Keith's Counterpoint

〈ALSアイス・バケツ・チャレンジ〉で思い出した、ギタリストのジェイソン・ベッカー:The ice bucket challenge has also reminded people of guitarist Jason Becker

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014.09.26

USでも数週間に渡ってTVやソーシャル・メディアを賑わせていた〈ALSアイス・バケツ・チャレンジ〉。ALS(筋萎縮性側索硬化症)は、USではNYヤンキースの人気選手として愛されていたルー・ゲーリッグが1941年にこの病で逝去したことから〈ルー・ゲーリッグ病〉とも呼ばれている。脳や末梢神経からの命令を伝える運動ニューロン(運動神経細胞)が侵されることで筋肉のコントロールを失い、呼吸する能力さえも失うことがある病気である。1995年にやはりALSによって逝去した人気大学教授・モリー・シュワルツが、かつての教え子に人生や病気について語った晩年の日々を描いた小説「モリー先生との火曜日(原題:Tuesdays with Morrie)」はベストセラーとなり、1999年に映画化された際もALSという病気に大きな注目が集まった(ちなみにモリー・シュワルツは、東京を拠点に活躍している有名ジャーナリスト、ロブ・シュワルツの父親である)。

 

USでは1年間に約5,600人がALSと診断されている。いまだに原因不明の難病であり、人種や民族に関係なく発症するが、どういうわけか白人男性に多い。ALSの遺伝的要因や環境的要因については、いまも研究が続けられている。著名な物理学者であるスティーヴン・ホーキングは50年以上もALSと闘病を続けているが、そもそも10年以上生存できるALS患者はたった10%にすぎない。

〈ALSアイス・バケツ・チャレンジ〉は、完全に理にかなったものとは言えない――参加者が頭からバケツ1杯の氷水を浴びることで、ALSという病気への〈関心を喚起〉しよう、というのだから。大多数の参加者はその様子を動画で撮影し、ALSの治療研究をサポートするために寄付を行い、次の友達を指名して24時間以内に同じチャレンジをしてもらう。ある意味では馬鹿馬鹿しい一時的な熱狂ではあるが、ALS治療研究のために$7,000万以上(約70億円)という多額の寄付が集まったというから貢献につながっている。

これまでに参加したのは、ビジネス界のアイコン的存在であるアップル社のティム・クックをはじめ、人気スポーツ選手ではレブロン・ジェームズ(バスケットボール)、デレク・ジーター(野球)、タイガー・ウッズ(ゴルフ)、そして人気の音楽アーティストでは、テイラー・スウィフトエミネムリアーナKISSデフ・レパードブリトニー・スピアーズグウェン・ステファニーアイコナ・ポップイギー・アゼリアザ・ルーツジャスティン・ティンバーレイクジャスティン・ビーバーアル・ヤンコビックケンドリック・ラマーレディ・ガガリリー・アレンリンキン・パークリュダクリスマックルモア&ライアン・ルイスのマックルモア、マイリー・サイラスセレーナ・ゴメスキャリー・アンダーウッドキャロル・キングディスクロージャードクター・ドレーエディ・ヴェダーパール・ジャム)、デイヴ・グロールフー・ファイターズ)など、実に多数。さらにジョージ・ブッシュ前大統領まで参加しているから驚きだ。

 

また、〈ALSアイス・バケツ・チャレンジ〉と言えば思い出されるのが、24年間にわたってALSと闘い続けているギタリストのジェイソン・ベッカーである。5歳でギターを弾き始め、若い頃に夢中になってクラシックやメタルをはじめとする音楽について勉強した彼は、まだ10代のうちにマーティ・フリードマンカコフォニーというバンドを結成し、アルバム『Speed Metal Symphony』 (1987)、『Go Off』(1988)をシュラプネル・レコーズからリリース。バンド解散後にマーティはメガデスに加入、当時20歳だったジェイソンはデヴィッド・リー・ロスヴァン・ヘイレン)のバンドにスティーヴ・ヴァイの後任ギタリストとして加入した。しかしまもなくジェイソンはALSと診断され、余命3~5年(一般的な診断後からの生存年数)と宣告された。そして徐々に筋肉のコントロールを失ってギターの演奏が困難となり、1996年には会話もできなくなった。しかし父親が開発した目の動きを読み取るシステムを利用して、意思疎通を図り、作曲活動を続けてきた。身体を動かすことや会話することも困難だったにも関わらず、自身のアルバム『Perspective』(1996)と『Collection』(2008)をリリースした。

 

『Collection』にはスティーヴ・ヴァイ、ジョー・サトリアーニ、マーティ・フリードマン、グレッグ・ハウスティーヴ・ハンターがゲスト参加している。2012年にはジェイソン・ベッカーの半生とALSとの闘病生活を描いたドキュメンタリー映画「ジェイソン・ベッカー Not Dead Yet ~不死身の天才ギタリスト~(原題:Jason Becker: Not Dead Yet)」が製作された。友人であるマーティ・フリードマン、スティーヴ・ヴァイ、ジョー・サトリアーニもインタビューで出演している。この映画はUSとUKではすでに公開されていて、日本では2014年11月8日より全国公開(協力:メダリオンメディア)の予定。

 

また、友人である有名アーティストたちによってトリビュート・アルバム『Warmth in The Wilderness』『Warmth in The Wilderness Vol.II』の2作品が制作され、売上はジェイソンの治療費をサポートするために寄付されている。2014年8月末には、第3回目となるチャリティー・ライヴ・イヴェント〈Jason Becker: Not Dead Yet〉がサンフランシスコのグレート・アメリカン・ミュージック・ホールで開催され、ギターの名手として知られるリッチー・コッツェンポイズンMR.BIGワイナリードッグス)、マイケル・リー・ファーキンススティーヴ・ハンタールー・リードアリス・クーパーの作品に参加)らが出演した。

 


[English]

In America the last couple of weeks TV and social media have been buzzing with the "ALS ice water challenge".  ALS (amyotropic lateral sclerosis), is commonly known in America as Lou Gerhig disease- named after the much loved NY Yankee baseball player who died of the disease in 1941. It is a condition that atrophies nerve cells and leads to loss of muscle control, including for some the loss of ability to breathe.  The disease also was given quite a lot of attention in 1999 due to the best -selling book "Tuesdays with Morrie" (later turned into a film) written about a popular university professor, Morrie Schwartz who also died of the disease in 1995, and in his last days spoke with a former student about his life and the disease. (Morrie Schwartz was the father of well known Tokyo-based journalist Rob Schwartz).

About 5,600 people a year are diagnosed with the disease in America. The causes of ALS remains unknown, however it is not hereditary, and it strikes all races and ethnic backgrounds, but most often white males. Both genetic and environmental factors are being researched. Famed physicist Stephen Hawking has lived with he disease for over 50 years, but only 10% of  those with ALS live longer than 10 years.

The ALS ice water challenge is not entirely logical, as it asks that a person dump a bucket of ice water over their own head to "raise awareness" of ALS.  Many or most of the ice bucket brigade film the event, donate money in support of ALS research, and then challenge friends by name to do the same within 24 hours.  While in some ways a silly fad, it has helped raise serious money for research,  over $70 million and counting.

Those who have submitted include business icons like Apple's Tim Cook, sports stars LeBron James, Derek Jeter, and Tiger Woods; and music stars such as Taylor Swift, Eminem, Rihanna, Kiss, Def Leppard, Britney Spears, Gwen Stefani, Icona Pop, Iggy Azalea, the Roots, Justin Timberlake, Justin Bieber, Weird Al,  Kendrick Lamar, Lady Gaga, Lily Allen, Linken Park, Ludacris, Macklemore, Miley Cyrus, Selena Gomez,  Carrie Underwood, Carole King, Disclosure, Dr. Dre, Eddie Vedder, and Dave Grohl, to name just a few.  Even former US President George Bush joined in.

The ice bucket challenge has also reminded people of guitarist Jason Becker, who has lived with the disease for 24 years. Becker started on guitar and age 5, and in his youth studied music intently, including classical and metal.  As a teen he formed the band Cacophony with Marty Friedman, and the group released two albums on Shrapnel Records "Speed Metal Symphony" (1987) and "Go Off". After the band broke up Friedman joined Megadeth, and Becker, at age 20, took over Steve Vai's role as guitarist in David Lee Roth's band.  However, soon after he was diagnosed with ALS and given three to five years to live (typical life expectancy after being diagnosed) . He slowly lost his muscle control and ability to play guitar, and in 1996 lost his ability to speak. Since then he has communicated and composed music by an eye movement system created  by his father.  Without the ability to move or speak he recorded the albums "Perspective" (1996) and "Collection" (2008)- which includes guest appearances by Vai, Satriani, Friedman, Greg Howe, and Steve Hunter.

In 2012 a documentary was made about Jason's career and fight  against ALS, called "Jason Becker: Not Dead Yet". It includes interview footage with friends Marty Friedman, Steve Vai and Joe Satriani.  The film has already been released in the US and UK, and a Japanese release is scheduled for November 8 via Medallion Media. There have also been two tribute albums recorded for Jason Becker "Warmth in The Wilderness" 1 & 2, which also feature his famous friends, and raise money for his medical costs.  Later this month  will be volume three of the live music event "Jason Becker: Not Dead Yet" at the Great American Music Hall in San Francisco with guitar greats Richie Kotzen (Poison, Mr. Big, Winery Dogs), Michael Lee Firkins and Steve Hunter (Lou Reed, Alice Cooper) amongst those participating.

【プロフィール】
キース・カフーン

キース・カフーン (KEITH CAHOON)

キース・カフーン - 家族代々カリフォルニア育ちの4代目。人生のほとんどを音楽に費やしてきたその職歴には、サクラメントでのレコードショップ店員、輸入盤/インディーズ盤の販売会社経営、ロンドンでのA&R業務、日本のタワーレコードの社長兼CEO、iTunes Japanの取締役、自身が立ち上げた音楽出版/コンサル会社のオーナー兼経営者、はたまた多種のメディアでのライターとしての数々の幅広い活躍が含まれる。昨今はアジアおよび北欧の音楽シーンにも深く携わり、造詣が深い。28年間の東京生活を経て、現在はカリフォルニア州バークレーに在住――Keith Cahoon is a fourth generation Californian, who has worked in music most of his life, including stints as a record store clerk in Sacramento, running an import and indie distribution company, doing A&R in London, CEO of Tower Records Japan, Director of iTunes Japan, owner/operator of his own music publishing/ consulting company Hotwire K.K., and as a writer for a wide range of media. He has also been extensively involved with Asian and Nordic music. After a 28 year of living in Tokyo, he now resides in Berkeley, California.