EVENT & LIVE REPORT

鮎川誠ら登壇! ピーター・バラカンの〈LIVE MAGIC!〉開催目前、パイドパイパーハウスで行ったトーク・イヴェントをレポ

(左から)大江康太、濱口祐自、鮎川誠、ピーター・バラカン
 

今年で6回目を迎える、ピーター・バラカンがオーガナイズするフェス〈Peter Barakan’s LIVE MAGIC!〉が、10月19日(土)と20(日)に東京・恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンホール/ザ・ガーデンルームで、22日(火)に沖縄・琉球新報ホールで〈EXTRA〉公演が開催!

ここでは10月7日にタワーレコード渋谷店6階にて営業中のレコード・ショップ、パイドパイパーハウスで実施されたトーク・イヴェント〈LIVE MAGIC! 開催直前! SPECIAL TALK SHOW at Pied Piper House〉の模様をレポートする。登壇者は、パイドの店主・長門芳郎とピーター・バラカン、そして同フェスに出演する鮎川誠(シーナ&ロケッツ)、濱口祐自、大江康太(The Kota Oe Band)の5名。飛び入りゲストも登場した、出演アーティストの音源を聴きながらの音楽談義は必読! *Mikiki編集部

★〈Peter Barakan’s LIVE MAGIC! 2019〉の詳細、チケット予約はこちら

 


長門芳郎「今日は、10月19日(土)と20(日)に出演されるお三方においでいただきました。年齢も出身も違うギタリストたちですね。濱口さんはこれまで全部出演されているんですよね?」

濱口祐自「ありがたいことに呼んでもらえて。感謝してます」

ピーター・バラカン「すべての回に出演しているアーティストは、濱口さん以外誰もいませんね。しかも、毎回土日の両日出演してくれている」

右端がパイドパイパーハウス店主・長門芳郎
 

長門「で、初登場となるのが、鮎川誠さんと大江康太さん」

バラカン「僕はどの楽器も好きですけど、〈LIVE MAGIC!〉の出演者にはギタリストが多くなってますね。これまでの5年間で個性的なギタリストをたくさん迎えているんですけど、今年も例に漏れず、といった感じです。でも、鮎川さんのようなオーソドックスなロックンロール・バンドの出演はあんまりなかったかもしれない」

鮎川誠「俺たちシーナ&ロケッツは、〈LIVE MAGIC!〉がいつか呼んでくれないかなぁ、と思ってたから、やった~!って気持ちで」

バラカン「すみません、遅くなりました(笑)」

鮎川「だからすごく嬉しいし、恵比寿のザ・ガーデンホールは素晴らしい会場で。自分たちの30周年のコンサート(2008年5月に開催された〈S&R HAPPY 30th ANNIVERSARY SPECIAL〉 )も(同会場で)やったんだけど、細野(晴臣)さんやら、(高橋)幸宏やら、内田裕也さんやら、それにチバユウスケ、サンハウスの菊(柴山俊之)、ウェスト・ロード・ブルース・バンドの永井“ホトケ”隆など、僕らとずっと友だちだったみんなゲストで来てくれて、それがすごく思い出に残っとる」

バラカン「今年40周年だったっけ?」

鮎川「41周年になっていて、11月が来ると42年目に突入です」

バラカン「すごいな」

鮎川「ただ好きなことをやってるだけのバンドですけど、とても幸せですね。好きなだけステージでギターを弾く、音を鳴らす。それが最初からしたかったことやったから」

バラカン「最近はお嬢さんがヴォーカルとることもあるの?」

鮎川「シーナは天国に行ってしまったけど、残った3人で5年やってます。ただ末娘のLUCYがときどき歌ってくれることもある。彼女には、〈今度の「LIVE MAGIC!」楽しそうやけ、おい、いっしょに歌おうぜ〉って言うたら、出てくれるって。ただ彼女をメンバーとして縛ることはできない。それにシーナはひとりしかいないし、2代目シーナ&ロケッツというのはないから。40年、ずっといっしょやったからね」

バラカン「そうかそうか。ところで濱口さんは最近レパートリーが増えている感じがあるけど」

濱口「ようけあるんやけどね。やっぱり飽きられんようにしよと思ってね。BBキングみたいに同じような必殺技で勝負するのもええんやろうけど、なるだけいろんなタイプの曲を弾きたい。ギターも毎回変えたりね。前は竹で作ったギター持って行ったこともあった。今度は缶カンを改造して〈カンジョー〉みたいなのを作ってみよかなと思っとるけど、めんどくさいしな、と迷っとるところで。とにかく意表を突くレパートリーにせなのう。

あとちょっとフェイク入れたりね。誰かのライヴ観に行っても、レコードと違うフェイク入れてくれたりすると、どえらい嬉しい。ああいうのがやっぱりライヴの醍醐味で、自分もつねにお客さんの気持ちになりながら演奏しよるんですけどね。ただ何をしゃべるかとかぜんぜん決めてないし、そこらへんは出たとこ勝負やの」

長門「濱口さんはギター弾く前からおもしろい(笑)」

濱口「そうですかね? フツーなんやけど(笑)」

バラカン「〈LIVE MAGIC!〉では、ミュージシャンたちが自発的にセッションを行うこともたびたびあるんです。こちらからけっして呼びかけはしないけど、やりたければいつでも大歓迎、って思っていて、わりといつも率先してやるのが濱口さんだったりする」

濱口「僕は気が合ったら、〈ちょっと(セッション)せえへん?〉って声かけるんですよ。楽屋ではけっこうギターを弾きよるんでね。ロバート・エリス(2017年に出演)っていうカッコええ、ちょっとラスヴェガスふうな人おったやろ?」

バラカン「あぁ、格好がラスヴェガスっぽいってことね」

濱口「そうそう。彼が“Deep River Blues”を知っていたから、ドック・ワトソンふうに弾いたりしたの。そんなん今年もやりたいなと思ってね」

バラカン「ぜひぜひ。大江さんはこの3人のなかでははるかに若い(笑)。今年で30歳か。でもバンド歴はけっこう長いですよね?」

大江康太「メンバーがいろいろ変わったりはしてますけど、10年以上やっているのかな」

バラカン「ずっとジャム・バンド・スタイルの音楽をやっている?」

大江「そうですね。それがやっぱりいちばん好きなので。そもそもジャム・バンドって、ブルーズ、ソウル、ジャズ、ワールド・ミュージックなどいろんな音楽がごった煮になっていますが、それらの要素を少しづつかいつまみながらバンドを続けてきた、といった感じですね」

バラカン「この若さなのに自分が生まれる前の音楽をたくさん聴いてきているわけですけど、そちらの道にどっぷり進む大きなきっかけはありました?」

大江「きっかけとなったのはクリームの音楽との出会いだったんですよ」

バラカン「ドラムスのジンジャー・ベイカーが昨日(10月6日)亡くなりましたね」

大江「そうですね。入り口となったのは、現役時代だった60年代ではなく、2005年の再結成ライヴの音源でした。そのライヴ・アルバムに強い印象を受けて、エリック・クラプトンだったり、ブルーズを聴くきっかけができたんです」

バラカン「鮎川さんもクリームは聴いた?」

鮎川「ものすごい聴いた。“Strange Brew”が入ったアルバム(67年発表の2作目『Disraeli Gears』/邦題〈カラフル・クリーム〉)を誰かが持っとって、しばらくしてからファースト・アルバム(66年作『Fresh Cream』)を聴いたのかな。ちょうど3作目の『Wheels Of Fire』が出た頃、僕は博多でバンド活動を始めたばかりだった。

クラプトンの存在を強く認識したのはヤードバーズのとき。シングル“For Your Love”のB面のインスト(“Got To Hurry”)を何回も何回も聴いた。その後、ソニー・ボーイ・ウィリアムソンIIとヤードバーズがヨーロッパ・ツアーしたアルバム、クラウダディ・クラブでのライヴ音源とかもよく聴いた。彼はいろいろ教えてくれたね」

バラカン「濱口さんはエリック・クラプトンを聴いていた?」

濱口「あんまり聴いてないのう。クラプトンは好きやけどね、ギター上手やから。そもそも戦前ブルーズに行ってしもうたからね。ミシシッピ・ジョン・ハートが好きになって、あのスタイルを一生懸命練習してたかな。白人ロック系はあんまり通ってない。リトル・フィートとライ・クーダーは通りまくったけどね」

バラカン「ここにいる3人とも、ブルーズが何らかのべースになっているよね?」

鮎川「ビートルズやストーンズのあとは、みんなブルーズって感じやったね。ジミヘンがみんなをビックリさせたんよ。ブルーズの演奏とエレキの(音の)デカさとでね。で、フーの影響受けて、ギター蹴ったり壊したりしてね。66、67、68年はめちゃくちゃやったんよね」

バラカン「あれももう50年前ですよ」

鮎川「こないだトーク・ショーですごいボックス・セットが出たビートルズの『Abbey Road』について喋ったけど、地球レヴェルでとんでもない存在なんだなと思って。その2、3年前からロック・シーンではすごいことが起きていて、アメリカではボブ・ディランがポール・バターフィールド・ブルーズ・バンドのメンバーをバックにエレキの音で新しい音楽をやり始めたり、すごいエキサイティングな時代だね」

バラカン「もはや50年前のことだから、いま50歳の人はその時代のことを当然知らない。ちょうどもうじき公開になる『イエスタデイ』って映画があるんです。ビートルズの音楽が抹消されてしまった世界という設定なんだけど、実際のところ、いまの若い人のなかには名前は知っているけどどんな音楽をやっていたのか知らない、って人も多くて、不思議な世の中だなと感じる。で、大江さんはクリームをきっかけに過去の音楽をどんどん聴くようになりました?」

大江「そうですね。僕らの時代は小学生のときすでにインターネットがあったから、時間軸というのがもはやあまり意味を持たなくなっていて。掘れば掘るだけ情報が湧き出てくる環境なので、あとは自分でどこまで掘っていくか、ってことにかかっていて。そういう技術の恩恵に与かりながら、知識を深めていきましたね」

バラカン「〈LIVE MAGIC!〉に来て自分の耳で確かめていただきたいんですけど、大江さんのバンドはビックリするほどいい演奏をするんです。ああいう渋い感じのジャム・バンド系の音楽をやっていて、それ一本で生活していくのはかなりきつい?」

大江「このご時世難しいでしょうね。でもなんとかギリギリそれだけで生活できてます」

バラカン「そうか。いまの日本は残念ながらそういう状況ですけど、〈LIVE MAGIC!〉の2日間で本当にいろんなタイプの音楽と出会うことができます」

バラカン「それでは皆さん、今回のラインナップのなかでオススメしたい出演者がいたらおっしゃってください」

鮎川「俺は小坂忠さんと会える、彼を観れるのがものすごく嬉しい」

バラカン「いやぁ、忠さんを見ていると、歳を取れば取るほどどうしてあんなにカッコよくなれるのか、って不思議に思う」

大江「昔よりも、キーが上がっている、っておっしゃってましたよ」

長門「あれだけの大病を克服してね」

バラカン「そうそう。で、現在はものすごく声が出る状態になっていますね」

鮎川「細野さんと忠さんは、彼らが作ったエイプリル・フールというバンドを浪人中か大学一年の頃に久留米で聴いて以来ずっとチェックを入れよるふたりなんです。彼らからもいっぱい音楽を教わったね。はっぴいえんども素晴らしかったけど、小坂忠のフォージョー・ハーフもよかった」

小坂忠の75年作『ほうろう』収録曲、はっぴいえんどのカヴァー“ふうらい坊”
 

バラカン「忠さんも今年でデビューしてから50年を迎えましたね。細野さんも同じく50周年で、現在〈細野観光1969 - 2019〉という博覧会をやってます。そこでエイプリル・フールの頃の忠さんが見れるんだけど、いまとぜんぜん別人だったからおもしろかった」

長門「彼はその頃〈ヘアー〉というロック・ミュージカルに出演していましたね」

バラカン「長門さんが気になる出演者は?」

長門「僕は3MAですね」

バラカン「ウードとコラとヴァリーという弦楽器の達人が集まった、モロッコとマリとマダガスカルの出身者3人から成るグループ。バンド名はフランス語読みで〈トワ・マ〉といいます。マダガスカルのヴァリハ奏者、ラジェリは事故で片手がないんですよ。なのに腕を使って見事に演奏するんです。ビックリしますよ」

3MAの2017年作『Anarouz』タイトルトラック
 

長門「あと、大江さんの歳の半分ぐらいのギタリスト……」

バラカン「西村ケントというアコースティック・ギタリストで、年齢が16歳。大阪の高校生なんです」

長門「最年少出演者になるの?」

バラカン「去年出演したブランドン“タズ”ニードラウアーが15歳だったから、それに次ぐ若さですね。西村ケントはこういうギターを弾きます(西村ケントがカヴァーしたドナルド・フェイゲン“I.G.Y.”が流れる)」

参考映像:西村ケントによるノラ・ジョーンズ“Don't Know Why”カヴァー
 

バラカン「誰かに教わったというわけじゃなく、何がきっかけだったのかよくわからないけど、自分が生まれるはるか前の音楽を好きになって、セミアコ1本で追求しているという。なかなかおもしろいギタリストです」

長門「東京中低域もおもしろいバンドですね。バリトン・サックス奏者だけのグループで、ビートニクスなんかといっしょにやってますね。今日客席にいる彼女も共演したことがあるよね?(ラジオの収録終わりに来場していた野宮真貴が飛び入りで登壇)」

野宮真貴「ハイ、一回ライヴをやったことがあります。今日はマコちゃん(鮎川)が出るから観に来ました」

東京中低域“Linda, Heather and Nancy”
 

長門「鮎川さんと野宮さんのご関係は?」

鮎川「近々だと俺の古希のライヴにゲストに来てくれて。NIKEのロゴに似た〈KOKI〉って書いてあるヴァイオレットのカッコいいキャップをくれたんです。それでシーナの歌をいっぱい歌ってくれてね。ありがとう」

バラカン「今年が古希?」

鮎川「古希プラスワンです(笑)。本当に時が経つのは早いね。ピーターと初めて会ったのは80年代だったね。六本木で会ったよね」

バラカン「あそこの飲み屋?」

鮎川「その前に会ってたはず。シーナが細野さんが作ったYENレーベルで『いつだってビューティフル』っていうアルバムを作ったとき、ピーターがレノマのポスターに、ニューヨーク・ドールズみたいに口紅っぽい字体でなにか英語の言葉ををピャ~っと書いてくれてさ」

バラカン「そうだったっけ?」

鮎川「そう。そういえば、俺が初めて会ったときにピーターは、〈俺はハーモニカ奏者だ〉って言ってたんです」

バラカン「え~! そんな無謀な(笑)」

鮎川「〈じゃあ今度いっしょにジャムろう!〉っちゅうてね」

バラカン「恥ずかしいなぁ……」

長門「実現したんですか?」

鮎川「いや、それからピーターもすごく忙しくなって、なかなか会えなくなった。六本木を歩いていてもなかなか見つからない」

バラカン「ハハハ! ホント僕の記憶力はダメだな(笑)」

長門「鮎川さんはその頃、南青山にあったパイドパイパーハウスにシーナといっしょに来てくれてたね」

鮎川「ハイ、〈ペブルス〉シリーズは全部揃えてもらったし、アレックス・チルトンの音楽に出会えたのもパイドパイパーハウスやったね」

バラカン「では、引き続き他の出演者について話していこうかな。今回の〈LIVE MAGIC!〉は、10月22日(火)に那覇でも開催するんですが、そこにもいっしょに行くのがすずめちゃんです。フルネームは、J・ラモッタ・すずめといいまして、イスラエルの若い女性です。20日の日曜に出演します」

J・ラモッタ・すずめの2019年作『すずめ』収録曲“If You Wanna”
 

バラカン「みんな、なんで〈すずめ〉って名乗っているの?って不思議に思うみたいですが、とても長い理由があって、すべてアルバム『すずめ』(2019年)のライナーノーツに書かれているのでぜひチェックしてみてください。去年ブルーノート東京でのライヴを観たんですが、あまりに良かったもので、終了後に楽屋へ行き、〈来年の10月って何してますか?〉って訊いてしまった(笑)」

鮎川「へ~、楽屋で決めてしまったんだ」

バラカン「そういう出会いってあるんだね。毎年そういう出会いが積み重なって、〈LIVE MAGIC!〉の歴史が豊かになっている、そんな気がしています」

鮎川「ねぇねぇ、ピーター、OKI DUB AINU BANDのOKIさんのグループ、Amamiaynuの音はないの?」

バラカン「あるよ。聴いてみましょうか」

Amamiaynuの2019年作『Amamiaynu』
 

鮎川「康太は朝崎(郁恵)さんのこと知ってたんだよね?」

大江「ハイ、民謡とか民族音楽も大好きなので、彼女の音楽とか耳にしますね」

バラカン「奄美大島の朝崎郁恵っていう80代の民謡歌手と、突然いっしょにやることになったんだってOKIから連絡が来てね。きっかけは何だったのか、また今度じっくり聞こうと思ってますが」

鮎川「(朝崎の声に聴き入りながら)素晴らしいねぇ」

大江「めちゃめちゃイイですね、これ」

バラカン「アイヌ音楽の響きと奄美民謡の響きはぜんぜん違うはずなのに、不思議なぐらい違和感がない。だからライヴで聴くのがすごく楽しみ」

鮎川「以前、細野さんのスタジオでOKIさんと会ったことがあるんよ。〈クワイエットヴィレッジ〉っちゅう細野さんの自宅の地下室にあるスタジオで」

長門「マーティン・デニーのヒット曲だね」

バラカン「それから、急遽出演が決まった人を紹介します。アルゼンチンのフアナ・モリーナという女性アーティストで。この前、ライヴの動画を観たんですが、すごいんですよ。ギターとキーボードという編成なんだけど、ループを使って自分の声をいくつも重ねながらおもしろい音楽を作り出していくという。

彼女は20日に出演するんですが、この日は出演者が多すぎて、タイムテーブルに収まらなくなってしまっていて。だから当日は前倒しで11時半に開場することにしました。で、12時半から、こちらも新たに決まったコエーリョ&リドネルというブラジル人とアメリカ人のデュオが演奏します。詳しい情報はウェブサイトを確認してください」

長門「じゃあ最後に、今日出演した3人の曲をそれぞれご自身にオススメしてもらいましょうか」

鮎川「なんでもいいよ。ピーターが好きなのをかけて」

バラカン「じゃあ、僕が代わりに選ばせてもらいます。これ発表当時に持ってなかったんだけど、最近聴いてすごく気に入ってて。細野さんがプロデュースしたアルバム『@HEART』」

鮎川「OKIさんと会ったのはそのアルバムのレコーディングだったんだよ」

バラカン「そうだったんだ! そのなかから“OLDSMOBILE ROCK”を聴いてもらいましょう」

シーナ&ザ・ロケッツの97年作『@HEART』収録曲“OLDSMOBILE ROCK”
 

バラカン「(歌詞に〈ハリーのスタジオに向けてまっしぐら/ハリーのスタジオは一晩中やってるから〉という一説が登場して)オールズモービルを持ってたことがあるの?」

鮎川「あのね、この頃シーナがオールズモービルに乗りよったんよ。〈買おうぜ!〉ってなって、中古車情報誌買って調べたら、東京では一台しか売ってなくて、町田まで買いに行った」

バラカン「へぇ~。ロケット88じゃないよね?」

鮎川「ではないけど、88の流れを引き継ぐコンパーチブルのやつ。でも、エンジンの音はブルル~ンってすごかったよ。当時シーナは免許取りたてやったんやけど、なんか買おうって考えたとき、ビューイックとかロックの名曲に歌われたような車にしたらええんじゃないかと思ってね」

長門「歌詞の〈ハリー〉っていうのがハリー細野のことだね」

鮎川「そう。あのレコーディングのとき、コンピューターを使う細野さんをもう一度見たくて、引っ張り出したっちゅうか、そうお願いしたわけ。YMOの頃から20年近く経ってたけど、そういうタイミングで細野さんが俺たちの曲にどんなビート入れてくれるか興味があった。それにリサイクラーとかいうアプリケーションを使えば、モータウンのどれどれの曲で聴けるドラムの音色をすぐ取ることもできたから、いろいろ試したりして。ソファーに座った細野さんが生音でベースを弾き、俺がギター弾いてシーナが歌って、ジェイムズ・ブラウンの“Think”のカヴァーもやったね」

バラカン「じゃあ続いて濱口さん。あまりにいろんなスタイルでやるからどの曲をかけるのがいいのか」

濱口「あんまり自分の演奏聴きたくないんやけどの。なんでもええですわ。照れくさいのう」

鮎川「照れくさいのう、自分で聴くのはやっぱり」

バラカン「じゃあ“Caravan”でいこうか」

濱口「おぉ、これは名演やで(笑)」

2015年作『濱口祐自 ゴーイング・ホーム』収録曲“welcome pickin'~caravan”
 

バラカン「濱口さんのアルバムに細野さんが参加していますよね」

濱口「プロデューサーの久保田麻琴さんからの紹介で、1枚目のアルバム(『濱口祐自フロム・カツウラ』)で何曲かベース弾いてくれとるんやけど」

バラカン「2014年に〈フロム・カツウラ〉で登場して、翌年には2枚目の〈ゴーイング・ホーム〉が出て……」

濱口「もう勝浦へ帰らせてもらうわ、っていうことでの」

バラカン「(笑)。その後レコードが出ていないという」

濱口「最近ストレスもたまっとるし、また自主制作で作らせてもらいますわ。なんせすべて我流やから、作業が遅いんや。コンピューターとかよう使わんのでね。ギター・ソロは一発録りせなあかんのやけど、えらい(=大変)んや」

バラカン「楽しみに待ってます。では最後に、大江さんの曲は、ビル・ウィザーズのカヴァー“Kissing My Love”でいきましょう」

参考音源:The Kota Oe Bandの2016年作『Gather Round the Fire』

バラカン「というわけで、今年の〈LIVE MAGIC!〉も例年通り、音楽的な充実度はかなりのものだと自信を持っています。みなさん、ぜひ観に来てください。鮎川誠さん、濱口祐自さん、大江康太さん、今日はどうもありがとうございました」

 


EVENT INFORMATION

Peter Barakan’s LIVE MAGIC! 2019
日時:10月19日(土)、20(日)
場所:東京・恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンホール/ザ・ガーデンルーム
開場/開演:
10月19日(土)12:00/13:00
10月20日(日)11:30/12:15 ※10月20日(日)は開場/開演時間を早めることとなりましたので、予めご了承ください
チケット:一日券12,000円(学割9,000円)/2日通し券21,000円(学割15,000円)※すべて税込/オールスタンディング
★出演者その他詳細はこちら

LIVE MAGIC! EXTRA in OKINAWA
日時:10 月 22 日(火)
開場/開演:18:30/19:00
会場:沖縄・琉球新報ホール
チケット:前売6,000円/当日6,500円※全席指定
★出演者その他詳細はこちら

タワーアカデミー
pagetop