Keith's Counterpoint

ゾンビーズの復活――Return Of The Zombies

現在、ビーチボーイズのブライアン・ウィルソンとブリティッシュ・インヴェイジョン・グループとして知られるゾンビーズという2つの伝説的なグループが合同で〈Something Great from 68(68年からの素晴らしい何か)〉というタイトルのツアーを行なっている。

ブライアン・ウィルソンが作り続けた、太陽を愛する若者たちのテーマソング群について、彼の美しいハーモニーやアレンジ、画期的な作品の数々、そして彼の精神病との戦いについて、多くの人がさまざまな事を書いている。しかしゾンビーズについての記述はそれほど多くない。ただ、彼らはオリジナルとしては1枚のアルバムしか制作していないにも関わらず、今年始めにロックの殿堂入りを果たした。

ゾンビーズは62年にイギリス、ハートフォードシャーのセント・オールバンズで、キーボード奏者のロッド・アージェントとギタリストのポール・アトキンソン、ドラマーのヒュー・グランディが出会い、ヴぉーカリストのコリン・ブランストーンとベーシストのポール・アーノルドを加えて結成。アーノルドは短期間のみでバンドを離れて医者になったが、バンド名は彼がつけた。アーノルドの後にはクリス・ホワイトが参加、バンドの作曲家となり、初期のゾンビーズのラインナップを完成させた。

バンド・コンテストに勝ったゾンビーズはデッカと契約し、最初のシングル“She’s Not There”を64年の7月に発売した。当時この曲は非常に珍しく、ジャジーでマイナー・キーの曲だった。アメリカでは徐々にチャートを上がり、同年12月には2位となるが、イギリスではUKトップ40 で12位に留まる。その後、この曲は多くのアーティストにカヴァーされた。フランス語やUKパンクのヴァージョンはイギリスでチャートインし、グループサウンズのカーナビーツもカヴァー(彼らは他にもゾンビーズの曲をカヴァーしている)が、一番有名なのはサンタナの77年に発売されたアルバム『Moonflower』に収録されているヴァージョンだろう。

サンタナ版“She’s Not There”
 

アメリカでの活躍により、ゾンビーズはイギリスより先にアメリカでデビュー・アルバム『The Zombies』を発売するに至る。多くのイギリスからのアルバムのように、彼らのデビュー・アルバムはR&Bのカヴァーとオリジナルのミックスだった。このアルバムは65年の1月に発売され、バンドはアメリカ・ツアーを敢行、TVの人気番組などにも出演した。この時代、音楽は地域毎に発売され、そのタイミングもバラバラだった。

イギリスでの次のシングルは“Leave Me Be”だが、失敗。アメリカでの次のシングルは“Tell Her No”でビルボードの6位につける。このシングルはイギリスでも発売されたが、42位と控えめな結果に終わった。ロッド・アージェントはビートルズ風のジャジーな曲を書き、63回も〈No〉という言葉を使っている。この曲はその後日本のアーティストにより何度もカヴァーされている。

64年のシングル“Tell Her No”
 

イギリスでは、ゾンビーズのデビュー・アルバムは65年4月に『Begin Here』というタイトルで『The Zombies』と違う曲順で発表された。65年8月には“Whenever You’re Ready”がシングル・カットされて発売されたが、チャートインせず。

しかし、このB面に収録されたクリス・ホワイトによる“I Love You”は話題を呼び、サン・ジョゼの無名バンド、ピープル!にサイケ・テイストにカヴァーされる。このカヴァー版はスマッシュ・ヒットとなり、日本では1位、アメリカでは14位と多くの国でチャートインし、フーとのライヴも実現した。ピープル!のメンバーはほとんどがサイエントロジーというカルト教団のメンバーで、ヴォーカリストのラリー・ノーマンが教団に参加するのを拒んだとき、彼はバンドを外された。その後、ノーマンはキリスト教関連の音楽でスターとなったが、ピープル!はすぐに人気を失い、解散。I Love You”は日本で大ヒットし、カーナビーツが日本語版を“好きさ好きさ好きさ”というタイトルでカヴァー。これをさらに、小林彩子、女性トリオのミケ、KinKi Kids、そして漫画「テニスの王子様」のキャラクター・跡部景吾らがカヴァーしている。しかし、この中でも特に印象深いのは木の実ナナの情熱的なヴァージョンだろう。

木の実ナナ&レオ・ビーツ版“好きさ好きさ好きさ(I Love You)”
 

所属レーベルはゾンビーズのヴァージョンを再販しようと試みたが、これはうまく行かなかった。その反面、スカンジナビア半島やアジアの一部で彼らは人気を博している。その結果、彼らはフィリピンのアルネッタ・コロシアムで一晩2回制の10日間コンサートを開いている。ここは後の75年、アリとフレイザーのヘヴィウエイト・ボクシングマッチ、スリラー・イン・マニラとして有名になる試合の会場になった。

ゾンビーズが、かの名優ローレンス・オリヴィエ主演、オットー・プレミンジャー監督の映画「バニー・レークは行方不明」に起用されたのは素晴らしいチャンスと思われたが、酷評され、失敗。ゾンビーズは、初期の成功に反してイギリスでは次々とシングルが失敗し、その後のことを心配した彼らはCBSレコードに移籍した。現在、彼らの傑作として知られている68年の2枚目のアルバム『Odessey And Oracle』(アルバムのカヴァーでOdysseyを間違えてスペルしている)はかのアビー・ロード・スタジオで録音された。このアルバムからカットされた2枚のシングルはアルバム発売前に出版されたが、どちらもチャートインしなかった。

フラストレーションが溜まったバンドは67年、ついに解散。しかしアルバムはすでにリリースの日程も決まっていた。アルバムからのサード・シングルになる“Time Of The Season”が68年3月にリリースされ、アルバムは翌月発売となる。バンドがすでに解散していたことからレーベルの社長だったクライヴ・デイヴィスはリリースに反対していたが、ミュージシャン兼A&Rの担当だったアル・クーパーがレーベルを説得し、アメリカで発売された。最初はチャート95位と控えめな結果だったが、ゆっくりと順位をあげ、69年初頭、そして3月にはチャート3位にランクイン。バンドが解散して1年以上経ってからのことだった。

68年のシングル“Time Of The Season”
 

時間の経過とともに、他のトラックも評価された。“Butcher’s Tale”もゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツなど多くのアーティストにカヴァーされ、“Care Of Cell 44”はエリオット・スミス、マシュー・スウィート、スザンナ・ホフス、オブ・モントリオールなど、“This Will Be Our Year”はOKゴー、ビューティフル・サウス、サミアンらがカヴァーした。

エリオット・スミス版“Care Of Cell 44”
 
OKゴー版“This Will Be Our Year”
 

“Time Of The Season”が徐々にヒットとなる間、メンバーは次のステップに進んでいた。ロッド・アージェントは新バンド、アージェントを結成、ヴォーカルのコリン・ブランストーンはソロ活動を開始。クリス・ホワイトは作曲家としての活動に注力、ポール・アトキンソンはディック・ジェームス・ミュージックのA&Rとなり、ヒュー・グランディはコロムビア・レコードのA&Rとなる。

71年、コリン・ブランストーンはエピック・レコードからソロ・アルバム『One Year』をリリースした。元ムーディ・ブルーズでポール・マッカートニーによるウイングスのメンバーであるダニー・レインが書いた“Say You Don’t Mind”がUKチャートで15位にランクイン。アージェントのメンバーで後にスーパー・プロデューサーとなったラス・バラードによる“I Don’t Believe In Miracles”が31位になり、アルバム自体はそこそこの成功となる。このアルバムには、ゾンビーズの旧メンバー、ロッド・アージェントやクリス・ホワイトが書いた曲も含まれていた。

アージェントの最初のアルバムはチャートインもしなかったが、このアルバムのトラック“Liar”がその後スリー・ドッグ・ナイトにカヴァーされて大ヒット。アージェント自体は、彼らの3枚目のアルバム『All Together Now』、同作に収録された72年の“Hold Your Head Up”まで成功と言える成果を手に入れることはなかった。この曲はミスター・ビッグ、フィッシュ、マザー・ラブ・ボーン、ジェリーフィッシュ、ステッペンウルフ、ユーライア・ヒープにもカヴァーされている。

アージェントの72年作『All Together Now』収録曲“Hold Your Head Up”
 

アージェントの4枚目のアルバム『In Deep』はアメリカでトップ100にギリギリではあるがランクイン。特に目立ったトラックはラス・バラードによる“God Gave Rock’ n’ Roll To You”で、のちにキッスがカヴァーしてヒットし、映画「Bill & Ted’s Bogus Journey(ビルとテッドの地獄旅行)」(91年)にも使われた。

キッスが“God Gave Rock’ n’ Roll To You II”としてカヴァーしたヴァージョン
 

その間、コリン・ブランストーンはソロ活動をしながらアラン・パーソンズ・プロジェクトの顔としても活躍し“The Eagle Will Rise Again”の大成功にも一役買っている。

アラン・パーソンズ・プロジェクトの78年作『Pyramid』収録曲“The Eagle Will Rise Again”
 

ロッド・アージェントはたびたびサイドマンとしても活動。フーのキーボーディスト、ラビット・バンドリックがタクシーから降りる時腕を骨折した際は彼が呼ばれた。このことからフーのダブル・プラチナ・アルバム『Who Are You』(78年)のタイトル曲を含む多くのトラックに登場することになった。

フーの78年作『Who Are You』タイトル・トラック
 

ゾンビーズのメンバーは何度か再結成し、多くのファンがライヴに詰めかけた。2014年の再結成以来の現在のグループにはロッド・アージェント、コリン・ブランストーン、ヒュー・グランディ、クリス・ホワイトと存命中のメンバー(全員が70歳を過ぎている)が参加しているが、彼らは未だ力強く、彼らの音楽はまだ成長途中だ。

【プロフィール】
キース・カフーン

キース・カフーン (KEITH CAHOON)

キース・カフーン - 家族代々カリフォルニア育ちの4代目。人生のほとんどを音楽に費やしてきたその職歴には、サクラメントでのレコードショップ店員、輸入盤/インディーズ盤の販売会社経営、ロンドンでのA&R業務、日本のタワーレコードの社長兼CEO、iTunes Japanの取締役、自身が立ち上げた音楽出版/コンサル会社のオーナー兼経営者、はたまた多種のメディアでのライターとしての数々の幅広い活躍が含まれる。昨今はアジアおよび北欧の音楽シーンにも深く携わり、造詣が深い。28年間の東京生活を経て、現在はカリフォルニア州バークレーに在住――Keith Cahoon is a fourth generation Californian, who has worked in music most of his life, including stints as a record store clerk in Sacramento, running an import and indie distribution company, doing A&R in London, CEO of Tower Records Japan, Director of iTunes Japan, owner/operator of his own music publishing/ consulting company Hotwire K.K., and as a writer for a wide range of media. He has also been extensively involved with Asian and Nordic music. After a 28 year of living in Tokyo, he now resides in Berkeley, California.

40周年 プレイリスト
pagetop