2014.10.06

セルフ・プロデュースによる4年ぶりの新作は、半数近い曲でダンサブルかつアッパーなリズムを採り入れているところが新鮮だ。それでもデビュー当時から言われてきた〈ジョイ・ディヴィジョンあるいはキュアーの再来〉というメランコリックなイメージを、しっかりキープしていて頼もしい。ベーシストが抜けたことで、バンドの本質を見つめ直したのか。どんな曲調でもインターポール節になる――そんな自信が感じられる。

関連アーティスト