COLUMN

VARIOUS ARTISTS 『Une Vie Heureuse - Darius Milhaud 40th Anniversary 10CD BOX』

ダリウス・ミヨー没後40年記念限定ボックスは、メロディの宝庫

 かつてミヨーに師事した別宮貞雄は「Beaucoup de Mélodies!(たくさんのメロディを!)」としょっちゅう言われていたと述べていた。ミヨーの音楽、ちょっと聞くとただ騒がしいようにもおもえるが、そこにはそれぞれの楽器が嬉々としてメロディを奏で、その結果、混沌としてしまっていたりする。それがまた、べつべつの調性だったり、おもいがけない楽器の組み合わせのなか、乱反射をおこし、きらきらと輝く。そしてそれぞれの線はしっかりヒトの息のながさで動く。

VARIOUS ARTISTS Une Vie Heureuse - Darius Milhaud 40th Anniversary 10CD BOX Erato(2010)

 あれ、今年は?といささか戸惑ったけれど、一応10年ごとでみていくならアニヴァーサリー・イヤーではある。ダリウス・ミヨー、没後40年。その回想録とおなじタイトルを冠し、『幸福だった私の一生』、10枚組。ボックスの裏面には、デュカダンディに学び、「6人組」の一員となり、合衆国フランスで教師としても活躍、しかもデイヴ・ブルーベックバート・バカラックは弟子である、とある(フィル・グラスの名がないのはご愛嬌?)。

【参考音源】レナード・バーンスタイン指揮、フランス国立管弦楽団の演奏による
ダリウス・ミヨー作曲のバレエ音楽“世界の創造”

 

 ERATOで録音されたものをこんな機会に集めただけ、などと言うなかれ。いや、言ってもいいけど、ばらばらにリリースされた音源がまとめられたメリットははっきりとある。バレエオーケストラ曲、交響曲、ピアノとオーケストラのための作品、その他協奏曲、ピアノ曲、弦楽四重奏デュオ/トリオ、木管による室内楽声楽曲、そしてミヨー自作自演と、膨大な作品からよりすぐり。主として有名曲だが、マリンバヴィブラフォンのための協奏曲やオンド・マルトノの組曲といったなかなか聴く機会がない作品があるのはうれしい。演奏はマルグリット・ロンロリオ姉妹エルフェパレナン四重奏団といったフランスの往年の名手から、ロストロポーヴィチチェリビダッケバーンスタインディスカウといった大家、さらにタロールサージュアプショウデセイまで、1950年代から2010年代にまで及ぶ。

 もしかするとメロディなんて時代遅れ、というところもあるかもしれない。でも、わたしとしてはメロディの宝庫として手元におきたいボックスなのである。

40周年プレイリスト
pagetop