、それをローラに渡す。で、ローラがベースを乗せたものをマークに送り返して、彼がエディットしながらアレンジや構成を作り込んでいく。曲の作り方がすごくDTM的だなって思うんです」

松永「それはドナルドも言っていました。ライヴで曲を叩き上げているって思われるけど、僕たちはちがうんだって。〈曲になったな〉って思った段階で、初めてスタジオで合わせるんだそうです。だから、出来上がったときのグルーヴやテンポ感が重要で、そのときのノリで速くしたり遅くしたりはしない、と」

黒田「ライヴで電話が鳴る曲があるじゃないですか(“Evan Finds The Third Room”)。ステージに電話が出てきて、曲のテンポに合わせてベルが〈チリリリリン〉って鳴るんです。それにローラが出て〈ハロー〉って言う演出があるんですが、あれもベルの音と曲のテンポをちゃんと合わせているからこそできる。そういったところも、めちゃくちゃ考えていますよね」

 

徹底してショウビズでエンターテインメントなライヴ

――〈フジロック〉でのライヴは盛り上がっていました?

松永「3月のQUATTROでのライヴを経て、すごくサーヴィス精神旺盛になっていましたよ(笑)。QUATTROは様子見っていう感じもあったと思うんです。でも、熱狂的に受け入れてくれたから、〈フジ〉ではその自信の反映を感じましたね。ローラのクネクネ度もめちゃくちゃ上がってました(笑)」

黒田「身体全体で弾いている感じでしたよね。〈フジ〉ではめちゃくちゃ踊り狂っている人もいました。たまに入るコーラスのフレーズというか、掛け声みたいなのも口ずさみやすいじゃないですか。それをみんなで歌って盛り上がっていました」

――世界的にもクルアンビンの存在感が大きくなっているのは作品のおかげなんでしょうか? それともライヴの魅力?

松永「一度ライヴを観たら、〈もう一回観たい〉って思う人は世界共通でいるんだろうなとは思いますね」

黒田「普通のロック・バンドとはちがう気持ちよさがあるのが大きいのかなという気がします。曲間のシームレスな繋ぎもそうですし、音の抜き差しもクラブ・ミュージックっぽい。

〈フジ〉ではアンコールでドラムだけ残る演出があったんです。あれがすごかったんですよ。ドナルドが一人でキックを鳴らして、次にスネア、次にハイハットっていう感じで、どんどん楽器を重ねていって、フレーズやパターンになっていくんです。

あれはミックスダウンで、バス・ドラムの音を立ち上げて、次にスネアの音を立ち上げて、ってやることにすごく似ていると思いました。ダブ・ミックスを生でやっている感覚ですよね」

――ミキシング・コンソールの卓が想像できる感じ。

黒田「そうそう」

クルアンビンの2018年のスタジオ・ライヴ映像

松永「ちなみに、あそこは〈本編内アンコール〉っていうか、ローラの衣裳替えの時間でもあって。古い例えで申し訳ないですけど、“UFO”のときのピンクレディーみたいなすごいラメのタイトなドレスに衣装替えして出てきたんです(笑)。そういう〈おいしさ〉を熟知してきている感じはありますね」

黒田「ライヴのエンディングはすごく引き延ばして演奏していましたよね。ジェイムズ・ブラウンっぽい感じで、ショウビズやエンターテインメント性を感じました。ちゃんとニーズに応えていて、もちろん自分たちの表現もあって、という」

次ページクルアンビン旋風はベンチャーズのエレキ・ブームに匹敵?
関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop