Keith's Counterpoint

〈アニメエキスポ2014〉を通して考察する、USのアニメ・コンベンション事情―Anime Expo in LA July 3-6

 

LAダウンタウンにあるロサンゼルス・コンベンション・センターにて、アメリカの独立記念日を祝う週末をまたいで開催されたのが〈アニメエキスポ2014〉だ。13万人もの来場者を記録、しかもその多くがコスプレで来場したという、LAでも最注目のイベント。来場者数もそうだが、その客層の幅広さはまさに感嘆もの。ママたちに連れられた5歳児、60代のオタク風男性、超セクシーな衣装に身を包んだホットなアジアン・ガールたち、「セーラームーン」に扮した中年男性たち、ピース・サインを振りまいてあちこちで写真に納まるチェックのスカートを穿いた黒人の女子高生たち、細部まで凝ったカラフルな手作りコスチュームをまとった学生たち、色褪せたアニメTシャツを着たガサツっぽい男たち、きらめくコスチュームを身にまとったトランスジェンダーたち。そして、そこに次回のアニメ・フェスに着ていくための衣装やアクセサリーを買い漁る客が入り混じり、会場はごった返していた。もっとも多いのはやはり学生くらいの若者だが、それより上の年齢層も珍しくはなく、なかには1992年のイベント第1回目開催から来ているという参加者もいるというから驚きだ。

 

 

 

〈アニメエキスポ〉は本来、日本のアニメに特化したイベントだが、なかには「スターウォーズ」やマーベル・コミックスなどのキャラクター(スパイダーマンX-メンアイアンマントランスフォーマー)の衣装もちらほら。ほかのコンベンション(見本市)では日本やUSのアニメやコミックを合同で取り扱うこともあるし、そこにさらにSFものや人気のTV番組/映画をいっしょくたに扱うものもある。LAの南のサンディエゴで開催される〈Comic-conコミコン)〉はコミックアニメに特化しているが、どちらかというとバットマンスーパーマンなどのアメリカン・コミック・ヒーロー寄りと言える。アニメ・コンベンションは、実質的にはアニメの制作に何らかの関わりのある人であれば誰でも参加できるようだ――作家イラストレーターキャラクター・デザイナー、制作会社の広報担当、アニメ・ソングの歌い手、吹き替え担当(英語版の吹き替え担当も含む)など、参加者は実に幅広い。

 

 

一方、規模の大きいコンベンションは往々にして日本人ゲストを招こうと画策するが、どうもお金がかかりすぎるのと言葉文化の壁が立ちはだかり、かなり困難なようだ。US国内のクラブ・レベルの中堅バンドであればバンド・メンバーマネージャー1人で済むところを、日本人アーティストは悪評高いことにメンバー以外の多くのスタッフも引き連れて来ようとするので、ますます招聘が難しくなるのだ。そんななか、今年のメジャーなコンベンションではアニメ「デスノート」の主題歌で人気を博しているナイトメアの姿があった。テキサスで開催されたそのコンベンションで、彼らは6,200人ものアニメ・ファンの前で熱い演奏を披露。また、アニメの主題歌を数多く手掛けているFLOWや、「FLCLフリクリ)」の楽曲を担当したthe pillowsも人気が高い。なお、ピロウズの場合は予定や予算が合わず本家の参加が難しい場合でも心配ご無用。アニメ・コンベンションではお馴染みのベテランであるthe pillowsのカバー・バンド、The Pillowcasesが穴埋めをしてくれるだろう。ピロウズのカバー・バンドは彼ら以外にもOver AmpFunny Bunniesなどたくさんいるというから驚きだ。

 

【参考動画】The Pillpwcasesによるthe pillows“Instant Music”のカヴァー

 

アニメそのものはたしかに日本発祥のものかもしれない。しかしアニメ・コンベンションはある意味US発のものかもしれない。USでは遡ること25年ほど前から開催されてきており、いまではその当初とはまた異なる性質のものに変貌しつつある。もともとコンベンションは商品や情報を交換する場だった。インターネットが普及する前はアニメのビデオテープVHS)を入手するのも困難だったし、セリフなどの翻訳も行っていたのは得てしてファンだった。日本から持ち帰ったもの、あるいはジャパン・タウンなどで入手したものは羨望の眼差しで見られたものだ。当時はコレクターたちのサークル活動だけで扱われるようなものだった。それが今日では、CrunchyrollVIZ MediaAniplexThe Good Stuffなどあちこちでコンテンツ入手できる。イベントもよりソーシャルな性質を帯びていて、なかでもコスプレは大人気だ。〈オタク〉といってしまうとそのイメージはPCと山積みにされた漫画本のある部屋に閉じこもる子供、のようなものかもしれないが、USのコンベンションではアニメ・ファンは楽しいことが大好きなソーシャルな人々で、アニメへの愛情を包み隠さず思い切り浮かれて騒いでいる。〈コスプレ〉という言葉そのものは、出版・映像プロデューサーの高橋信之がお気に入りのキャラクターの衣装を身にまとったSFファンを目にして1983年に生み出したものだが、コスプレをUSで広めたのはカルトSF番組「スター・トレック」のファンだとされ、その文化は今日まで受け継がれている。昨今ではオフィシャル・スポンサーがついたり、あるいはコスプレ大会に参加して賞金を稼ぐ〈コスプレのプロ〉になる者もいる。今年の〈アニメエキスポ〉のコスプレ大会は賞金$3,000(約30万円)で、どの作品もかなり凝っていた。とはいえ、やはりコンベンションでの醍醐味は競い合うことよりも楽しむこと。衣装の数から見るに、おそらく現在一番人気のアニメは「進撃の巨人」だろう。一方で、往年のアニメたちもまだまだ人気は衰えておらず、「ポケモン」、「NARUTO-ナルト-」や「セーラームーン」などの姿もある。既製品の衣装やアクセサリーももちろん存在する。また、たとえばポケモンのキャラクターであればジャンプスーツのような形状が多いが、来場者の中にはセクシーで露出度が高いピチピチの衣装を好む人もいるわけで、引き締まった身体に自信たっぷりの若い女の子はアニメ「キルラキル」のなかでももっとも露出度の高い衣装で参加していたし、マッチョな男子たちは水泳アニメ「Free!」の登場人物さながら水着やバスタオル一丁で歩き回り、撮影陣をにぎわせた。

 

 

 

公式集計によると、昨年北米で開催されたアニメ・コンベンションの数は実に379本。テキサス州だけをみても、サン・アントニオで開催される来場者数11,000人の〈San Japan〉、1992年から続いている〈AnimeFest〉、ハロウィンの時期である10月末にガルベストンで開催され、すでにチケットが完売している〈Oni-Con〉、来期の来場者数は7,000-8,000人を見込まれているオースティンで開催予定の中規模コンベンションの〈IKKiCON〉、ヒューストンで開催され今年度は約20,000人の来場者数を記録した 〈Anime Matsuri〉や、全米6位の記録となる22,000人近くの来場者数を誇り今年25周年を祝ったダラスでの〈A-Kon〉など、挙げだすとキリがない。テキサスのなかでも聞いたこともないような町でもたくさん開催されているし、テキサスにとどまらず全米における現象と言えるだろう。

 

 

 

〈アニメエキスポ〉は実にすばらしかった! あれだけの人、アニメと熱気! ファンが集まっている場所にほかのコンベンションの関係者も集まり、ゲストも送り込まれ、ベンダーも熱心な顧客との取り引きはやる気満々。にもかかわらず、不参加が目立ったのは日本のアニメ関連会社たちだ。日本からの参加人数の明らかに減少しているし、国内のアニメ/漫画市場もかなりその熱が冷めてきているようだ。これまで日本のコンテンツ・ホルダーは、以下の3点のうちのひとつは必ずやってしまっている。1)権利許諾をしなかった(それゆえ、視聴者を違法入手やほかの娯楽に追いやった)/2)USの企業に使用権を与えた(しかも契約をよく理解しないまま取り引きしたか、あるいは長期のライセンス契約ではなく、権利を売りとばしてしまった)/3)関連子会社に使用許諾をした(ものの、あまりに条件が厳しすぎてその関連子会社の採算がとれる状況ではなかった)。アメリカ(そこにはカナダ中南米も含む)の市場はデカい。とてつもなくデカいうえに、日本のアニメに強く喰いついている。どうか日本の企業のほうでこの将来性を享受できるよう、自らの立ち位置を見直してほしいものだ。

アニメと漫画はそのほかの多くの業界にも貢献できる。ゲームカードキャラクター・グッズ衣装、映画などはその一部でしかない。実写版などは当たり外れもあるが、たとえばトム・クルーズの最新映画はライトノベルAll You Need Is Kill(映画原題:Edge Of Tomorrow)」を実写化したものだし、「タイタニック」や「アバター」などの監督、ジェイムス・キャメロン氏は木城ゆきと作のSF格闘漫画「銃夢(ガンム/USではBattle Angel Alita)」のライセンス許諾を受けている。名作「AKIRA」などは2002年以降、幾度となく実写化の構想が持ち上がっては立ち消えになっている。こういった直接的なビジネス関与だけではなく、和食、日本への旅行や日本のファッションや言語への関心の啓蒙など、間接的な影響も考えられる。

 

 

〈アニメエキスポ〉は、USにおけるアニメへの莫大な熱意を感じられる、この上ない機会だ。日本のアニメ制作者や制作会社がこのブームを維持し、今後も持続可能なビジネスにしていけるかは、しかしながらまだ未知数だ。

 


[English]

Anime Expo in LA July 3-6

Turning heads all over downtown LA, 130,000 plus anime fans, many in cosplay gear,  converged on the Los Angeles Convention Center during the Fourth of July weekend.  Nearly as impressive as the huge number of attendees was the breadth of demographics, five year olds with their moms, geeky guys in their 60's, super hot Asian girls in ultra sexy outfits, middle age men dressed as Sailor Moon, black high school girls wearing plaid skirts and flashing the "peace sign" for photos, college kids who had put together colorful and detailed costumes, shlubby guys in faded anime t-shirts, transgender fans in glittery costumes, and shoppers who were buying costumes and weapons for the next anime festival.  The largest concentration of attendees were college age, but older was not unusual, as some attendees have been coming since the convention began in 1992.

Anime Expo is focused on Japanese anime in nature, although a few people in Star Wars or Marvel comics costumes could be spotted. Other conventions mix Japanese and American comics, and some also include sci-fi or even mainstream TV and movies.   Comi-con, which takes place in nearby San Diego, includes manga and anime, but is more geared for American comic book superheroes like Batman and Superman.  At anime conventions virtually anybody involved in production of a popular anime might be invited as a guest- writers, illustrators, character designers, production company PR people, anime song singers, voice over people- including this who do voiceovers in English. Many of the larger conventions bring, or try to bring Japanese guests, but this is expensive and sometimes difficult due to language and cultural hurdles.   While American club level bands often travel with just a manager, or a handful of crew, Japanese bands are notorious for requesting many "staff" which further makes the cost of travel prohibitive.  Some of the bigger conventions have managed, this year Nightmare, who are very hot because of their music being used in "Death Note", played a gig in Texas before 6,200 anime fans.  Flow are in demand on the anime circuit because they have numerous anime songs. The Pillows are popular because of their music being used in "FLCL", but if schedules and budgets do not allow, there is also the Pillowcases, a Pillows cover band from Indiana, who are veterans of the anime convention circuit.   And they are not the only Pillows cover band, perhaps just the most popular, there are also Over Amp, Funny Bunnies, and other bands who do Pillows covers.

While anime originated in Japan, the anime convention is in some ways an American invention.  In fact it has a history of about 25 years in America, and has become something different now than it was in those early days. Originally conventions were largely for sharing goods and information.   In pre-internet days, just getting a hold of anime VHS tapes was a big thing, and many or most of the translations were by fans.  Goods brought back from Japan, or found in a local Japantown store were highly coveted.   In those days it was more of a collector's circle.   These days loads of content is widely available from distributors like Crunchyroll, Viz Media, Aniplex and Good Stuff, and the events have turned more social, with cosplay especially popular.   While the image of "otaku" is of nerdy kids locked in their rooms in front of their computers or with stacks of manga, at American conventions, many anime fans are fun-loving social people celebrating their love of anime.   The word cosplay itself is said to have been coined by film director Nobuyuki Takahashi in 1983 when he observed sci-fi fans dressed as their favorite characters.  Cosplay, many claim, was made popular by American fans for the cult sci-fi TV show "Star Trek", which remains popular to this day.  These days there are even "professional" cosplayers, who might attend a convention in the costume for an official sponsor , or shoot for cosplay prize money. Anime Expo’s top prize this year was $3,000, and many of the costumes were very well done.  However conventions are more a fun celebration than competition. Considering by number of costumes, I think the most popular anime now is "Shingeki No Kyojin" (in America "Attack on Titan").  However many "classic" anime such as "Pokemon", "Naruto" and "Sailor Moon" are also popular, and some characters have store-made costumes or accessories.   While a Pokemon costumes  is something like a jumpsuit, some fans gravitate to the sexy, skimpy and tight outfits.   Some shapely girls wore the skimpiest of "Kill la Kill" outfits, and numerous skinny and macho guys wore just bathing suits or towels as if in "Free!", and were much in demand amongst the many photographers who attended.

There were 379 anime conventions in North America last year by one official count.  Just in the state of Texas, there is San Japan in San Antonio with 11,000 attendees, AnimeFest in Dallas going since 1992, Oni-Con in Galveston at the end of October (including Halloween) which is already sold out, Ikkicon in Austin – a medium size convention expecting 7,000 to 8,000 next year, Anime Matsuri in Houston which drew just under 20,000 people this year and the A-Kon  in Dallas, which this year held their 25th annual event, drawing nearly 22,000 people, making it the 6th largest in America.  And actually there are numerous smaller ones in Texas towns you probably never heard of, and in fact they are all over America.

Anime Expo was amazing!  So many people, so much anime, and so much enthusiasm.  The fans were there, many fellow convention makers attended, guests were flown in, and vendors were high profile to meet their eager customers.  Who was conspicuous in the absence were Japanese anime companies.  It is no secret that Japan’s population numbers are sagging, and the domestic anime/ manga markets are lukewarm at best.   Historically Japanese anime contents holders have usually done one of three things- not licensed (and had customers thus go to pirates or to other amusements), license to American companies (often signing contracts they did not fully understand, or taking buy-out deals rather than enjoy long-term royalties), or license to their subsidiaries (often with overbearing conditions that did not allow the subsidiary to stay profitable).  There is a big, big market in America (including Canada, and Latin America) super interested in Japanese anime. I hope Japanese companies will position themselves to enjoy more of the benefits of this in the future.

Anime and manga contribute to many other businesses- games, collector cards, character goods, costumes, and film, amongst them.  While not all live-action versions have been successful, Tom Cruises new film "Edge of Tomorrow" is based on the manga "All You Need Is Kill".  James Cameron ("Titanic", "Avatar") has licensed the manga “Ganmu” (in America "Battle Angel Alita"), and a live action version of the "AKIRA" has been initiated and stopped a number of times since 2002.  Beyond these direct business aspects, there are also the indirect- raising interest in Japanese food, travel to Japan, Japanese fashion and language study.

Anime Expo is a great chance to see the vast enthusiasm for anime in America. Whether Japan animators and production companies will be able to keep the boom going and make sustainable business from it remains to be seen.

【プロフィール】
キース・カフーン

キース・カフーン (KEITH CAHOON)

キース・カフーン - 家族代々カリフォルニア育ちの4代目。人生のほとんどを音楽に費やしてきたその職歴には、サクラメントでのレコードショップ店員、輸入盤/インディーズ盤の販売会社経営、ロンドンでのA&R業務、日本のタワーレコードの社長兼CEO、iTunes Japanの取締役、自身が立ち上げた音楽出版/コンサル会社のオーナー兼経営者、はたまた多種のメディアでのライターとしての数々の幅広い活躍が含まれる。昨今はアジアおよび北欧の音楽シーンにも深く携わり、造詣が深い。28年間の東京生活を経て、現在はカリフォルニア州バークレーに在住――Keith Cahoon is a fourth generation Californian, who has worked in music most of his life, including stints as a record store clerk in Sacramento, running an import and indie distribution company, doing A&R in London, CEO of Tower Records Japan, Director of iTunes Japan, owner/operator of his own music publishing/ consulting company Hotwire K.K., and as a writer for a wide range of media. He has also been extensively involved with Asian and Nordic music. After a 28 year of living in Tokyo, he now resides in Berkeley, California.

ポール・マッカートニー