EVENT & LIVE REPORT

髭と夜の本気ダンスとダンスした夜――熱狂のツーマン・ツアー最終日をレポ

髭と夜の本気ダンスとダンスした夜――熱狂のツーマン・ツアー最終日をレポ

髭と夜の本気ダンス(以下、夜ダン)によるツーマン・ツアーの第2弾〈髭と夜の本気ダンスがやります。2〉が、10月9日に東京 渋谷 CLUB QUATTROに最終日を迎えた。キャリアと年代的に先輩(髭)・後輩(夜ダン)となる両者が、前回のツアーで確かな手応えを感じ〈またやろうよ〉と誓った今回。その手応えと互いへの強いリスペクトをもって取り組んだ公演の模様をレポートする。

★関連記事:須藤寿 × 米田貴紀――相思相愛な髭と夜の本気ダンスのフロントマンが、互いの魅力を分析

 

トップバッターは、夜ダン。突然のBGMの音止めと暗転にハッとさせられていると、“ロシアのビッグマフ”のSEでメンバーが入場、オーディエンスの歓声が上がる。オープナーは最新アルバム『Fetish』の序曲である“Ain’t no magic”だ。真っ赤な照明を浴びながらムーディーに歌い踊る米田貴紀(ギター/ヴォーカル)と、爆音で鳴らす西田一紀(ギター)、マイケル(ベース/コーラス)、鈴鹿秋斗(ドラムス/コーラス)の4人によって会場は瞬時にヒートアップ。その勢いのまま“Sweet Revolution”“for young”と畳みかけていく。上記のインタヴューで米田が〈ツアーをきっかけに夜ダンのファンが髭のファンにもなった〉といったことを話していたように、会場を見渡すと前列でノッている髭のTシャツを着た観客たちの姿も多数見られた。

MCではトーク上手な鈴鹿が早口で喋り倒し、笑いが起きる。「10月9日に歴史がまだ刻まれていないので、僕らで刻みましょうよ」と呼びかけると、Creepy Nutsをフィーチャーしたことでも話題となった『Fetish』のリード曲“Movin’”がスタート。最高潮の盛り上がりに……と思いきや、次の “fuckin’ so tired”で早くも最高潮を更新する夜ダン。“fuckin’ so tired”は2013年の『ヤングアダルト』収録の夜ダン屈指のファンク・ナンバーで、イントロで米田がトレードマークのネクタイを外しYシャツの裾を出すという〈脱ぎ〉のパフォーマンスを披露。米田の脇に位置する西田とマイケルは揃いの動きで印象的なリフを繰り返し鳴らし、目にも耳にも楽しいステージを見せてくれるのだった。

さらに新作からのややエモーショナルな2曲 “NAVYBLUE GIRL”“Eternal Sunshine”(後者はスモークが焚かれ、幻想的なムードに)を挟んで、ふたたび鈴鹿のMCが。「楽しいです! みなさんも楽しいですか!?」以降マシンガン・トークが始まり、突っ込み役のマイケルが「どんだけの人に伝わったのかな」と斬っていく。また、今回のツアーではそれぞれのバンドのホームを廻ったことを振り返り、京都が拠点である彼らが「こうして東京も交流していくことでホームになる」と話し、会場からは拍手が起きる。西田がボソッと「江戸はええな」とこぼしたところで、いよいよ終盤へ。

2014年作『DANCE TIME』収録のライヴ映え抜群なダンス・ナンバー “WHERE?”では、西田&マイケルがステージ前方に設置されたお立ち台に乗って演奏し盛り上げる。続く新作からの“Forever Young”、そしてラストの2017年作『INTELLIGENCE』収録“TAKE MY HAND”ではふいに眼鏡を外した米田が「最後はとことん踊って終わりませんか?」と呼びかけ、メンバーそれぞれの見せ場が盛り込まれた構成ではちゃめちゃなプレイを見せてくれた。最後ステージに残った米田がお立ち台から深くお辞儀をして、夜ダンの怒涛のライヴは終了した。

 

髭のステージは、お決まりのジャクソン・シスターズ“I Believe In Miracles”のSEでスタート。佐藤"mimic"康一(パーカッション/ドラムスなど)に寄り添いゴキゲンな様子の須藤寿(ヴォーカル/ギター)は手型の謎のオモチャを持って登場し、宮川トモユキ(ベース)、斉藤祐樹(ギター)、佐藤謙介(サポート・ドラム)もオーディエンスに手を振りながらそれぞれの定位置にスタンバイした。一曲目はサイケな初期のナンバー“有限の脳でマスターベーション”。夜ダンのステージとは打って変わって、まどろむような曲調で観客を酔わせていく。演奏が終わると須藤が耳に手を当てて声援を煽り、オーディエンスもそれにレスポンス。ライヴの定番曲である“ブラッディ―・マリー、気をつけろ!”“ボニー&クライド”を立て続けに演奏する頃には、会場はもう髭ちゃんのペースだ。

「ようこそ!」と須藤の元気な挨拶を挟んで、2006年作『PEANUTS FOREVER』収録の名バラード“せってん”。mimicはタンバリンや鈴を担当し、音数を抑えた演奏と須藤の歌声に観客は聴き入っていた。続く同アルバムからの楽曲“ヒサシ. カリメロ”では、佐藤(謙介)が入りを別の曲と間違えるというハプニングが。須藤が嬉しそうに「その曲でも良かったけど!」「(観客に)許してあげてね(笑)」などとイジり、佐藤は照れ笑い。優しい笑いが起きる。斉藤のコーラス、ワウでエフェクトしたギター・ソロが光るこの曲を演奏した後は、“a fact of life”。今回のセットリストは過去曲が多く並ぶ中で、これは昨年15周年記念にリリースした最新アルバム『STRAWBERRY ANNIVERSARY』からのファンキーでハッピーな一曲だ。須藤はギターを下ろし、マイクと前述した手型のオモチャを手にダンスしながら歌う。ゴキゲンである。

ここでふたたびMCタイム。「やっぱ今日サイコーだったね」と早くも締めくくりのように話しだす須藤。と思うと、「夜の本気ダンスがサイコーだったから、やだなーって。また好きになっちゃうから」と今度は夜ダンへの想いを語りはじめ、両ファンから声援が送られる。そして、「いまからでしょ? 盛り上がろうよ!」の一言で、2007年の楽曲“黒にそめろ”、前アルバム『すげーすげー』収録の“CLASH! LAOCHU!”、そして髭と言えばの代表曲“ロックンロールと五人の囚人”の3曲を畳みかける。会場の隅から隅まで、髭ファンも夜ダン・ファンも100%ノらせる流石のパフォーマンスを披露した。“ロックンロールと五人の囚人”でふと斉藤を見るとなぜかギターを銃のように構えているなど、須藤以外のメンバーも一様にゴキゲンな様子だ。

ドラム・ロールをバックに「そろそろだれかお酒奢ってくれてもいいんじゃない?」「まだお酒こないのかな」と須藤とつぶやくと、客席からテキーラのショットが2杯届く。観客から飲ませてもらう須藤を宮川がかすかに微笑みを浮かべながら見ていた。そして、テキーラを入れ最高潮にゴキゲンな須藤と観客による「アー・ユー・レディー?」「イエー!」のコール&レスポンスの後、ラストの“テキーラ! テキーラ!”へなだれ込んでいく。「またすぐ会えるかもね」と須藤が言葉を残し、髭のステージが終了した。

 

アンコールでは、まず髭が登場。「こんないい水曜過ごしたことないよ」と須藤がイヴェントを振り返る。そして「本当は5人でやろうと思ったんだけど、彼らを呼んじゃおうかな」の呼びかけで夜ダンもステージに戻って同じパート同士が隣になるように定位置につき、前ツアー同様にコラボ・ステージを披露すると伝えた。

そして、髭のオフィシャルTシャツを着た米田が「楽しむ準備はできてますでしょうか?」と一声。夜ダンが選曲した髭の楽曲“ブラームスの子守唄”と、髭が選曲した夜ダンの“You & I”を、ぎゅうぎゅうのステージで両バンド=計9人で演奏する。須藤は“You & I”の演奏前に曲名をネタバラししてしまうなどしながらも、「“You & I”……あなたと私、それ以上のものってなくない?」と巧みなトークで、会場を大いに沸かせていた。

ラスト・ナンバーは、前ツアーでもコラボした夜ダンの楽曲“ロシアのビッグマフ”。フロントマンのふたりが向き合いタイミングを合わせながらの入りで失敗してしまう先輩・須藤に後輩・米田が大笑いしていたのがほほえましかった。インタヴューで須藤が〈この曲はもっと引き延ばせる〉と言っていたとおり、この日はメンバー紹介を兼ねたソロ回しを入れた超ロング・ヴァージョンで、それぞれに個性の強いメンバー一人ひとりの見せ場はこの日一番の盛り上がりとなった。歓声の鳴りやまない中、最後はメンバーが横一列に並んで仲良く肩を組み、お辞儀をして退場。汗ばむくらいの熱気のフロアと余韻を楽しむオーディエンスを残し、イヴェントは終了した。

そういえば、終始ゴキゲンだった須藤がMCで「今夜は渋谷にずっといるから、もし街で出会ったらお酒を奢るよ」と言っていたが、奢ってもらった人はいたのだろうか?

 

イヴェント終了直後の一枚

 


SETLIST

●夜の本気ダンス
1. Ain’t no magic
2. Sweet Revolution
3. for young
4. Movin’
5. fuckin’ so tired
6. NAVYBLUE GIRL
7. Eternal Sunshine
8. WHERE?
9. Forever Young
10. TAKE MY HAND

●髭
1. 有限の脳でマスターベーション
2. ブラッディ―・マリー、気をつけろ!
3. ボニー&クライド
4. せってん
5. ヒサシ. カリメロ
6. a fact of life
7. 黒にそめろ
8. CLASH! LAOCHU!
9. ロックンロールと五人の囚人
10. テキーラ! テキーラ!

●アンコール
1. ブラームスの子守唄
2. You & I
3. ロシアのビッグマフ

 


INFORMATION

●髭
Samp Tour
11月30日(土)神奈川・横浜 F.A.D YOKOHAMA
12月6日(金)大阪 BananaHall
12月7日(土)愛知・名古屋 CLUB UPSET
12月14日(土)兵庫・神戸 VARIT.
12月15日(日)岡山 IMAGE
12月21日(土)宮城・仙台 MACANA
12月25日(水)東京・渋谷 WWW X
出演:髭

Gateballers 3rd ALBUM「Infinity mirror」レコ発ファイナル
11月7日(木)東京・代官山UNIT
出演:Gateballers/髭/Helsinki Lambda Club

cozy party
11月22日(金)東京・渋谷LOFT HEAVEN
出演:斉藤祐樹(髭)/須藤寿(髭)

★イヴェントの詳細、髭の最新情報はこちら

●夜の本気ダンス
最新アルバム『Fetish』、2019年6月5日リリース

夜の本気ダンス Fetish Getting Better(2019)

AUTUMN JACK OF SEA TOUR
10月20日(日)千葉 LOOK
10月22日(祝)栃木・宇都宮 HEAVEN'S ROCK
10月24日(木)神奈川・横浜 F.A.D
11月7日(木)香川・高松 MONSTER
11月8日(金)滋賀 U-STONE
11月10日(日)岡山 YEBIYA PRO
11月15日(金)北海道・北見オニオンホール
11月16日(土)北海道・旭川 CASINO DRIVE
11月18日(月)北海道・札幌 Sound Lab mole
11月21日(木)秋田 club SWINDLE
11月22日(金)青森 QUARTER
11月24日(日)福島・郡山 HIPSHOT JAPAN
11月25日(月)宮城・仙台 Darwing
12月1日(日)兵庫・神戸 Music ZOO KOBE 太陽と虎
12月5日(木)福岡 DRUM-Be-1
12月7日(土)熊本 B9 V1
12月14日(土)石川・金沢 EIGHT HALL
12月15日(日)新潟 NEXS

AUTUMN JACK OF SEA TOUR ~TYPE-E(FROG)~
2020年1月26日(日)東京・渋谷 LINE CUBE SHIBUYA
2020年2月16日(土)大阪 メルパルクホール

★イヴェントの詳細、夜の本気ダンスの最新情報はこちら

関連アーティスト
タワーアカデミー
pagetop