COLUMN

〈ハモンド・オルガンの魔術師〉コリー・ヘンリーがBillboard Liveに登場

〈ハモンド・オルガンの魔術師〉コリー・ヘンリーがBillboard Liveに登場

スナーキー・パピーの元メンバーで、〈ハモンド・オルガンの魔術師〉とも称されるコリー・ヘンリーが、10月29日(火)にBillboard Live OSAKAで、10月31日(木)、11月1日(金)にBillboard Live TOKYOで、それぞれ来日公演を実施する。

米ブルックリンに生まれたコリーは、主に教会で2歳の頃からオルガンを弾き始め、なんと弱冠6歳にしてあのアポロ・シアターのステージに立つという経歴の持ち主。しかし正式な音楽教育を受けたわけではなく、その音楽的センスは教会でのミュージシャン・コミュニティーでゴスペルや霊歌を奏でるうえで身についていったものだという。高校ではジャズも学んだコリーは、19歳の時にサキソフォニスト、ケニー・ギャレットのツアー・メンバーに抜擢。以降、パフ・ダディやブルース・スプリングスティーンといった、さまざまなジャンル/アーティストのバック・メンバーを務めるようになる。

その後、リーダーでベーシストのマイケル・リーグを中心に、さまざまな個性派ミュージシャンが流動的に出入りする大御所ジャズ集団、スナーキー・パピーに加入。バンドが数々の賞を獲得していくのと同時にコリーはめきめきと頭角を現し、いつしか〈ハモンドの名手〉〈ハモンドの魔術師〉と呼ばれるようになった。2016年にはソロ作『The Revival』を、スナーキー・パピーのレーベル、グラウンドアップから発表。自身のルーツである聖歌からジョン・コルトレーン、あるいはスティーヴィー・ワンダーやビートルズといったアーティストの楽曲までを、ハモンド・オルガンで革新的に〈リヴァイヴァル〉し、アルバムがUSジャズ・チャートで2位を獲得したことでも話題になった。

今回来日するコリー・ヘンリー&ザ・ファンク・アポストルズとしては、昨年シングルとアルバムを配信で発表。コリーはシンガーとして美声も披露しており、ゴスペルで培った歌やグルーヴを70年代のファンク・ミュージックに落とし込み、さらに現代流にアップデートすることに成功している。Billboard Liveで行われるそんなバンドの貴重な来日公演、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。


LIVE INFORMATION
CORY HENRY AND THE FUNK APOSTLES

10月29日(火)Billboard Live OSAKA
1stステージ 開場 17:30/開演 18:30
2ndステージ 開場 20:30/開演 21:30
サービスエリア 8,500円/カジュアルエリア 7,500円(1ドリンク付き)
★詳細はこちら

10月31日(木)、11月1日(金)Billboard Live TOKYO
1stステージ 開場 17:30/開演 18:30
2ndステージ 開場 20:30/開演 21:30
サービスエリア 8,500円/カジュアルエリア 7,500円(1ドリンク付き)
★詳細はこちら

■来日予定メンバー
コリー・ヘンリー(ヴォーカル、キーボード)
ティファニー・スティーブンソン(ヴォーカル)
デニス・スタウダマイアー(ヴォーカル)
シャレー・リード(ベース)
ブレントン・ロケット(ドラムス)

タワーアカデミー
pagetop