SERIES

【Crossfaith World Tour Diaries】第3回 Festival Season in August

世界を飛び回るCrossfaithのツアーの模様をメンバーみずからレポートする連載! 第3回はヴォーカルのKenが、数度の〈帰国〉を繰り返しつつフルスロットルで駆け抜けた、大忙しな8月の夏フェス行脚を振り返ります!

 

こんにちは、みなさん! Teruからバトンタッチして、今月は俺、ヴォーカル・Kenのターンです!
今回は夏真っ盛り、エンジンフルスロットルで駆け抜けた8月の出来事に触れたいと思います。
みんなご存知の通り、8月は夏フェス! なんと言おうが夏フェス! 海も良いけど夏フェス!

しかも、日本だけじゃなく、世界中のいろいろなところでお祭りムード全開、俺たちCrossfaithも例に漏れずガンガンいろんなところでライヴしてきました。最近はヨーロッパでのツアーをメインにしてきましたが、なんと8月は韓国最大級の野外フェス〈Pentaport Rock Festival〉で火蓋が切られることに! お隣さんの韓国は飛行機でもプーンてな具合ですぐに行けちゃいます。バンドとしても個人的にも初めての韓国。隣国なだけあっていろいろなカルチャーが日本にも入ってきてますが、あまりROCKなイメージは俺にはありませんでした。それが〈Pentaport〉のラインナップを見て驚きました。渋い!というかなんか個性的! トリがカサビアン!とか思ってリストの下のほうに目をやるとORANGE RANGEが出てたり、スーサイダル・テンデンシーズもいるかと思えばまさかのでんぱ組inc.も出てるという、なんとも守備範囲の広いフェス、それで余計にワクワク!……でもよく考えたら、俺たち浮いてねっ!? しかもセカンド・ステージのトリだし!みたいな不安を抱いているとあっという間にSEが流れ始めました――すると地響きにも似た観客の怒号がステージ裏にいる俺たちにもはっきり聞こえ、それに導かれるようにステージに上がるとそこには何千ものオーディエンスが俺たちを待ってくれていました。

どの国に行っても感じることなんですが、国が違えば文化も違うし、もちろんお客さんの一挙一動も違う。韓国の人たちは感情剥き出しで俺たちの音にぶつかってきてくれる本当に素晴らしいオーディエンスでした。7月のレコーディングで溜まっていた〈ライヴしたい欲〉を見事に発散! それと同時にまた帰ってきたいとココロから思いました。

 

 

 

ステージを終え、息つく間もなくホテルに帰還。部屋で一人、ビールをプシュ! そしてその日はすぐにベッドに入りました。パーティー大好きな俺たちがなぜ?っと思う人もいるでしょう、なぜならその翌日は俺たちにとってすごい重要なライヴがあったからなのです。
そう……〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL〉atヒタチナカ!!!!!!! どーーーーん!!!!!!!!
早朝から空港に向かい、弾丸帰国。そのまま会場へと爆走!
到着すると、そこにはいつもの見慣れたメンツ、超ビッグな日本のアーティストもいたり。
控え室はまさかの湘南乃風の上という(笑)!

とりあえずヒタチナカに着いた時の感想は、本当に綺麗な場所で、フェスをするには最高のロケーションだと感じました。ほどなくしてDragon Ashを観にメイン・ステージへ向かうと、流石は日本最大のロック・フェス、ステージや会場のデカさが半端ない!
次はここに出てやる!と野望をココロに秘めながら、俺たちの出演する〈SOUND OF FOREST〉ステージへと移動。文字通り、森に囲まれた自然爆発なステージで、陽が落ちるとより幻想的な姿が露わに。

Crossfaithを始めた頃はまさかこのフェスに出るなんて思ってもみませんでした。洋楽を中心にしか聴いていなかった俺たちにとっては、とても自然なことなんです。
この日も俺たちはそのステージのヘッドライナーで、そこにはたくさんのロック・キッズが俺たちのことを待っててくれました。このフェスはマナーをすごい重んじる素晴らしいフェスで有名なんですが、俺たちを呼んだのってフリですよね?なんて思ってたんで、いつも通りのCrossfaithのやり方でライヴさせてもらいました。ステージ袖を見ると、マキシマムザ亮君を筆頭にたくさんの仲間たちが俺たちのライヴを見届けてくれていて、純粋に嬉しかったな。

 

 

 

この一日を通して感じたのは、日本のロックってカッコイイなーってことです。純粋にイイ! バンドはもちろん、主催する人たちもそうだし、なによりそれを聴いてカラダを動かしてるオーディエンス! 正直ナメテました。またここに帰ってきたいなって思いながら帰路へ……いや帰路じゃなかった。パーティーやでーーー! 俺たちの最高の友達が企画してくれた、深夜のBBQパーティーat友達の実家(笑)!

FACTのAdam、そしてMAN WITH A MISSIONJean-Ken Johnny、それにその友達の両親、そしてほかにもたくさんの友達と夜からPARTY!!!! 朝までPARTY!!!! まあその両親が作ってくれたカレーがおいしいっていうところあたりから記憶はありませんが(笑)。

次の朝、宴の余韻(二日酔い)に浸りながら東京へと出発。俺たちの最大の音楽的ルーツと言えるバンド、スリップノットのメンバー、クラウンとの公開対談がその日はありました。控え室で待っているとクラウンが俺たちの待つ部屋へとやってきてくれたのです。バットでぶん殴られないかと心配していた俺たちが馬鹿でした。本番までのたった5分程度の間に、バンドの理念や本質について、初対面の俺たちに人間性剥き出しで話してくれ、改めてスリップノットというバンドが好きになりました。

【参考動画】10月15日にリリースされるスリップノットのニュー・アルバム『.5: The Gray Chapter』
収録曲“The Devil In I”

 

本番の公開収録も無事に終え、ステージを後に。その時も彼は出待ちをしているたくさんのファンのすべての人と交流し、握手をしたりサインを書いたり。クラウンは終始、ファンがいるからこそ俺たちがいる、ということを言い続けていました。アーティストの鏡……というと少し陳腐だけど、本当に出会えて良かったなと思えた1日でした。

 

 

それから2日後、次のライヴはONE OK ROCKとのガチンコバトル at恵比寿LIQUIDROOM! 会場に入るとお馴染みのあいつらが控え室でくつろいでいました。いまやワンオクも海外進出を果たし、俺たちが去年の夏のすべてを過ごした〈Vans Warped Tour〉に今年出演し、彼らもちょうど帰ってきたところでした。久しぶりに会う真っ黒のTAKAとハグを交わし、お互いの近況報告、海外ツアーの話やお互いの新曲を聴かせ合ったり。バンドのジャンルは違えど、同世代で同じヴェクトルを持つ彼らは、俺が尊敬し、ライヴァルだと感じる数少ないバンドの一つです。そんなTAKAからいきなりの提案。なんかライヴで一緒にやっちゃうか?的な軽いノリで、“NO SCARED”でのゲスト・ヴォーカルが決まりました(本番では遊びにきていたcoldrainMasatoも急遽参加)。

【参考動画】ONE OK ROCKの2011年作『残響リファレンス』収録曲“NO SCARED”


ライヴの内容はもう説明する必要ないよね? 次に会う時は海外ツアーだな!なんて約束を交わし、お互いの目標も再認識できました。

 

 

 

 

それから1日休息を挿んで次は〈Hearttown Festival〉、1日目はジャッキー・チェンの故郷、香港! 街並みは本当に皆さんが想像するままの、煌びやかというよりはとりあえず並べましたと言わんばかりに所狭しと配置されたネオン看板。意外とそういうの自分は好きだったりするんですが。まあそれはさておき、ここには一度来たことがあって、アジア・ツアーをした時にいちばんクレイジーだったショウが香港でした。今回もその期待を裏切らない熱々のショウになりました。そして2日目は台湾に飛行機で移動、そのままタクシーに乗り込んで会場へ移動、昨日とは違う屋外のステージ。そこで俺たちを迎えてくれたのは大粒の雨。フェス自体の進行にも影響が出るほどの状態で、俺たちは止むのを祈りつつウォームアップに移りました。準備万端で外に出るとさっきまでの雨は止み、〈俺たちやっぱ持ってるなー〉なんて思いつつステージに上がると、すでにビショビショの台湾のオーディエンスから大きな歓声が。いつものフェスよりも長めのセットをみんなと一緒に楽しむことができました。写真はわれらがJulien Photo。

 

 

 

 

関連アーティスト
タワーアカデミー
pagetop