DISC GUIDE

tofubeatsの過去作と『First Album』参加アーティストたちの関連盤をおさらい!

tofubeats 『First Album』 Part.2

tofubeats lost decade tofubeats(2013)

オノマトペ大臣との“水星”(2011年)で高めた期待に数倍返しで応えた初作。PUNPEEERAらMC陣との絡みも聴かせつつ、本編の最初と最後に仮谷せいら南波志帆が蒼さを注いだ青春ニュータウン・ポップの傑作だ。G.RINAとの“No.1”は曲名通り。

 

 

tofubeats DON'T STOP THE MUSIC unBORDE(2013)

初回盤はソノシート付きだったメジャー初EP。森高千里を招いた表題曲、の子の歌う“おしえて検索”でステージの変化を楽しみつつ、桜田淳子のカヴァー“神戸で逢えたら”と別名義での動きにも通じるインスト“In Real Life”で持ち札を記録。

 

 

tofubeats ディスコの神様 unBORDE(2014)

初回盤はカセットテープ付きだったセカンドEP。クローメオ気分でokadadaと躍る“Her Favorite”もここが初出。本人歌唱ヴァージョンの“衣替え”やロボテックな“HANERO”に加え、tofu自身とCarpainterによる表題曲のリミックス2態はここでチェックを。

 

 

VARIOUS ARTISTS Maltine Girls Wave avex trax(2014)

tofuとも縁深いMaltine周辺の才人が東京女子流の個々とコラボした楽曲&映像集に、既発のリミックスを加えたもの。dancinthruthenights(tofu+okadada)と新井ひとみの“マジ勉NOW!”と、2012年初出の“Rock you!”リミックスが楽しめる。

 

 

lyrical school FRESH!!! T-Palette(2014)

『First Album』冒頭で賑やかに〈助演〉しているリリスク。こちらの最新シングルもカラフルなtofuビーツとの相性は盤石! なお、彼女たちの次のシングルでは、tofu製の出世曲“プチャヘンザ!”などtengal6時代のナンバーが現メンで再録されるそう。 

 

 

杏里 NEUTRAL フォーライフ(1991)

安直にバブリー扱いされる人だが、これは湾岸戦争を背景にした意欲作。ここに収録の“プライベート Sold out”を今回サンプリングした“poolside”は、いわゆるヴェイパーウェイヴ以降の引用ノリとは似て非なるディグの産物として、気怠い晩夏の光景を幻視させる。 

※試聴はこちら

 

 

VARIOUS ARTISTS 「アメイジング・スパイダーマン2」オリジナル・サウンドトラック Columbia(2014)

“CAND¥¥¥LAND”で歌うマッド・ディセントリズは、ここ数年でラスコゼッドの楽曲に登場して名を上げてきたLAの注目株。現在はコロムビアとメジャー契約し、このサントラではファレル制作の軽快なソロ曲“That's My Man”を披露している。 

 

 

一十三十一 Snowbank Social Club Billboard(2014)

前年に“ハーバーライト”のリミックスで彼女と絡んだtofuは、この冬アー盤において“Diamond Dust”のアレンジに助力。なお、彼女の近作におけるキーマンのひとりKASHIFは、“Come On Honey!”にて軽快なギターを披露している。 

 

 

SEEDA,DJ ISSO,DJ KENN CONCRETE GREEN THE CHICAGO ALLIANCE CCG(2014)

“#eyezonu”に顕著なように、今回の『First Album』が自分なりのヒップホップでもあることは本人も認める通り。SEEDAの誘いで参加した本作では“やめられない”でJAY2SKY-HIと共演。tofuお気に入りのKOHHも光る一枚だ。 

※試聴はこちら

40周年プレイリスト
pagetop