2019.09.10

「メンバー四人全員がアコーディオン奏者」というポルトガルのアンサンブル。彼らが使用しているのは、コンセルティーナと呼ばれている種類のアコーディオンだそうだ。ポルトガルではこの楽器はいろんな音楽に使われるという。彼らはこの楽器の新しい魅力を引き出そうとアンサンブルを結成した。ディープ・ルンバならぬディープ・コンセルティーナか? ローカルな楽器や音楽にまとわりつくツーリズムの皮を剥いでみたいという当事者の切なる願いを引き受けたのがジャキス・モレンバウム。海には特別な感情を寄せるブラジルとポルトガルの、サウダージとファドが結びついて生まれた新しいセンチメント。
 

関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop