ミミキキ・トレイニーズ・ダイアリー

ERA/あらべぇ/たちなみえみ、ヴェイパー経由ヒプホプ~アンビエントや異端クンビアまでてんこ盛り!

今週もお伝えしたい音源・動画がモリモリです。

自分の周りでは絶賛の声多数のニュー・シングル“Soda Flavor”を配信したばかりのERAさんが、早くも新曲“Whistle”をSoundCloudで発表。トラックは最高だし、ラップの脂の乗り具合がこれまた絶品。おまけでAIWABEATZさんによる“Soda Flavor”のスクリューも付けちゃいます。

 

 

続いて、トピックでもよく取り上げるトラックメイカーのあらべぇさん、湯加減がマシューデイヴィッドあたりと完全にシンクロしてるローファイなニュー・ビートがこちら。SoundCloudのタグには〈#vincentgallo〉とあるけど、まさかあのギャロサンプリング?

 

そして、先週のブログ枠で紹介した富山のレーベル〈TOKEI〉のライヴ動画企画に、地元の女性シンガー・ソングライターであるたちなみえみさんが登場。今春に3枚目のアルバム『garden』をリリースしているとのことで、不勉強ながら初めて聴かせていただきました。ギターの弾き語りはシンプルながら安易な方向には流されず、空気感が素敵です。

 

ここから海外モノ。ヴァンクーバー発、ヴェイパーウェイヴの影響下にある10代のヒップホップ・ポッセ(?)、マウンティナス・コレクティヴより、アンビエント作家(とあえて言い切ります)のファントム・ヘッド・トリップが新曲4曲を連続で公開。あらべぁさんもそうですが、当り前のようにヒップホップとエクスペリメンタル・ミュージックを同時に愛でる20歳前後の世代の感性を見ると、時代が新たなフェーズに移行していることを改めて実感します。

 

ラストです。すみません、詳しくは知らないのですが(下掲のサンクラのページに英語で詳細あり)、新作『Salvadora Robot』も好評なメリディアン・ブラザーズ絡みのエクスペリメンタル・クンビア。……ってそんな分類あるのかもわからないのですが、生命力の漲る多様なリズムが折り重なる音像、突如放たれる謎感マックスの絶叫・奇声にKOされました

 

【プロフィール】
船越 太郎

船越 太郎 (ふなこし たろう)

Mikiki編集部員。タワーレコード入社後、店舗バイヤーを経てオンラインのニュース担当となり、このたび〈耳利き〉への第1歩として編集部で勉強することに。ラーメンより蕎麦派。ジャズが流れているシャレオツ蕎麦屋より断然老舗派です。

ポール・マッカートニー