COLUMN

追悼 ロリン・マゼール ~才能の乱反射 器用貧乏が徒となったディスコグラフィー~

「カラヤン」になり損なったロリン・マゼール

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014.10.08
photo:Decca

 

 ロリン・マゼールの録音歴は1957年から2013年まで半世紀強に及び、総数300点を超える。ベートーヴェンクリーヴランド管弦楽団(ソニー)、シューベルトブルックナーバイエルン放送交響楽団(BR)、ブラームスはクリーヴランド管弦楽団(デッカ)、マーラーウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(ソニー)、チャイコフスキーもウィーン・フィル(デッカ)、シベリウスはウィーン・フィル(デッカ)とピッツバーグ交響楽団(ソニー)の2度、ラフマニノフベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ドイツ・グラモフォンDG)と、交響曲全集だけをみても、世界のキラ星のようなオーケストラとの共演が並ぶ。

LORIN MAAZEL The Art of Lorin Maazel Sony Classical(2014)

 何度かインタヴューでお世話になり、多くの素晴らしい実演を聴かせていただいたので申し訳ないとは思うのだが、正直に判定してマゼールの場合、膨大なディスコグラフィーを分母とする「名盤」「決定盤」の打率が極端に低いとはいえないだろうか? クリーヴランド管とのブラームスのLP盤を改めて聴き直してみた。30数年前の発売当時は大木正興氏によって『レコード芸術』誌の推薦盤となったが、いま接すると余りにもすべてが優秀なアンサンブルともども、ごくごく自然に造形されるだけで、「葛藤」を感じさせる瞬間がない。フィルハーモニア管弦楽団を指揮、ヘルマン・プライ(バリトン)とイレアナ・コトルバス(ソプラノ)と豪華な独唱を従えた同じ作曲家の「ドイツ・レクイエム」(ソニー)の基本的に同じ傾向のアプローチだった。ところがクリーヴランド管とのベートーヴェンでは、異様なまでに細部へのこだわりをみせる。2人の作曲家に対するアプローチが、普通の指揮者とは真逆という気がしてならない。

 最大の問題作は、マーラーだろう。ユダヤ系作曲家&指揮者の大先輩に当たるグスタフ・マーラーが1897年から1907年まで君臨したウィーン国立歌劇場音楽総監督(GMD)のポストをマゼールは1982年、ついに手に入れ、ウィーン楽友協会(ムジークフェライン)大ホールでマーラー全集のセッション録音を開始した。作曲家直伝のブルーノ・ワルターオットー・クレンペラー、今日の人気の火付け役となったレナード・バーンスタインにも叶わなかった「ウィーン・フィルとのマーラー全集」の大成功は、確約されたかに見えた。様々な政治的陰謀に巻き込まれた結果、マゼールは84年に歌劇場のGMDを退く。だがウィーン・フィルとのコンサートは続き、マーラー全集も89年には完成した。

 2014年3月に日本語訳が出た英国の音楽ジャーナリスト、ノーマン・レブレヒトの近著『クラシックレコードの百年史』(猪上杉子訳=音楽之友社)は巻末に「記念碑的名盤100」とともに「迷盤20」を挙げている。「迷」の5点目に、マゼール指揮ウィーン・フィルのマーラー「交響曲第2番『復活』」が登場する。レブレヒトは1983年1月の録音セッションに立ち会った経験をこう振り返る。

 「真冬の土曜日の夜、ウィーン楽友協会ホールの聴衆は不安で凍りついていた。贖いの芸術作品に立ちこめた腐った空気は筆舌に尽くしがたいほど破壊的なものだった。どんなにヴァイオリンが甘く歌い、木管がハミングしても、荒涼とした雰囲気は信頼を拒絶し、二人の大きな女性(ソリスト)が立ち上がって大声を張り上げたとき、オーケストラと合唱団の誰もが、生活費を稼げる会計士や配管工をやっておくべきだったと思ったろう。誰もが当事者になりたくないというレコードがあるとするならば、これがそうだ」

【参考動画】ロリン・マゼール指揮、ウィーン・フィルの演奏によるマーラー作曲“交響曲第5番”

 

 8歳で天才少年として指揮を始め、30歳で史上初の米国人指揮者としてバイロイト音楽祭にデビュー、35歳でベルリン・ドイツ・オペラのGMDに抜擢されるなど、マゼールは早熟の才だった。イギリス室内管弦楽団を弾き振りしたモーツァルト《ヴァイオリン協奏曲集》、ベヴァリー・シルズ主演のマスネ「タイース」全曲盤での《瞑想曲》の独奏(以上EMI)、60代半ばで発表した「ソロ・ヴァイオリン集」(BMG)など商業録音に耐えるだけのヴァイオリンの腕前もあった。ジョージ・オーウェル原作のオペラ『1984』を作曲してロンドンのコヴェントガーデン・ロイヤルオペラで自ら世界初演、ミラノ・スカラ座で指揮した再演をDVD化(デッカ)するなど、作曲家としても実績を作った。どのようなオーケストラからも普段の何倍もの輝かしい音を、短時間で手際のいいリハーサルとともに引き出した。指揮台の超絶技巧家(ヴィルトゥオーゾ)という言葉があるとすれば、マゼール以上にふさわしいマエストロはいない。

 様々な不確定要素が錯綜する演奏の現場、とりわけオペラの本番で、マゼールの器用さは尊ばれた。その上に「ユダヤ=ロシア系の父、ハンガリー=ロシア系の母の間の米国移民第2世代として、パリ近郊ヌイイ=シュル=セーヌに生まれた」瞬間に定まったコスモポリタンの宿命や、ピッツバーグ大学で言語学と数学、哲学も学ぶといった人格形成が加味され、従来のヨーロッパ、米国いずれの演奏家とも異なる音の感覚、はたまたキャリアや金銭に対する価値観が醸し出された。実演でのギョッとするほどの即興の面白さ、アクの強い表情の突出には、こうした「複雑形」の背景が大きく作用している。だがセッション録音では「巨匠」であろうとのオブセッション(強迫観念)が空回りしがちなのか、ベートーヴェンやマーラーのようにやり過ぎるか、ブラームスヴェルディのように何もやらないかの極端に振れてしまい、中庸の普遍に定まらない。

【参考動画】ロリン・マゼール指揮によるブラームス作曲“交響曲第4番”

 

 ウィーン・フィルと初期に手がけた交響曲全集が国民楽派のシベリウス、チャイコフスキーであって、ドイツ=オーストリア音楽ではなかった事実から想像するに、デッカにはヘルベルト・フォン・カラヤンゲオルク・ショルティらがなかなか手がけない領域を埋めてくれる「便利な指揮者」がマゼールという思惑があったのではないか? ウィーン・フィルとの名盤として名高く、筆者も長く愛聴してきたベルリオーズの劇的交響曲《ロミオとジュリエット》やストラヴィンスキーの《春の祭典》、ブルックナーの交響曲第5番にしてもデッカのカタログ方針から生まれた。《幻想交響曲》《イタリアのハロルド》も網羅したベルリオーズのシリーズ(この2曲の録音はクリーヴランド管となった)とか、ストラヴィンスキーの「3大バレエ」など真の名盤づくりに必要な戦略が存在したわけではなさそうだ。

 クリーヴランド管とのプロコフィエフのバレエ音楽《ロミオとジュリエット》全曲、ガーシュインの歌劇『ポーギーとベス』全曲といった輝かしい録音も、それぞれ単独でデッカのカタログ上に屹立しているため、多くの聴き手の記憶には定着しない。ヴェルディの『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』最初の録音はベルリン・ドイツ・オペラでピラール・ローレンガーのヴィオレッタ、ジャコモ・アラガルのアルフレードのスペイン人コンビにドイツ人ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウのジェルモンと、ごく普通のイタリアオペラのファンなら敬遠しそうなキャスティング。ローマの聖チェチーリア国立アカデミー管弦楽団との『トスカ』(プッチーニ)はカヴァラドッシこそフランコ・コレッリだが、題名役はビルギット・ニルソン、スカルピアはまたしてもフィッシャー=ディースカウだ。いずれも若いころのマゼールの切れ味鋭い棒と歌手の熱演は聴きものながら、レナータ・テバルディの名盤が燦然と輝くカタログの上では二番手でしかない。当時のデッカの担当者が健在なら、真意を確かめたくなる。

 実のところ、マゼールはいささか時代遅れのロマンティストで、もっとエモーショナルな音楽に身をやつしたかったのではないか?と思わせる状況証拠が、プッチーニへの偏愛に見てとれる。旧CBS時代、マゼールはプッチーニ歌劇の全曲録音を契約した。未完に終わったが、現在もソニーのカタログには『蝶々夫人』『ラ・ヴィッリ(妖精)』『西部の娘』『三部作(修道女アンジェリカ、ジャンニ・スキッキ、外套』『トゥーランドット』が生きている。次第にレーベルの勢いが衰える中、オーケストラはフィルハーモニア管弦楽団、ナショナルフィルハーモニック、ウィーン・フィル、ミラノ・スカラ座管弦楽団と転々とするが、レナータ・スコットティート・ゴッビプラシド・ドミンゴホセ・カレーラスら名歌手を適材適所に配し、どのアンサンブルからも輝かしく弾む「マゼール節」のプッチーニを引き出した。DVDで出ている1986年スカラ座公演の浅利慶太演出『蝶々夫人』の指揮も見事で、正規録音に恵まれなかった日本の大歌手、林康子の全盛期を今に伝える名盤としての価値を誇っている。

 2002~09年にニューヨーク・フィルハーモニックの音楽監督を務めた時代にも、『トスカ』の演奏会形式を手がけた。さらに今年12月8日と10日、最後に音楽監督を務めたミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団を本拠地のガスタイクで指揮して、『西部の娘』の演奏会形式を上演する日程が入っていた。「帝王」と呼ばれたカラヤンのような権威に憧れず、日本を初めて訪れたころの「才気煥発なオペラ指揮者」の路線を邁進すれば、マゼールの晩年にはまた、異なる光景が広がっていたはずだ。あり余る才能を乱反射させたまま、忽然と世を去ってしまったのが残念でならない。

 

Lorin Maazel(ロリン・マゼール) [1930-2014]

photo:Decca

 

1930年フランスのヌイイ生まれ。8歳で 指揮者デビューし、10代で米国の主要オーケストラを指揮してまわったという。60年には米国人指揮者として初めて独バイロイト祝祭劇場に登壇。80年以降はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートの指揮者を7年連続で務め、82年には、ウィーン国立歌劇場の総監督となる。2002年からはニューヨーク・フィルの音楽監督に就任。2014年7月13日、84歳で肺炎の合併症のため亡くなった。

 

タグ
関連アーティスト
読者アンケート