2019.11.08

メジャーからの5枚目となるフル・アルバムは、青みが際立つアートワークの通り、まさに〈インディゴブルー〉と形容したい、やり切れない悲しみに覆われた失恋ソングが並ぶ。しかし、それでいてキャッチーなポップスとして聴かせてしまうのが彼ららしい。“心の実”の80年代の歌謡曲を思わせるキラキラした鍵盤とギター・カッティング、“ラッパーの涙”の程良く飽和させた感じのドラム音や変則的なグルーヴなども秀逸。

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop