INTERVIEW

CYANOTYPE『MONTAGE』海宝直人が歌うバンド、聴き手の孤独や壁を前進への力に変えるロック

CYANOTYPE『MONTAGE』海宝直人が歌うバンド、聴き手の孤独や壁を前進への力に変えるロック

誰もがかかえる孤独や壁を、前進する力にーー短編集のように繰り広げられる、音楽のモンタージュ

 太陽の日差しを感じるバンドだ。ギターの小山将平、作詞作曲も担当するベースの西間木陽に、俳優として幅広く活躍するヴォーカル海宝直人が加わり結成された〈シアノタイプ〉。ファースト・アルバム『MONTAGE』の1曲目《鐘》の冒頭は、とりわけ息を飲むほど美しい。やがて合流するエモーショナルなロック・サウンドとともに、「それは突然、あまりにも神々しい鐘の音が鳴り響く僕の中」「やるべきことが何となく分かった」「全ては音に」という熱い出会いの物語が綴られる。

CYANOTYPE MONTAGE キング(2019)

 「はじめて海宝直人の声を聴いたときのイメージを、そのまま曲にしました。シアノタイプのはじまりを描いた、決意表明のような1曲です」(西間木) 「光輝いたやつが突然現れて、ものすごい歌を聴かせてくれたからね。でも、そういう思いが込められた曲だったとは。西間木君はそういうこと、僕らには言ってくれないから」(小山)

 「だからこそ、演劇的な読み解く面白さがあるんですよね。きっと聴いている方もそうなんだろうと思います」(海宝)

 たしかにアルバムを通して聴くと、10個のミュージカルを体感したような気持ちになる。

 「海宝君がミュージカル俳優だからとかではなく、シンプルに彼の表現力の高さがシアノタイプの武器だと思い、どうしたらそれを生かすことができるか考えたんです。結果的に、大きな物語があって、そこから短編を切り取っていく今のスタイルが生まれました。難しいシチュエーションでも、海宝君は情景がぱっと浮かぶように表現してくれるので、作り手として嬉しい」(西間木)

 「西間木君は漫画がすごく好きで、自分の中にいろんなストーリーを持っている。僕は『送る声』や『時の不平等』が好きです。西間木君の中二病感が出ている歌詞自体もいいんだけど、海宝君が歌うとまったく違うかっこよさになる。歌詞と歌唱の相性がいいんですよね」(小山)

 「実際は息継ぎや暗譜が大変で、いつも血のにじむ努力で歌ってます(笑)。でもそういう意味で西間木君の曲には、叩きつけられた挑戦状を歌いこなしていく、というおもしろさがありますね」(海宝)

 活動は、ライヴを中心に2012年から。ドラマティックな《最終電車》や《ナルコレプシーの創造論》、そして《花色》がアルバムのために書きおろした新曲になる。

 「《花色》はバラードで、日常の情景を切り取るような新しいアプローチ。海宝君の歌唱も、今までにない新鮮さがいい。一行だけ、海宝君が歌詞をアレンジした部分があったよね?」(小山)

 「“冷めた焼きそばと”のあとの“からっぽの空”は、僕から提案させていただきました。西間木君の世界観を思い浮かべていたから、自然に出てきた感じで」(海宝)

 「僕自身、海宝君の声を脳内再生して作っているからね。海宝君というフィルターを通して書いているから、ある意味『作詞作曲:海宝直人』なのかもしれない。僕らが学んできた音楽は、三者三様でバラバラですが、混ざることで生まれていくものがあって、それがシアノタイプの個性だと思う。だからこれからも、どんどん混ぜていきたいですね」(西間木)

 海宝は当初、西間木とは『ドラえもん』、小山とは『ディズニー』のファンとして距離を縮めたというバンドらしからぬ(?)告白も。彼らの音楽には、たしかに『美女と野獣』『アラジン』『ノートルダムの鐘』などで知られるアラン・メンケンの音楽のような、強さと希望が息づいている。

 「生きているとつらいこと、思い通りにいかないこともあると思うけど、そこで腐らずに自分を大切にがんばるための支えになりたいです。僕はアラン・メンケンをあまり詳しく知らないのですが…(笑)」(西間木)

 「西間木君は最近ようやく『バンビ』を観ましたからね。アラン・メンケン登場まで、あと50年」(小山)

 「でも、僕の存在からアラン・メンケンを感じ取ってくれたのだとしたら、ディズニーファンとしてすごくうれしいです(笑)。誰もが生きる中で感じる孤独や壁を、僕らの音楽で前進する力に変えられたら最高ですね」(海宝)

 


シアノタイプ (CYANOTYPE)
2011年にメンバーが出会い、2012年「シアノタイプ」結成。小山、西間木によるJAMアレンジを基調としたエモーショナルなロックに、海宝の情感あふれ、時にシアトリカルなヴォーカルを重ねることで、さまざまなスタイルの音楽へと変化してゆく様は「POPSの見本市」とも形容できる楽曲バリエーションでオーディエンスを惹きつける。ギター小山、ベース西間木はエレキインストバンド 「B.C.V」のメンバーとして、ヴォーカルの海宝は「シアノタイプ」の活動と同時に、俳優としてミュージカル・舞台・映像など幅広く活躍している。バンド名「シアノタイプ」は “青写真”を意味する。

 


LIVE INFORMATION

シアノタイプ  LIVE TOUR 2019
○10/28(月)18:30開場/19:00開演 会場:GARDEN(東京)
○10/29(火)18:30開場/19:00開演 会場:Music Club JANUS(大阪)
○10/30(水)19:00開場/19:30開演 会場:Gate’s 7(福岡)

TOWER RECORDS INFORMATION
○10/17(木)19:00開演 会場:タワーレコード錦糸町店

関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop